楽天カードはどの種類?選び方を徹底解説!

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

楽天カードにお世話なってる人は沢山いると思いますが、今一度皆さんの普段の使い方をゆるーり、かえりみてください~

あれれれ。

私も長年愛用してきたのですが、この記事を書きながら今になって楽天カードの持ち方の失敗に気付きました。

そんな私のちょっぴりかなしい失敗談も含めてお得な持ち方をお伝えしますね~。

 

楽天カードの種類の選び方① 私のおすすめと失敗。

まずは無料の楽天カードで十分です。

その後使う頻度によってゴールド・プレミアムとランクを上げていくことをオススメします。

 

ポイント

ちなみに年間約10万円以上楽天市場での買い物をすると、ほぼゴールドの年会費を取り戻すことが出来ます。プレミアムなら50万です

ちなみに私は年間で50万近く使っていたのにゴールドにしてなかったので大失敗しました。

イテテのて。

これがわかってすぐにゴールドに切り替えましたよー。

 

補足

たとえば楽天市場で年間40万の買い物をすると

  • 楽天カードの場合 ポイント3倍 ➡ 12000P GET
  • 楽天ゴールドの場合 ポイント5倍 ➡ 20000P GET

※ただしゴールドは年会費2,160円のため、TOTAL 17,840Pなので約6000P近くの差がでます。

必ずあなたが年間どれくらい楽天市場で買い物をするかで、どのカードにするか判断しましょう。

カードを変えるだけで年間数千円も変わる可能性があります。

※詳しいポイント付与については種類別特徴②で紹介します。

 

ただし!ここまでの判断基準はポイントのみでの選択。

ココからはポイント以外のカード種類別の特徴を紹介します。

色々な特徴を踏まえて、最終判断してくださいね。

新規入会&利用で5,000Pもらえる永年年会費無料のクレジットカード。

 

楽天カードの種類の選び方② まとめ表

楽天カードはビジネスを除くと基本3種類あります。

表にまとめました。

特徴 楽天カード

楽天ゴールド

楽天プレミアム

ビジネス(法人)

年会費 無料 2,160円 10,800円 2,160円
基本(誰でも)付与

1P

楽天市場ショッピングポイント プラス2P

(計3P)

プラス4P

(計5P)

プラス4P

(計5P)

プラス4P

(計5P)

海外旅行傷害保険
家族カード 無料 540円 540円
国内空港

ラウンジサービス

年2回に

プライオリティパス 〇無料
ETC(年会費) 540円(1枚のみ) 無料(1枚のみ) 無料(1枚のみ) 1枚目無料 以降540円(複数枚可)

 

詳しく見ていきますね!

 

楽天カードの種類の選び方③ 楽天ポイント

冒頭でも紹介しましたが、楽天カードの最大メリットはポイント付与ですよね。

楽天市場での買い物については通常の1Pのほかにカードによって最大プラス4倍、計5ポイントが付与されますよ。

楽天カードは楽天市場を利用する方にはかなり破壊力ある武器カードです!

一般店でも VISA MASTER JCB の加盟店なら楽天ポイント1P付与されます。

 

標準仕様楽天カードで購入すると通常購入分1Pにプラス2Pで計3Pが毎回付与。

この表少しややこしいんですが、楽天ゴールドorプレミアムだとさらにプラス2P計5Pが付与されます。

この特徴があって、私はゴールドに切り替えたわけです。

 

楽天カードの種類の選び方④ 海外旅行傷害保険

楽天カードは無料にもかかわらず、海外旅行傷害保険まで付与されます。

無料にも関わらずです。

2回言いました(笑)

ただし、プレミアムカードとの補償の差はあります。

 

プレミアムカードとの差は下記表のようになりますよ。

※ゴールドカードは楽天カードの内容に準じます。

先日もハワイで日本人の方が暴行に遭い、海外旅行傷害保険に加入されていなかったので、甚大な医療費を請求されるというケースがありました。

無料のカードで加入できるので楽天市場で買い物をしなくても持っておきたい一枚ですね。

注意

ただしこの保険が有効となるには、日本を出国する以前に下記に該当する代金を楽天カード[Ⅰ]で支払っていること等が条件となります。

詳しくはコチラを参照ください。➡楽天カード傷害保険

 

楽天カードの種類の選び方⑤ 家族カード

家族カード無料!※楽天カードのみ

無料の楽天カードのみとなりますが、家族カードを無料でつけることができます。

特徴 楽天カード

楽天ゴールド

楽天プレミアム

楽天ビジネス(法人)

家族カード 無料 540円 540円 ×

なんか有料級にする意味ないかんじですね~。

妻は家族カードにしてません(笑)

単独で楽天のレギュラーカードを持ってます。

 

楽天カードの種類の選び方⑥ 国内空港ラウンジサービス

国内航空ラウンジサービスはゴールド・プレミアムのみの特典です。

H30.9.1~ゴールドは年に2回までの制限が付くようになりました。

プレミアムとの差が出たわけですね。

今までプレミアムとの差がわかりにくかったので、ゴールドのメリットは大きかったのですが、年に何度も旅行に行かれる方は、ゴールドでは物足りなくなるかもしれません。

 

利用できる国内・国外ラウンジはこちらをご覧くださいね。

国内空港ラウンジのご案内:楽天カード

ぶっちゃけ私ほとんど旅行に行ってないので、空港にこんなサービスがあるって知りませんでした。

恥ずかしーー。

今度ゆるーく行ってみます(^^)v

新規入会&利用で5,000Pもらえる永年年会費無料のクレジットカード。

 

楽天カードの種類の選び方⑦ プライオリティ・パス

このサービスは楽天プレミアムカードしかありません。

このサービスを沢山利用するかしないかがプレミアムにする大きな判断材料になります。

 

どんな内容かというと、プライオリティ・パス社が提供する航空ラウンジを無料で使うことが出来るサービスです。

 

ポイント
クレジットカードの空港ラウンジとの最大の相違点は、空港での保安検査場を超えた場所に、ラウンジが立地している点。 引用 ウィキペディア

空港の超豪勢な無料待合室。

こんなサービス自体あることは知りませんでしたー(笑)

 

通常利用する場合はプライオリティ・パスに加入し年会費が発生します。

楽天プレミアムカードはこの中で一番最上級のプレステージのランクでサービスを受けることができます。

年に海外に出張や旅行にしょっちゅう行かれる人にはとても重宝するサービス。

私もゆるゆるーくこのカードを使いこなせる男を目指しますよ。

 

ポイント
利用する場合はプライオリティ・パスの申請をしてカードを入手しなくてはいけないので、注意が必要です。

楽天カードの種類の選び方⑧ ETCカード

楽天カードのETCについてはこんな感じになります。

適用 楽天カード ゴールド プレミアム
ETC年会費 540円 無料 無料

 

レギュラーの楽天カードについては、楽天ポイントクラブの会員が、ダイヤモンド・プラチナ会員の方のみ年会費が無料になります。

もちろん私は超ヘビー楽天ショッピンガ―なので、ダイヤモンド会員です。

楽天レギュラーカードでも年会費が無料です。

あと楽天ETCを使うと100円につき楽天ポイント1P還元してくれます。

ただしETCについては他社のクレジットカードであれば年会費無料のものがありますので、そちらをおすすめします。

  • イオンカード
  • リクルートカード
  • オリコカード

 

まとめ

最後にまとめると

特徴 楽天カード

楽天ゴールド

楽天プレミアム

ビジネス(法人)

年会費 無料 2,160円 10,800円 2,160円
基本(誰でも)付与

1P

楽天市場ショッピングポイント プラス2P

(計3P)

プラス4P

(計5P)

プラス4P

(計5P)

プラス4P

(計5P)

海外旅行傷害保険
家族カード 無料 540円 540円
国内空港

ラウンジサービス

年2回に

プライオリティパス 〇無料
ETC(年会費) 540円(1枚のみ) 無料(1枚のみ) 無料(1枚のみ) 1枚目無料 以降540円(複数枚可)

 

 

  • まずはレギュラー楽天カードがおすすめ。年会費無料なので持っておきましょう。利用すれば5,000Pもプレゼントしてもらえます。
  • 楽天市場でどのくらい買い物するかで、ゴールド・プレミアムも検討しましょう。
  • 楽天カードをもったら、現金での支払いを出来る限りやめてEDYを使いましょう。
  • 出来るだけ楽天ポイントをGETしましょう。

 

楽天カードは作って利用すれば5,000Pのポイントプレゼントがあります。

やったね!

繰り返しになりますが、無料なので(笑)お手元にゆるーく置いときましょう。

新規入会&利用で5,000Pもらえる永年年会費無料のクレジットカード。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA