契約社員の方は住宅ローンの審査に通るのか?

スポンサードリンク

歩みたいライフスタイルを

セルフリノベーション!

LifestyleDIYer

いちぼです。
さて今回は不動産業界にはかかせない『住宅ローン』についてお話ししたいと思います。

不動産の仕事はお客様に住宅ローンを組んでもらって仕事が成り立ちます。今はいろんなライフスタイルがあって働き方も様々です。

そんな中で今回は契約社員の方について取り上げてお話しします。要は契約社員の方はローンの審査が通るかどうか。

今までの経験を踏まえてお話しします。

契約社員の方は住宅ローンの審査に通るのか

 

①銀行系はまず通らない

結論、銀行系はまず通りません。なので審査に出しても無駄です。銀行はリスクを背負いたがりません。というか経営方針上負えないというのが正しい言い方かもしれません。

契約社員の方は半年や1年ごとの更新が多いので、そのあたりの判断基準が明確に規定されています。なので銀行系はまず期待値0です。

 

②労働金庫

一番におすすめするのが『労働金庫』こちらは申し込みが可能です。

銀行と運営形態が少し違います。労金は、会員や組合員からの出資を元に、お互いに助け合いながら運営される協同組織の金融機関です。

会員はいわゆる労働者になります。簡単に言うと銀行は株主、労金は労働者の利益のために運営しているということです。

なので労働者である、契約社員、派遣社員、パートの方でも借入が可能です。

ただし安定した収入が必要という条件があり、勤務年数が一年以上必要など、転職して間もないと審査に合格する可能性が低くなります。

最近の経験から、永住権を得た外国籍で契約社員の方も労金さんで住宅ローンを組んでいただき、中古住宅を購入することが出来ました。

その節は大変お世話になりました。※銀行系はすべてアウトでした。

 

●契約社員、派遣社員、パートの方も申し込み可能。
●安定した収入が必要。(年収150万円以上)
●勤務年数などに条件があり。
●金利も銀行と同じくらい、もしくはそれ以上の低金利(ただし給与振り込み先口座の指定や、自己資金、労働条件などにより金利の増減あり)
●24時間引き落とし手数用無料
●インターネットバンキングは3回/月振り込み手数用無料
●団体信用生命保険加入が必須。
●普通に住宅ローンのなかで一番おすすめ

③フラット35

次におすすめするのこちら。
皆さんフラット35という住宅ローンを聞いたことあるでしょうか。
こちらの金融機関はもともと国の補助金で運営していた『住宅金融公庫』が前身で、フラット35という形にかわり運営されています。

この住宅ローンの特徴は、社員の形態に関係なく公平に融資をしてくれるところです。

労金同様派遣社員の方・契約社員の方パートの方・男性・女性問わず借り入れすることが出来ます。

特徴は

●35年金利が固定されていること(返済は安定している)
●銀行より少し金利が高いこと。
●諸経費(登記費用や火災保険など)は借り入れの対象外となること。(別で諸経費ローンを組む必要があります。返済年数、金利が割高)
●団体信用生命保険加入は任意。(必須条件ではない)
●給与振込先はどこでもよい。

35年固定金利はほぼこのフラット35しかありません。

安定した返済が可能ですが若干銀行より金利が高く、それにともない返済額が上がるため、普通に住宅ローンを借り入れできる方は銀行に流れる傾向にあります。それでも安定した返済を望まれる方はこのローンを利用されます。

住宅ローンの中では一番門戸が広く、解放されている金融機関です。

以前パートの女性の方で、年収120万円の方の審査が通りました。こちらも大変お世話になりました。

まとめてみました。

勤務形態や年収などで不安を抱える方はまず『ろうきん』さんに相談しよう!
それでも難しい場合は『フラット35』に申し込もう!
上記金融機関でも難しい方は正直厳しいので借り入れできる諸条件をクリアする労働形態や勤務年数をクリアしましょう。

これからローンを組まれる方は、参考にしてみてください!

(^^)v

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク