【DIY】100均使った簡単おしゃれウォールフックの作り方!

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを

セルフリノベーション!

LifestyleDIYer

いちぼさんです。

起業して約4年。。。なんとかかんとかやっている。が、ぜんぜん順風満帆ではない。ならブログやってる場合かっ!って思われるかもしれないがこれはれっきとした『投資』

発信力=営業力

もちろんただのブログで終わらせないよ!世の中の役に立つ情報発信し、事業の柱としてアフィリエイトも今後の 収入源にしていきたい考えだ。

で時々『DIY』 。じぶんの得意分野なのでブログで紹介していくぜ!

今回は100均材料と、余ったフローリングの廃材でウォールシェルフを作ってみた。収納場所がなくてこまってるみんな!とっても簡単におしゃれな収納が作れるので是非見ていってくれ(^^)v

【DIY】100均使った簡単おしゃれウォールフックの作り方!

設計

この扉の向かって左側にここだ


ここからの

これになるようにまずは計画図。

 

現場を測って図面に落とし、完成までにどんな道具と材料が必要かを頭の中でシュミレーションしながらピックアップしてみる。

とっても重要なこと。それとつくってる途中に工具や材料がないとモチベーションが一気にさがるんだー。

そうなると取り返しがつかない(笑)

図面は手書きで十分だし、自分はフリーソフト『JW CAD』をつかってる。1か月も練習すればこれくらいの図面はものの3分だ!

勉強したい人はこの本を使ってくれ!

材料

この写真にのってるのが今回使った材料一式。左から順に

①BRIWAX

木材をアンティーク風に仕上げる。

あれば良し。

 

②スポンジ

BRIWAXを塗る時使用。

③廃材

フローリングの切れ端。別に木材なら何でもいいよ。最低でも厚さ18mmくらいは欲しい。(フックのビスを効かすため)

 

④丸のこ(ブラックアンドデッカー・マルチエボ)

木材カット!工具の基本中の基本!今すぐ買うべし!

 

 

 

⑤丸鋸ガイド

これもめちゃくちゃよく使う! 買うべし!

⑤トリマー(ブラックアンドデッカー・マルチエボ)

マルチエボのアタッチメント。

これも超ヘビーローテーション。

買うべし!

⑥フック

セリアの100均でとってもいいのが売ってるのだ!

100均とは思えないクォリティー。

ゲットだぜ!

⑦ビス

● 板材にフックを留めるビス  ● 板材を壁に取り付けるビス※ただし今回は壁の下地の位置が分かったので、フックのビスをそのまま壁の下地まで打ち込んでる。ビスの色は黒色がいいけど、売ってなければ後でマジックとか塗料で塗ればOK!

スポンサーリンク

 

作業

まずはフローリングをカット

娘も興味しんしん丸で手伝ってくれている。だがぜんぜん進まない。まぁまぁとにもかくにもにぎやかでとてもうるさい。女子。。。。切りっぱなしじゃ味気ない。トリマーでちょっぴりエレガントにする。

W640Q75_01ec0e14a19bc8193f90e7ba22dea7bb03004fa1bc

素材の縁に装飾を施す。こんな感じにしあがる。素材の声に耳を研ぎ澄ませ!

うん、いい感じだ!次に木材をアンティーク加工する。

ガリガリガリ

さらにガリガリ!ガーリガーリくんガーリガーリくん♬と歌ってもらいながらするとなお楽しい(^^♪

。。。。。。冗談はともかく、すると細かな傷が生まれる。

この時の写真はあまり目立たないがこれがいい味に仕上がるのだ。

そしてブライワックスを塗布。

色はジャコビアン。

大人気だ!

こんなカッコよくしあがるのだ!

どうだい?いい感じにしわが刻み込まれただろ(笑)

仮止めする。

よし、図面通りだ!そのまま計画通り壁に取り付ける。

壁の下地がみつからない時はこれを使ってくれ。

 

うちの場合はフックのビスを取り付けるところに下地があったので、そのまま長いビスで打ち込んだ。その時も当然これをつかうんだぜ!

完成だ!

始めにつけた傷がアンティークでシャビーなテイストを醸し出している。

新品(更)の味気ない新建材なんてつまらない。

このくたびれ感が最高なんだ。

家の壁はデッドスペース。

空間を有効に使う。

しかもオシャレにだ。

実際に掛けてみる。

なんじゃこりゃーーー!

カッコよすぎた!

調子に乗ってこっちにもつくる。

いろいろ考えて

右側(スマホだと下)を採用!

これだ!

どしゃーー!

ちなみに真ん中のスチールシェルフもセリアの100均で購入。

まとめ

道具にしても結構お金かかる。

でもこれでいい。

これでいいのだバカボンボン♬

これから見る世界をかえるのは、身近でこんな小さなところからなんだ。

めんどくさいと思うかもしれない。

だけど人生は『動いて』『発信する』

そして『検証』また『動く』

ブラッシュアップして動き続けることが、人生を楽しく愉快に過ごせるエンドレスサイクル!

そう、DIYをするというのは大げさではなく人生をDIYしているのだ!

それが『LIFESTYLEDIYER』

さぁ今日も、昨日とは違うあたらしい朝を迎えよう!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサードリンク