DIYERにおすすめしたい手袋3選!【仕上がり変わる大事な備品】

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

とても地味だけどDIYする時に欠かせないのが

『手袋』

素手では万が一の時に深手を負ってしまうし、木材扱うと棘もあって超危険。

だけど消耗品だから安いものいいわーって、あわない手袋するとDIYの仕上がりにも影響しちゃうんだよね。

 

ここ数年DIYに携わってきてやっとこさ

『これだ!』

って思える手袋を出会うことが出来たのでここであなたにシェアしたいとおもうよ。

  • お手頃で手にフィットする手袋を探しているDIYERさん!

 

是非参考にしてみてちょ!

 

DIYERにおすすめしたい手袋!仕上がりが変わる厳選3種

沢山持ってるでしょ( ´∀` )

いろいろ使ってみた経験から、おいらのおすすめDIYに適した手袋3選、順位発表するよ!

1位 ワークマン TAKUMI

 

2位 3M コンフォートグリップ グローブ

3位 ブルータイガー

 

おいらがおすすめする選考理由はこちら

 

DIYERにおすすめしたい手袋 選考基準 ①価格

まずは価格。

手袋は消耗品だからあんまり高いの買うと勿体ないよね。

あとこういうDIYしてる最中、小道具は良く無くしちゃう!(笑)

ということでダントツの安さを誇るのがワークマンから発売されてるTAKUMIの手袋。

P-1800G 匠の手 ウレタンゴム背抜き手袋 10双組 | ワークマン 手袋 workman 作業用手袋 作業手袋 グローブ 作業用 ゴム手袋 ゴム てぶくろ アウトドア ワークグローブ 背抜き手袋 背抜き 背抜きグローブ 作業用品 作業 セット 手ぶくろ ワーキンググローブ メンズ 滑り止め

いろいろさがしてるなかで、一組99円という衝撃の安さ!

 

これだけ安かったら10組セット買っとけば、気軽に使えるよね。

 

そして次に安い手袋がナフコから出てる 『ブルータイガー』

ワークマンには劣るけどお買い得な安さだけどね。

 

今回の中で一番高いのが『3M コンフォートグリップ グローブ』

created by Rinker
3M(スリーエム)
¥583 (2020/07/12 17:39:11時点 Amazon調べ-詳細)

紹介した中で一番高いんだけど、ブルータイガーとくらべたらそんなに価格差はなし。

 

DIYERにおすすめしたい手袋!選考基準 ②フィット感

手袋のフィット感はとても大事。

DIY作業にめちゃくちゃ影響するからね。

どれも甲乙つけがたしなんだけど、あえて一位を選ぶとすれば

ブルータイガー

理由は背抜き部分にあたる布の部分が3つの中で一番薄く伸びるものが採用されてる。

ここ

だから一番フィット感があるよ。

ただし薄い分、逆に言えば耐久性は劣る。

けど今までDIY手袋どれにしようか悩んでた人は、確実に虜になるフィット感だよ!

 

スポンサーリンク


 

DIYERにおすすめしたい手袋!選考基準 ③グリップ感

グリップ強度が一番いいのは

 

  1. ブルタイガー ゴム
  2. 3M ニトリルゴム
  3. TAKUMI ウレタン

 

の順。

やっぱりゴムのほうがグリップは効くね。

ただしグリップの強度が強いのとDIYでの使いやすさは別物。

ほどほどのグリップ感で作業はできるから。

※ちなみに重たいもの運ぶ時はやっぱりゴムがいい。(笑)

 

総合順位一位のTAKUMIの弱点はウレタンのグリップが弱いこと。

ゴムに比べると手になじみやすいっていう魅力はあるんだけど、もう少しだけグリップ感があれば言うことなしって感じかな。

ちなみに3Mの発砲ニトリルは大体中間くらい。

 

 補足

※TAKUMIのゴムグリップも99円で発売されてるけど、手のひらを開けると小指あたりにもたつき感がでてくる。

ここ。

ゴムのほうが硬いから手のひら側に若干影響が出るんだね。

ウレタン仕様や他の手袋はこの辺りもしっかりフィットしてくる。

この辺りが改善されてくるとさらに最強になりそうだよ。

もう一点。

TAKUMIシリーズにはニトリルも売ってるけど、いまいちだった。

店舗にあるから試着してみて。

 

DIYERにおすすめしたい手袋!選考基準 ④耐久性

耐久性は3Mに軍配。

本体の布地とグリップのニトリルゴムのつくりは一番丁寧に作られてる。

この辺りが価格差が開いている理由かな。

なので価格以外で言えば3Mはとても好き。

けど300円。。。

悩むところね。

 

DIYERにおすすめしたい手袋3選! まとめ

ということであらためて順位を発表するとこうなったよ!

 

  • 1位 ワークマン TAKUMI
  • 2位 3M コンフォートグリップ グローブ
  • 3位 ブルータイガー

 

やっぱり総合的判断の大きなウェイトは価格。

ワークマンのTAKUMIはダントツ安い!

手袋はDIYの大事な要素なんだけど、消耗品でもあるから使い捨て感覚がぬぐえない。

これが一位の理由。

 

もし上記の基準がなければやっぱり耐久性もある2位のコンフォートグリップを選んじゃうかな。

ブルータイガーも価格はお手頃だしフィット感も抜群だけど、生地が薄い分使ってるとどんどん緩んでくるのが弱点。

 

ってことでまずはワークマンTAKUMIを使ってみて欲しいよ。

安いからとりあえず使ってみて、さらにいいものが欲しくなったら、3Mないしブルータイガーを使ってみることをおすすめしたいよ。

 

一般的に売ってるこういう手袋は

ほんとストレスたまっちゃうから、手袋ひとつから道具にはこだわってね。

写真の写し方も雑になっちゃったよ(笑)

 

あなたのDIY生活を応援してるよ!

 

P-1800G 匠の手 ウレタンゴム背抜き手袋 10双組 | ワークマン 手袋 workman 作業用手袋 作業手袋 グローブ 作業用 ゴム手袋 ゴム てぶくろ アウトドア ワークグローブ 背抜き手袋 背抜き 背抜きグローブ 作業用品 作業 セット 手ぶくろ ワーキンググローブ メンズ 滑り止め
created by Rinker
3M(スリーエム)
¥583 (2020/07/12 17:39:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

[kanren postid="12859,12714,12641"]

 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事