サラリーマンがお金たくさん稼ぐ方法は残業をやめること!

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

美味しいもの食べたいし、旅行もしたい。お金が欲しいーーー!給料がほしいーーー!

っていちぼさんも思ってる。

おいらのまわりでも、お金がほしいーーー!って言って、夜勤を希望したり、残業したり、会社が終わってからアルバイトしてる人もいたよ!

じつはおいらも会社員時代、給料が下がってアルバイトしたことあるんだーー!

でもね。それってお金を稼いでるはずなのに、なぜかどんどんお金がなくっていくことに気づいちゃったんだ(笑)

そう、残業ってじつは貧乏が集まる奈落の底に突き落とされてるんだよ!みんな気づいてた?

理由も含めてみんなにシェアしたいんだ。

一度きりの人生だもんね。

 

サラリーマンがお金たくさん稼ぐ方法は残業をやめること!

①自分で考えない労働

残業って会社に法定労働時間以上を拘束されて、その対価として通常より少し割増賃金をもらえるんだよね。

割増賃金もらえるし、働けば働いた分、拘束されれば拘束された分お金が増えるから、体力的にはきついけど、簡単確実にお金が手に入ちゃう。

だけど考えてみて。いくら割増賃金でも時間給が決まってるし、会社が敷いたレールの上で働く時間を増やすだけだから思ったほど増えない。。。月に5万円も上がればいいとこだよね。

そう、ほとんどの人は自分の価値という肝心な部分をすべて会社というフィルターを通して決められちゃってるんだ。

長時間一生懸命働いたって、会社の成績が上がったってそれはすべて会社の利益で、そこから自分の手元に残る分が決められる。

 

みんな自分が持ってるスキルが市場でどのくらいの価値があるか考えて行動してる?

今従事してる仕事の内容は市場では時給500円の価値しかなかったとしても1000円以上もらえてることもあるし、逆に時給1万円の仕事内容でも1000円しか会社からもらえなかったりする。

だから本来ならもっともらえる給与が多くてもいいんじゃないの?って言う人も結構いたりする。。。

『自分の市場価値なんて考えたこともないよ』ってひとは多いし、めんどくさいからそこまで考えたくないって人もいると思う。

だけど世の中にはそこを考え抜いて、自分の市場価値分を給与としてもらう努力をしてる人がいる。

だから自分の給料・時給を上げるには、自分で考えない労働時間、残業時間を減らすことが超重要。

空いた時間に、自分の市場価値を高める行動の時間を増やすことなんだ!

でないといつまでも時給が上がらず、貧乏から脱出できない。

※自分の市場価値を知ってみたいってひとは >>>MIIDAS(ミーダス) さんで簡単にできるから一度しらべてみるといいよ!

スポンサーリンク

②人生の時間は限られている。

なんで残業がだめか。

さっきも言ったけど自分の頭で考える時間がなくなっちゃうから。

それがなんでダメかって?。

考えることを会社にやってもらうと、残されるのは労働力を提供するだけ。だから自分の時間を切り売りする人生で終わっちゃう。

人生は使える時間が限られてる。一日の分母は24時間以上増やせない。

残業して自分の頭で考えないってことは、一番のゴールデンタイムを一生労働力として提供し続けなくちゃならないってことだ。

特に若い時って永遠の時間があるように感じちゃうんだよね。

でもやっぱり自分だけ亀仙人みたいに300年生きてられるってことはないんだ。

永遠の命があれば、いくら寄り道したっていい。けど限られた時間の人生、そんなにさまよってる時間はないんだよね。

だからいくら今の給与が低くても、残業なんかしちゃいけない。

それよりも『短時間で稼ぐ方法、時給を上げる方法を考えて、そこに時間を投資すること』が重要なんだ。

でないといつまでも市場価値が上がらず、貧乏から脱出できない。

 ③働けてる時間があることに安心しない

ひとは心の安定を求めるもんだよね。

だから目の前に生活ができる仕事があると安心しちゃう。

いちぼさんも同じなんだ。特においらは自営業だから目の前に仕事があると、それに没頭してしまってた。

下の図を見てみて。

これはとても有名な時間管理のマトリックスって言うんだけど、いちぼさんはいつも消費のマスに当てはまる行動ばかりに追われていたんだ。

残業もここに当てはまる。ここは問題解決や目先の利益を追求する行動が集まる場所。お金はすぐに儲かるけど、積み重ねの部分が途切れちゃってる。

すぐにお金に変わる結果が見える行動だから安心しちゃうんだけど、それは単なる消費活動、例えばご飯を食べるとか、寝るとか、お風呂に入るとか。。。

単に生きるための行動・生かされているためだけの行動と一緒だったんだ。。

 

一番重要なのは②の投資行動。

日々の行動をここに当てはまる時間に費やすことで、自分の価値『時給』を上げることができ、本当に自分がやりたい・したい時間をどんどん増やすことが出来るんだ。

最後に

働いた時間で手取りの給与を上げるってことは、人生のゴールデンタイムを会社に買ってもらうってこと。

ただこのサイクルじゃ、時間単価 ✕24の法則から抜け出せないことはわかってくれたよね。

例えば時給1200円の人なら 24×1200円=28,800円しか稼げない。

24はどうやっても増えないし、睡眠時間を削ることはできないから、現実にはこれよりもっと下がる。

だから1200円の部分をあげるしかない。時給2400円稼げるようになれば57,600円になって、単純に労働時間は今までの半分で済む。

3600円なら3分の1、4800円なら4分の1だ。当たり前だね(笑)

ここを上げるには時間と地道な活動(投資行動)が必要になる。だから残業するとその時間を確保できないのが問題なんだ。

なのに残業をすることに全く疑問を持たない、もしくは目をつぶる人が多いんだよ。

なぜかって?

『考えて行動する』ってことは結論がわからないリスクがある重労働だから、みんな嫌いなんだ!

将来のリスクに目をつぶり、何も考えず体を使ってるほうが楽だと思い込んでるからなんだ。

 

みんな、時給2,000円のアルバイトって高いと思う?

普通ならとってもいい仕事だよね。でもその価値観は間違ってる。

だって自分の頭で考えて行動してる人には、時給1万円以上の人なんてざらにいるからさ。

僕らの価値観は社会に勝手にすりこまれた価値観。

おいらたちがやらないといけないのは既成概念を捨て、残業をやめる方法を考え、生産能力を上げること。

それがしいては自分の価値を高め、労働時間を減らすことができ、自分らしい楽しい時間を謳歌することが出来るんだ!

※生産性に興味をもったらこのエントリーも読んでみて!>>>伊賀泰代さんの新刊 『生産性』を読んで常々思うこと。。。

 

 

 

スポンサードリンク