DIYERに捧ぐ。ブラックアンドデッカー マルチツール口コミ評価。

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを

セルフリノベーション!

LifestyleDIYer

いちぼさんだよ。

今回はLifestyleDIYerにとって欠かせない相棒をご紹介するよ。

こいつだぜーー!

ブラックアンドデッカー『マルチエボ!』

これからDIYやってみたい!でもどんな工具を買ったらいいかわかんない。。。

という方に超一押しアイテムなんだ!

なぜDIYERにとって『マルチエボ』は最強なのかって?

それにはとっても大きな秘密が隠されてるんだ!

ん!?わっかたよ!みんなそんな押すなって。

すぐ説明するから。

それじゃみんな、耳の穴をかっぽじって聞いてくれよ、いや読んでくれよ!

力!はいるぜ!

 

①DIY工具世界シェアNO1 ブラックアンドデッカーの歴史が語る評価!

DIY大国アメリカで、最強の人気を誇るのが『ブラックアンドデッカー』。

1910年に創業。2010年で創業100年を迎えた超老舗メーカーなんだ。

この動画でもわかる通り、『ブラックアンドデッカー』は日本で人気のある『マキタ』や『日立』を抑えて、世界NO.1のシェアを誇ってるんだよ。

詳しくはこちら➡YOUTUBE

 

すごいブランド力じゃない?

世界で初めてピストルグリップ式ポータブル電動ドリルを開発したのもここ『ブラックアンドデッカー』

世界初の家庭用電動工具を発表し『DO IT YOURSELF!』を合言葉に日曜大工を普及させたのも『ブラックアンドデッカー』

世界初のコードレス電動工具を発明したのもここ『ブラックアンドデッカー』なのだーーー!

詳しくはこちらをごらんくださいませ!➡ブラック&デッカー100年の歴史

 

 

②ブラックアンドデッカーマルチツールの洗練されたデザイン

これ見てよ!


電動ドリルインパクトの先に丸鋸がついてるんだよ!

ディープインパクト!(笑)

こんなフォルムは『マルチツール』しか出せないよ!

よだれが出るくらいカッコいいじゃん!

眺めながらごはんが食べれるよ(笑)

 

さらにこの色使い。ブラック&オレンジ!

なんてたまらない色使いなんだ。

黒とオレンジのコンビは最高のコンビネーション。

ほかのメーカーはなんかあか抜けてないんだよね。。。

おっちゃん工具の色から脱色できてない。

LifestyleDIYerはおしゃれでなくてはなりません。

 

それと名前もカッコいい。

ブラックアンドデッカーって!

そんなカッコいい名前どっから湧いて出てきますねん!て感じだよね。

女子がこれ持ってDIYしてたら、おそらく男子はいちころだよ(^^♪

※ちなみに創業者の名前、S・ダンカン・ブラック(S. Duncan Black)とアロンゾ・G・デッカーから来てます。(それだけのことかいっ!)

 

③ブラックアンドデッカー・マルチツールの経済的かつ豊富なバリエーション!

マルチエボの最大の特徴は、怪人百面相並みのトランスフォーーーム!!

決まった。。。。。。。。

失礼しました。。

興奮しすぎた。。。

先のアタッチメントを変えるだけで、ドライバー・丸鋸・サンダー・トリマー・ジグソー・etcに変身するんだぜ。

あり得ない発想力。

ちなみおいらのおすすめするセットはこちら、

Ⓐ 18V マルチツール プラス 【実勢価格 22,000円前後 H30.7現在】

 

 

まずはこれをゲットするんだよ。

おいらはこれにプラス、バッグと空気入れが入ったセットを買ったけど、いまだに空気入れは全く使ったことがない。。。(笑)

タイヤに空気をいっぱい注入したいひとは空気入れもセットになったのを買ってみてちょうだい。

それともともとついてるバッグは、深さはあるけど間口が狭く、新しいヘッドを買い足していくと、上に重なっていって使いにくくなるので、もう少し浅めで間口の広い工具バックを買い足したほうがいいね。

それのほうが、上から見たときパーツの位置もわかりやすくて使いやすい!

いちぼはバックは買い直したよ!

 

この基本セットにプラスしてほしいのが、まずは『トリマー』

Ⓑトリマーヘッド 【実勢価格 4,900円前後(H30.7現在)】

おいらがDIYでインテリアを作る際のヘビーローテーションになってるぜ!

木の角を写真のように削ってくれて、美しい額縁のような仕上げにしてくれる仲間なんだ。

切りっぱなしだとなんか味気ないよね。

インテリアや家具に高級感をもたらしてくれる!

この木の台の部分もトリマーで仕上げたんだ!

 

さらにこちら、

©ジグソー 18V用 【実勢価格 3,700円~4,000円(H30.7現在)】

木材を曲線に切断したいときや、

「ブラックアンドデッカー ジグソー 曲線」の画像検索結果

丸鋸は使えない場所での作業に使うよ。

「ブラックアンドデッカー ジグソー」の画像検索結果

 

おいらはこちらの台座を作る時にこんな感じで使いました。

ジクソーは曲線が得意なんだよ。

ぎーーーん!

角のへこみはさっき説明したトリマーで削ってるんだよ。

 

さらにさらに

マルチのこぎり(実勢価格 H30.7現在 5,500円~6,000円)

 

 

これも超ド級でヘビーローテーション。

レシプロソーだよ。

おいらはいらなくなった材料なんかを処分するときに、良く使うんだ!先のブレードを変えると樹脂や、金属パイプなども切断可能。すごいでしょ!

この動画はいらなくなった鉄パイプを細かく切断した動画だよ。

 

 

アチョーー!

めちゃくちゃ切れすぎーー。

マンダムだわ。

このあいだも家庭菜園大好きいちぼさんは、大きく伸びたオクラの木を廃棄するため、マルチのこぎりを使って、ぶっとい枝を、バッサバッサ!切り刻んでやりましたーー!

再びアチョーーー!!

 

さらにさらにさらに

オシレーティングヘッドマルチツール 【実勢価格 5,200円前後(H30.7現在)】

 

電動スクレーパー。

これがあると、間違えて接着剤で貼り付けてしまったところをはつったり、石膏ボードなんかも穴が簡単に開けれるんだよ。

普通だと、これらの工具をすべて単品で揃えようと思うとかなりの金額になっちゃうよね。

マルチエボなら、基本のセットも品揃え充実してるし、足らないものは5000円前後で買い足せていける。

 

④ブラックアンドデッカーマルチツールの価格的VALUEを比較してまとめてみたよ!! 

まとめるの時間かかったぜ!(笑)

工具種類 B&D マルチエボ R社 ⑧のみT社(R社で同等品がなかったため)
①インパクトドライバー マルチセット≒21,000円  ★パワーツールセット   ≒23,900円
②ドライバードリル  ★①パワーツールセットに含む
③サンダー  ≒5,500円
④丸鋸  ≒6,600円
⑤トリマー ≒5,200円  ≒9,000円
⑥ジグソー ≒4,200円  ≒5,200円
⑦レシプロソー ≒5,700円  ★①パワーツールセットに含む
⑧オシレーティング(サンディングソー) ≒4,800円  ≒6,900円(T社)
TOTAL ≒40,900円  ≒57,100円

※注意 R社・T社ともにDIY仕様のものと比較になってる。それぞれに全く同じ性能じゃないよ。特に丸鋸に関しては、マルチエボは深さや切り込み角度を変えれないなどの能力差があるから注意してね。

おおおおーー!

これだけの装備を揃えてたったの約4万円!

しかも≒16,200円もの差がーーー!

これだけあれば、さらにいい電動道具買い足せるーーー!

くぅーーーーーっ。

いいよね。

マルチエボの丸鋸の能力に物足りなさを感じても、まだ買い足せる余裕があるんだ。(十分使えるよ!)

 

スポンサーリンク

 

⑤ブラックアンドデッカーマルチツールは収納に困らない、超コンパクトサイズ!

金額もそうだけど、これだけの工具を単品で揃えようとすると、保管場所に困るんだ。。。

電動工具だけでなく、金づちやペンチなどたくさん工具があるから、スペースが全然足らない。。

だけど『マルチエボ』なら、単品で揃えるのと比べると1/3くらいのサイズに収まるんだぜ!

このツールバックに入ってる仲間たち!


今写ってるので8種類のアタッチメントが入ってるんだ。すごいでしょ!

さらに電動ドリルの先のビットを変えるとドリルになったり、ドライバーになったりに対応できるし、ブレードの種類を変えるとスクレーパーや木材・金属ブレードにもなるから、何十種類もの形態に トランスフォーーーム!! なんだぜ。

決まった。。。。。

ちなみに普通に買い揃えると、

絶対入りきらんわいーーー(笑)

これだけの装備がバッグ一個に収納できるなんてお金も、スペースもなんて経済的なんでしょうか!

 

⑥ブラックアンドデッカーマルチツールの弱点はバッテリー

ここでマルチツールの弱点。

『バッテリー容量が小さいこと』

標準キットにはバッテリーが2個入ってる

これがそう。

2個ついてていいなぁって思ったんだけど、1.5Ahはやっぱり充電が切れるのが早い。

 

充電池の容量についてはこの記事を参考にして

DIY初心者のマキタ電動工具の選び方!大失敗から学ぶべし!

2017.06.30

 

要はAhが小さいと充電容量が小さい。

ブラックアンドデッカーの充電池で売ってる最高容量はこちら

4Ahが最高。

マキタは最高6Ahを用意してる。

基本DIY向け商品なので4Ahならまぁまぁいいと思うんだけど、おいらとしては是非6Ahの容量サイズを用意してほしいのが本音なんだ。

 

⑦ブラックアンドデッカーマルチツールはプロでも使える十分な能力【施工例】

そうは言ってもやっぱり最高に活躍しております!

いちぼさん、もう4年ほど愛用しておりますよ。

こんなのや

100均材料でDIY!おしゃれウォールフック(ウォールハンガー)作り方!

2016.11.25

 

このリノベーションも

 

このペーパーホルダーも

ペーパーホルダーをDIYでアンティーク風にアレンジしてみたよ!

2017.01.04

 

これも、

100均の材料で超驚きなテラリウムの作り方!

2017.04.17

すべて『マルチエボ』でつくったんだぜ!

いちぼさんはリノベーションの仕事してるけど、大工さんじゃない。

だからDIYは完全ど素人。

だけどこんなおいらでも、いちからインテリアや、お部屋のリノベーションまで、いろんなものを作ることができたんだよ!

感動以外のなにものでもないじゃん!

先っちょを変えるだけで、持ち手も変わらず使用できるから、使い方マスターするのも超簡単。素人でもここまでできちゃうんだ!

ほんと世界が変わるよ!

 

DIYERへ。。ブラックアンドデッカーマルチツールの口コミ評価をまとめてみた!

 

1、女子でもかわいい!オブジェとして飾っておくだけでもオシャレなデザイン!DIYが楽しくなっちゃう!

2、経済的、それでいてコンパクト設計。バック一つでいろんなDIYが楽しめちゃう!

3、DIYなら十分以上の能力!本職の大工さんでも持っていて損はなし!もちろん入門者にも優しい電動工具だよ!

4、充電池の容量は基本セットは小さめ。ちょっぴり高いけど4Ahの充電池をもう一つくらい準備したいところ。

 

電動工具ってどれを買うかとっても悩むよね?

おいらは仕事柄、現場の大工さんお横でDIYしてることもあって、たまにマルチエボを貸してあげると、

『何これ?凄い便利なの持ってるやん!』

なんて本職大工さんから言われること多いんだよ!

 

それくらいマルチエボは便利で使いやすいんだよね。

マルチエボあれば、あなたがDIYでつくりたいものが確実に完成に近づいてくる!

家のちょっとしたメンテナンスはもちろん、おしゃれな棚を付けたり、ウッドデッキDIYしたり、テーブルつくったり。

持ってるだけでおしゃれ、心ウキウキ、見た目もプロ!

想像力が無限大に広がるブラックアンドデッカー!

新しいものを作りたくなる!

『ブラックアンドデッカー・マルチエボ』

過ぎてく時間が勿体ない!

いち早く手元に置いてDIYerの第一歩として絶対GETしよう!

 

おすすめセットはコチラ!


【DIYER口コミ感想】マキタペンインパクトドライバー TD021DS(TD022DSHX)3つのポイント

2017.11.26

ブラックアンドデッカー LEDツイストドライバー PLR3602-JPの口コミ評価

2017.06.26

DIYERおすすめのSK11(エスケー11) 卓上ボール盤 300W SDP-300Vの評価。

2017.02.03

スポンサーリンク