鉄骨系ハウスメーカーの転職はおすすめできないその理由。

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

おいらは以前鉄骨系ハウスメーカーに在職してた。

独立してからつくづく感じた事。

人生の効率悪すぎた!

おいらの経験からどうして鉄骨系ハウスメーカーは就職・転職はやめたほうがいいか解説するよ!

 

①鉄骨系ハウスメーカーの知識は、転職の時に役に立たない。

一番の問題はこれ。

鉄骨系ハウスメーカーは独自の構造システムを採用してるから、他の建築会社に転職したり、自分で独立して建築会社をなんて考えると、その知識は世間で全く通用しない。

おいらの仕事で、リノベーション工事をしてくれてて、工務店経営者の元同期も

『前職の期間は全く建築を学んでなかった。世間で通用したのは地鎮祭の知識くらいやな』

なんて笑い話をしてたよ。

それくらい鉄骨系ハウスメーカーの建築知識と、世間で必要とされてる建築知識には差がある。

日本で建てれてる建築物の約6割が木造系。

※総務省統計局参照 ➡コチラ

木造以外は4割と多いと感じるかもしれないけど、その中には鉄筋コンクリートや重量鉄骨、積水ハウス・ダイワハウス・へーベルハウス・セキスイハイム・パナソニックホームその他いろんな工法が混じってる。

もしあなたがハウスメーカーに就職を希望するなら、間違いなく軸組木造を採用しているハウスメーカーを選んだほうがいい。

これは営業・設計・現場監督すべてに当てはまる。

例えば大手であれば一条工務店であったり。

一条工務店の工法はツーバイか軸組工法で世間一般的に使われている構造。

だから役所へ出す申請関係も自社でせず、地元の設計士さんに全部外注してる。

これは日本で一般的な工法を採用してるからできること。

鉄骨系ハウスメーカーは無理。

構造計算が独自すぎて、その鉄骨系ハウスメーカーでしか設計・管理できない。

ってことは、その会社でしか通用しない知識なわけ。

海外で活躍したい!って言ってる人が英語以外の日本語ばかり勉強してるのと一緒。

あなたが就職先に選ぶ時は

『世間で通用するスキルを学べる会社か?』

で判断するべき。

でないと鉄骨系ハウスメーカーに就職して長い年月を過ごしてしまったら、他の人生選ぶことがめっちゃ難しくなるからね。

 

②鉄骨系ハウスメーカーはまず大手。だから転勤あり。

鉄骨で家を造るにはそれなりの工場が必要。

その資本があるのは大手ばかり。

というと基本的には転勤がある。

建築系の会社に勤めてて転職はかなりの痛手。

だってせっかく信頼関係を築いたお客さんや、工務店との縁が切れちゃうんだから。

 

あなたがもし将来独立することになったとする。

そしたらやっぱり建ててくれたお客様や付き合いのある業者さん、例えば水道業者さんやクロス屋さんその他いろんな業種の方はあなたの貴重な財産なんだよね。

またお客さんを紹介してくれたり、一緒に仕事をしてくれたり。

転勤あるとそんな縁が全部切れちゃって、また0から始めないといけないんだ。

辛すぎるね。

 

③鉄骨系ハウスメーカーの商品は高すぎるがゆえに弊害あり。

鉄骨系ハウスメーカーの商品ははっきり言って高い。

それは大きな資本を持っていないと建てれない工法だし、ハウスメーカーのブランディングもあるから、売り方としては問題ないし批判もしない。

だけどあなたがこれから世間で羽ばたいていくのに必要なのは経験量。

もしあなたが選んだ職種が営業職なら、出会える顧客、契約できる件数が大手鉄骨系メーカーだと断然が減る。

鉄骨系ハウスメーカーの顧客は基本富裕層だから。

客層が少ないところだから出会えるお客もその分減る。

経験を積むにはたくさんのお客様と出会い接客することが重要。

たくさんのお客さん会って経験値がぐんと上がる。

木造メーカーのほうが価格帯が安い分競合も多いけど、出会えるお客様も多い。

あなたは会社を利用し、どんどん経験値を積んで、将来転職を含めいろんな選択肢を持つことが重要なんだ。

 

まとめ

鉄骨系ハウスメーカーに転職はおすすめできない理由をまとめると

 

●鉄骨系ハウスメーカーの建築知識は独特すぎて、世間で通用しない。

●鉄骨系ハウスメーカーは資本がないとできない大手ばかりなので転勤がある。

●鉄骨系ハウスメーカーの商品は高額商品なので客層が限られる分、経験値を積む機会が減る。

 

これだけ世間の流れや変化が大きい時代に、入社したその会社に一生捧げるなんてことはあり得ない。

だから建築業界・不動産業界で生きていくって決めた人はそんな時代を乗り切れるスキルを身に付けれる会社に転職しよう。

ちなみに建築系に強い転職会社をまとめておくね。

 

★エージェント系

転職エージェントに希望を伝えて、いろいろな会社を紹介してもらう仕組み

おいらはこれがおすすめ。

日々大量に入ってくる情報を精査するだけで消耗してしまうもんね

おすすめはコチラ2社。

 

【1】マイナビエージント【不動産・建築業界】

今人気のITだけでなく、建築・不動産関係の情報もしっかり押さえてくれてる。

エージェントに条件を提示すれば、あなたの希望にかなう就職先を紹介してくれるよ。

 

 

【2】リクルートエージェント

業界最大手のリクルート社のエージェント転職サイト。

建築・不動産だけでなくとても幅広い情報を持っている。

履歴書の書き方から面接の受け方など含めて熱いサポートがついてるから是非活用してみて。

 

 

★転職サイト

リクナビNEXT

エージェントまではちょっとって方は転職サイトからまずは調査。

大手リクナビなら、全国網羅してるから情報入手にはもってこい。

小さな出来ることから始めてみよう。

(^^)v

 

 

スポンサーリンク