免許更新で交通安全協会費の断り方マインドをUPさせてもらうよ!

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんです。

 

さてさて、先日もお伝えしましたが、このたび無事ゴールド免許を取得する資格を得たぞー!

バンザーイ!なんかわからんけど嬉しいね。

その手続きに行って来たんだけど、いつも更新の時いやな思いをする『交通安全協会』

あれってみんなどう思う?

あんな公の場で勧誘されたら超断りにくくない?

ある種、囲い込みだよね(笑)笑えない。。。

いちぼさん、更新の手続きの受付行くとき緊張するし、ほかの人は入会してるんだろうかと、めっちゃ耳をダンボにしてるよ(笑)これは笑える。

結局、入会はお断りしたんだけど、こんなケースだけでなく、いろんな場面で断りたいケースってあるよね。

ということで今回は『勧誘』『セールス』を断る強いマインドを作るための秘訣を伝授するよ!

免許更新で交通安全協会費の断り方マインドをUPさせてもらうよ!

①勧誘者はただの通りすがりの人だ!

断りずらい人はおいらもそうなんだけど基本、周りに嫌われたくない人

勧誘、セールスされた時は相手の人が気分を悪くしないだろうか。。。って気になる。。。んだけど、、

心配しないで!

勧誘者と今後会うとこは友達や知り合いならまだしもこの先2度とないよーーー。

今回も警察にいた受付女性が入会案内してきたけどまず2度と会わない人。

もしくは今度あっても絶対顔忘れてるから(笑)

そんな人にいい顔しても仕方ないし向こうも入ってもらったからといって感謝なんてしてないよ。

所詮セールスは自分が良ければ全て良し。

新聞、牛乳、塾、保険、宝石なんでもそうだけど買った人のことなんて売った人は覚えないよ。

だからそんな人の顔色をうかがう必要なんて、全くナンセンスなんだよー。

②断ることで、だんだん自分が強くなる!

断ることは自分の価値観やあり方を見直す絶好の修行の場だよ。

自分の生き方にそぐわないものに、汗水たらして稼いだお金を使うなんてあり得ない!

決してなんでも『断る』ということではないよ。

自分が歩みたいライフスタイルに合わないものについては、買わない、引き受けないということだよ。

自分を見失わないためのチョイスが大切なんだ。

先日、電通の子が仕事を断れず、自ら命を絶つという悲しい報道があったよね。

おそらく仕事を断って、上司とけんかをしても会社を辞めても、ほかにもっと自分らしい道があったに違いないんだよ。

自分の生きたい、ありたい姿を貫くために『断る』という決断が必要で、またその選択肢を選んでも全然大丈夫なんだよ!

生きてく術なんていくらでもあるんだから!

スポンサーリンク

③お金の行き先を考える!

じつは今回、ほぼ90%加入するつもりだったんだ。。。

それは交通安全協会の活動の中に、小学校での交通事故防止の活動が含まれていたからなんだよね。

おいらには当時小6、3歳、2歳の子供がいたんだ。その子供たちのためになるならと思ったからなんだよね。

それとさっきと重複するけど、人間なんでいい顔したいし、ああいうところって断りずらいし、おいらの横で先に受付される方は加入されていたし、年間500円くらいならいいかな。って思ってた。

ほんと直前まで。。

だけどやっぱりやめたんだ。

理由は隣の人が、加入の記念品で、選ぶのにも苦労するくっだらない物の中から進められていからなんだよね。

横目でちらり、進められてたのはLEDの懐中電灯と薄ぺっらい免許証入れ。

たしかこんなんだったよ。。

せっかくのお金が、こんなしょうもないもんに使われてしまうなんてとても許せないよ。

交通事故撲滅のために必死になってやってくれている活動ならまだしも、こんなもん欲しくてみんな加入してるわけじゃないでしょ。

そんなのにわずかでも回されるのならそれを自己投資にまわし、一生懸命稼いで税金で払ったほうが世のため、人のためです。

記念品なんていらないよ。

 断るマインドコントロールテクニック、まとめると。。。

 1、勧誘者は入ってくれた人の顔なんてまず覚えてないよ。どちらかというとそんな人には悪意を感じよう(笑)

2、断る場は自分を高める修行の場。自分の生き方を決める修行の場。断りつくして自分を高めよう。

3、お金は自分が成長できるところに使おうぞ!

寄付はしっかり成長した時、もしくは成長して税金で社会に還元しよう。

最後に

とは言っても、やはり断りにくいものは断りにくいもんだよね。

その時は『持ち合わせがないこと』をきちんと説明して、丁寧に力強くお断りしましょう!

義理の母さんは毎回『予定がないから、持ち合わせがないです~』って白々しく(笑)断ってるよ!

 

新聞・牛乳、外壁塗装など、交通安全協会以外の場合でもすぐに決断せず、少し時間をもらってクーリングオフして考えた結果、親類が新聞屋をしてるとか、生活が苦しいなどと言って、断る手段を取るようにしよう。

さぁ自分らしい生き方を見つけるために『断るマインド』『断る技術』を身につけよう!!

オーーーー!

スポンサードリンク