旅籠屋の旅 三重~鳥取倉吉~たつの 2泊3日家族5人一日2.86万円!

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

おいらは旅をDIYするもの好き!

決まりきった道筋を旅するより、少し寄り道したり、時には旅先でゆったり昼寝して読書なんて出来る時間があるといいよね。

そこでおすすめしたいのが日本で唯一のMOTEL『旅籠屋』さん。

いつもおいらの旅を気軽に楽しく後押ししてくれる宿屋さんなんだ。

今回はその旅籠屋さんを利用して

三重~鳥取倉吉~たつの

家族5人、2泊3日、一日2.86万円の旅に出発してきたーー。

楽しい旅になったので参考になればうれしいよ!

スポンサーリンク

1日目 三重(出発)~鳥取(観光)~旅籠屋鳥取倉吉店

出発(朝6:30)

今回のルートはコチラ。

片道約4時間の旅。

ロングドライブ。

でも旅は道中も楽しいもの。

だけどだけど!

子供たちは飽きる!(笑)

ってことで、車中ずっとYoutubeさ。

 

 

途中、朝食とおトイレ休憩で赤松PAへ。

出典:http://ms-cache.walkerplus.com/walkertouch/wtd/images/n/69736.jpg

道中でのグルメやお買い物も旅の楽しみ!

コロッケとパンたくさん買った!

けど写真忘れた!

ごめん。

みんなは一回行ってみて。

美味しくいただきましたー。

でもここでゆっくりしてられない!

まだ道半ば。

レッツゴーだわさ!

鳥取道は全長60kmあるんだけど無料なんだ!

びっくりした!

すごいね!

これで交通費も安く済むぞー!

 

鳥取砂丘(11:30頃)

鳥取砂丘到着!

ヤッホー、着いたー。

着いたけど、、、、

、、、

エッ!?

エーーーッ!!!

スケールちっちゃいな。。。。

錆びれた駐車場&狭い上に閑散としてる。。

店もなにもない。。。

これがかの有名な鳥取砂丘とは。。。

ま、とりあえず砂丘へ、

おおー。

砂丘はやっぱスケールデカい!

でも全然人いないな。。。

。。

そんなのかんけーねー!

子供たちはしゃぎまくりーー。

。。。。

 

ん、ん、ん、

あれ?!

奥のほうになんか大きな施設と人がたくさん歩いてるぞ。

ま、ま、まさか!?

メインの場所じゃね――!

鳥取砂丘って広いからいろいろ駐車スペースがあるんかー!

砂丘結構歩いたのに。。。

ってことで足の砂を払い、そそくさと場所移動。

サンダルは必需品です。

 

ぶーーーーん。

良かった。

天下の砂丘にしてはスケールちっちゃすぎてビビっちゃったもんね。

大きな施設。

ほっとしたわ。

スケールちっちゃいなんて言って鳥取砂丘ごめんね!

ではあらためてレッツゴー!

うおーたくさん人が歩いてるーー!

あの先に見えるのが『馬の背』かー。

おいらたちが目指したのは

『ハァハァヒィーヒィーコース』

ちっちゃい子供たちがいる人は距離が長いと大変だからこのコースがいいよ。

行きはよいよい帰りは怖い、コースだったけどね(笑)

理由は後ほど説明するよ。

とにかくハァハァヒィーヒィーは覚悟してね。

子供たちは再度大はしゃぎ!

もう遠くまでいっちゃったー。

おーーーーい!

一緒にはしゃいじゃえーー!

わーー!

子供はゴロンゴロン寝転ぶよ(笑)

イチャつくカップルを興味深々で見つめる3人。。。。

お前たちあんまりジロジロ見んなーー(笑)

※後でお顔拝見したら60歳くらいの男性と30台くらいの女性。。。

どんな関係やーー!

気になる、気になる、こっちが気になって何度も振り返っちゃたわー(笑)

 

他にもラクダに乗ったり、

※2人乗りなのでおいらはひとりぼっち写真係。

ひとりでラクダは寂しいから旅は偶数人数で(笑)

その他、

オアシスで水遊び

 

 

ロープウェイに乗って

 

展望台から砂丘を眺めたり、

お土産買ったり。

マンゾクシターー!

面白かったね!

※注意 鳥取砂丘で気付いた事。

 

①帰りの体力温存!

子供たちは帰りには疲れて泣き出します(笑)

もう疲れて動かない。。。苦笑

親御さんは帰りのため、おんぶに抱っこの体力を残しておこう。

 

②服装に注意

いったのは4月2日だったんだけど天気が良くて暑かった!

延々砂浜だから照り返しがきつかったんだね。

砂浜を歩くだけで身体的にも熱くなるから、

時期にもよるけど半袖になれるようにしとこうね。

 

③サンダル必需品

馬の背あたりで砂浜がやたら熱い!

砂浜が火傷するんじゃないかってくらいアチッチー。

ダチョウ倶楽部も真っ青。

スタート時点でサンダルが邪魔になると思って置いて行ったのが裏目。

子供たちは熱くて泣いてた(笑)

サンダルは必ず準備していこう。

スタート時点に置いて出発は厳禁だよ

これ✕バツ

④ラクダに乗ると写真引換券くれるけどもらいに行く必要???。

ラクダに乗る前に家族全員の写真を撮ってくれる。

そしてこんな券を渡される。

これが遊覧記念写真入りカード。

写真ちっちゃ!(笑)

ほとんどみえないじゃーーーん( ;∀;)

じつは引き換えに行くとこれより5まわりくらい大きい写真が置いてあってそれは有料(笑)

1000円~くらいだったかな。

上手いこと誘って別の写真を売ってるんだね。

こういう記念写真ビジネスってどこでもあるけど、おいら好きじゃないんだよね。

するんだったらダウンロードサイト作って、課金でダウンロードさせたほうがいい。

紙の写真なんてもう置いとくスペースもないよ。

気の毒だけど、いらなかったらきっぱり断ろう。

それとラクダ乗る前に、おいらたちのカメラで係りの人が写真撮ってくれるから、それで十分。

ラクダ乗るのも結構する。

こっちは記念だからいいんだけどね。

ひと乗り2500円(一人じゃないよ)

搭乗時間約5分。

今回家族4人で5,000円。

 

⑤砂の美術館は4月半ばから年始まで

➡砂の美術館

残念ながらおいらたちは見れなかった―(´;ω;`)

とってもいいらしいんだ。

今回の旅は子供の春休みに合わせたから日程があわず。。。

開催はぜひとも子供たちの春休みに合わせて欲しい!

って願いを込めてブログ書くよ(笑)

よろしくお願いしますー(^^)v

 

⑥鳥取砂丘の駐車場は500円

無料のところもあるけどおいらは是非500円のところに停めて欲しい。

だってこれだけの広大な砂丘、入場料も払わずに見れるんだよ。

これだけ楽しませてもらって500円くらい払ってもバチ当たらないよね。

この駐車料金でもっと素敵な鳥取砂丘にしていく計画も進んでるし、是非そのくらいの寄付はしようよ!

建設中の現場

14時頃いざお宿へ出発。

子供たちも疲れてきたから今日の宿泊先『旅籠屋鳥取倉吉店』へGO!

 

旅籠屋鳥取倉吉店 15:00

1時間ほどで到着。

旅籠屋さんのチェックインは15:00~

いつもの安定感。

綺麗でいうことなし。

車の中では疲れ果てぐったり寝込んでた子供たちも元気いっぱい!

かくれんぼーー!

おしり見えてるぞ。

旅籠屋さんの記事はこちらをどうぞ

 

 

一時間ほど休憩&お風呂&食事場所を調べていざ出発

お風呂はこちら

ゆアシス東郷龍鳳閣

正直お風呂はチョイスミス。

いまいちでした。

ショボい。。。ごめんね。

水着で入れるプール温泉があるらしいんだけど、おいらたちはお風呂のみ。

浴槽もひとつしかない。

★☆☆☆☆

厳しい採点でごめんなさい。

 

おいらが次回行くならこっちに行く

➡関金温泉 せきがね湯命館

 

30分ほど足を延ばすけどこっちのほうがかなり良さそう。

旅籠屋鳥取倉吉店に行くときは参考にしてみて!

 

 

晩御飯はこちら

➡らーめん 太香房

鳥取県倉吉市の味噌ラーメン炭焼ちゃあしゅう 「大香房」

みそは地元倉吉のみそをベースに全国のみそ5種類をブレンド。

深みとコクが味わい深く後味はスッキリです。

店名のついた大香麺(たいこうめん)は魚介だしをプラスしトッピング盛りだくさんのらーめんです。

お得なセット物も充実しており、らーめん以外のサイドメニューも豊富です。

鳥取県では倉吉市で展開中です。

引用 らーめん大香房HP

 

地元のラーメン屋さん。

牛骨らーめん(オイラ)

地元倉吉の5種類の味噌を使ったスープが自慢。

大香味噌ラーメン!妻

いただきまーーーす!

月曜と金曜は餃子1.5倍!

土曜は唐揚げ30%増量!

(笑)

家族5人で予算約4,000円。

ベビーカーもOKとの事で、ちっちゃい子供連れの方も安心だよ。

オナカイッパイダー!

ゴチソウサマデシター!

 

打吹公園

夜風が気持ちいい。

そのままホテルに戻るのは勿体ない。

どこに行こうか悩んだんだけど、ちょうどこの時期は桜の季節。

桜の名所 打吹(うつぶき)公園 があると知って、そこに行くことに。

標高204m、倉吉のシンボル打吹山のふもとに明治37年、時の皇太子殿下、後の大正天皇が山陰地方を行幸された際にその記念として開かれた公園です。

「さくら名所百選」にも選ばれた山陰随一のさくらの名所で、春になると多種多様のさくら、つつじが咲き誇ります。夏には新緑、秋には紅葉、冬は椿と、四季を通じて美しい公園は「日本の都市公園百選」にも選ばれた癒しのスポットです。

引用 とっとり旅の生情報

とっても有名なんだね。

結論言うと、行ってとっても良かったー!

こちらが現地の写真。

大きい公園なんだ。

見て!とってもいい景色でしょ。

池に浮かぶ花びらと水面にうつる提灯。

インスタ写真間違いなし!

早速投稿したよ(笑)

絶妙な大きさと間隔で掛けられた橋が桜の大きさを際立たせてる。

朱色もいいよね。

公園街路に地元商店の提灯が連なってて、お花見の雰囲気満載。

夜店もたくさん出てて、子供たちも喜んでる。

帰りに綿菓子とリンゴ飴。

目も心も洗われました。

お疲れ様ーー!

ぐっすり寝れそうです!

 

スポンサーリンク

 

2日目 旅籠屋鳥取倉吉店~兵庫県(観光)~旅籠屋たつの店

 

おはよーーございます!

旅籠屋さんは朝のパン・オレンジジュース・コーヒーは無料!

旅籠屋さんの詳しいレビューはこちら

 

 

嬉しい!

腹ごしらえをしたら出発だ!

旅籠屋倉吉店(出発)8:30

姫路セントラルパークへ

降りなくちゃいけないインター通り過ぎちゃって少し遠回りしちゃったよ。

ゲコ!

これも旅の醍醐味!

ゲコッ!ゲコッ!

姫路セントラルパーク 11:00過ぎ

到着だーー!

姫路セントラルパークはサファリパークと遊園地が併設されてる。

どっちも行こうか悩んだけど、結局サファリパークのみを選んだ。

さてそれが吉と出るか凶とでるか?

それは読み進めてのお楽しみ。

それではしゅっぱーーーつ!

まずは自家用車でサファリパークを巡る旅

オッ、早速チーターちゃん。

こんにちわー

おおおお

 

ライオンーー!

チカイゾーー!

その差約3M。

恐ろしい顎しとるなー。

写真じゃわからんけど、手も太いわ。

次は草食動物。

おおおーーー!

あれは!

名前がわからん(笑)

とにかくあの角はかっこいいなぁ。

おお!

これも名前わからん(笑)

一応車の中にナビを載せてくれてるんだけどね。

誰もまったく聞いてない(笑)

これはわかる!

象さん!

カバー!

全然出てこん。。。

たぶんカバ。

その他

って感じで大興奮のサファリパークは約30分。

これが終わると次はウォーキングサファリへ。

ここでは身近に動物に触れることが出来る。

子供たちも大はしゃぎ

さわりたい。。

でも怖くてさわれない。。

じーーーー。

。。。

その微妙な距離感、いいね!(笑)

 

お決まりの記念撮影!

お父ちゃんお気に入りの『DULTON Tシャツ』

 

 

かわいいぞ!

パシャり!

キリンに触れることが出来る。

とっても子供たち喜ぶよ!

触れるのは舌だけだけどね。(笑)

キリンの舌はちなみに深むらさき。

ワンちゃんもいる!

ここでアドバイス

①ウォーキングサファリ内でご飯が食べれる場所が2カ所ある。

一か所はウォーキングサファリの道中中腹あたり。

今回おいらたちはここでご飯をたべたよ。

 

って言うのもこの先にまだ食べるところがあるって知らなかったから。

ここでもかわいいレッサーパンダを眺めながら食べることが出来るんだけど、ロープウェイに乗った頂上にあるこっちのイートエリアのほうが眺めも良くいい感じだったよ。

スカイサファリへの搭乗料金は無料。

写真撮るの忘れたけど、眺めもいいから乗ってね。

っていうかコース上絶対乗るよ(^^)

ここでは結局おなかいっぱいで食べれなかったけどね!

だから来るときは全体マップを俯瞰して予習してから行くことをオススメするよ。

 

引用 姫路セントラルパーク

頂上の広場ではお弁当も食べてる人もいたよ!

14時ごろ全部のサファリパークのアトラクション観終わりました。

楽しんだーー!

車に乗ったら子供たちもこんな感じ。

遊園地はまたの機会で正解だったよ!(笑)

それではいざ今日のお宿『旅籠屋たつの店さん』

写真撮るの忘れたので旅籠屋さんのサイトから写真お借りしました!

安定の心地よさでした!

ほんといつもおいらたちの旅を支えてくれてありがとうございます。

 

お風呂

一息ついてお風呂とごはん。

今回は近くにあるこちらに。

あかねの湯さんへ

人は結構多かったけど今回は良かった。

ご飯もここで食べました。

 

ご飯写真撮るの忘れたー!

だってみんなめちゃくちゃおなか空いてたから(笑)

食欲に勝てないブログ欲。。。

まだまだプロブロガーへの道は険し(笑)

お店は関西で名が通ってる『本家さぬきや』さん

安定の美味しさでしたよ。

満腹!満腹!

ゴチソウサマデシター!

 

姫路城

夜風が気持ちいい~~。

あれ、

昨日もこのセリフ行った記憶が。。。

まあいいよね。

ってことでいろいろ調べると、今日から姫路城のライトアップがあるというではありませんか!

ラッキー!

じつはこの度の計画は、当初たつの店が一日目、鳥取が2日目で予定してたんだけど、予約がいっぱいで行き先逆にしたんだ。

それが不幸中の幸い!

初日に行けるなんてとてもうれしい!

それではいざ出陣!

みえてきたー!

おおおーーー!

これがかの『白鷺城』

じつは過去に一度姫路城は見に来たことがあるんだけど、その時は大改修中で全貌を見ることができなかったんだ。

それにしても重機も使わずこれだけのものを築城するって凄いよね。

しかも電気もなくライトアップなんて概念は当然なかった時代に、濠の水面に積み重ねられた石垣と、頬紅のように淡く甘酸っぱい桜の色まで映し出すことを先人が計算していたのかなぁなんて思いを馳せると、世の中不思議な事だらけだね。

そんな不思議をもっと知りたい、いろんな世界を旅したい欲に一層駆られちゃった。

はい、入場前に記念撮影。

相変わらず写真が嫌い長男の姿はなし(笑)

漆黒の闇に浮かぶ本城。

この時期にしかみれない。

豪華絢爛の桜があちこちで我一番と言わんがごとく咲き誇ってる。

桜と城郭の競演。

時に心和むその可愛い姿は、現代技術とのコラボレーションで漆黒の闇へといざなう魔性の桜へと変貌する。

わがボキャブラリーを振り絞りナレーションしました(笑)

 

それにしても立派な桜。

ここまで育つのにどれだけの人と関わってきたのだろう。

 

桜って種類かもしれないけど、ぼんぼりのように丸く固まって咲いてるんだね。

 

先人はもしかしたら、年に一度人々をいざなう美を極めた桜に合わせてお城のデザインを考えたのかもしれない。。と思うくらい、これほど桜と相性がいい建造物はほかにないのではなかろうか。

子供たちは少し疲れてきた。

2時間がタイムリミット(笑)

最後はお約束のリンゴ飴で機嫌取り(笑)

目もおなかも満たされたよーー!

ありがとうーー

明日は旅の最後だね。

 

スポンサーリンク

 

3日目 旅籠屋たつの店~たつの市内観光~三重(帰路)

 

おはよーー!

疲れ果ててなかなか起きない姉妹。

いよいよ今日は旅の最終日。

慌てずのんびりいこうーー。

 

龍野公園

龍野公園は桜の名所。

今回は桜の旅となりました。

龍野公園は、西播丘陵県立自然公園内に位置します。園内には、動物園や聚遠亭、紅葉谷、童謡の小径等の施設があります。公園内の桜は、一目三千本といわれ春にはさくら祭りの会場となり、市民の憩いの場となっています。

引用 たつの市HP

残念ながらもう桜吹雪が舞ってたけど、仕事にも通じる素敵な日本建築と庭園が堪能できたよ。

茶室(浮堂)

 

楽庵

 

御涼所(別館)

中も見学させてくれるよ。

昔の抜け穴もあるんだよ。

可愛い写真が撮れたわ。

モデルさんありがとう(笑)

美しいものを見たり、触れたり、素敵な音楽を聴いたり、歌ったり。

そんな時間がとても大切だと思うんだ。

日々忙しいけど、意図的に触れ合う時間を持って感性を磨かないと、日常の中で素敵なものに出会っても気付かずすれ違ってしまう。

本物を見極める力っていうのかなぁ。

子供たちにはもっといろんな素敵な場所を見せてあげたいなぁ。

けど、

子供たちにとってはどこも遊び場に変わるだけなんだけどね。

コラーー!

はしりまわるなーー!

(^^♪

 

うすくち龍野醤油資料館

ここですこしたつの市を紹介しておくと。

たつの市

2005年10月1日に龍野市、揖保郡新宮町・揖保川町・御津町(揖龍地域・旧制揖保郡のうち太子町を除く自治体)が合併して誕生した。市中心部龍野町には武家屋敷や白壁の土蔵が今も残っており、龍野藩5万3千石の城下町の面影から「播磨の小京都」と呼ばれている。引用 ウィキペディア

揖保川が南北に通っていて、そうめんで有名な『揖保乃糸』やヒガシマル醤油さん発祥の地。

旅の最後にそのヒガシマル醤油さんの記念館を訪れたぞ!

龍野公園からは車で5分ほど。

入館料は10円。

ヒガシマル醤油さんの歴史や

当時醸造されてた姿を見ることが出来る。

しつこいけど、子供たちにとっては遊園地(笑)

むかしの醸造現場を知ることが出来るのもさながら、やっぱり歴史が深い建造物は見どころがたくさん。

今の家に取り込むことが出来ないかぁなんて思いを馳せながら見学してるよ。

写真はないんだけど、ここでヒガシマル醤油さんの醤油饅頭とか、少し変わったお土産を買えるから足を運んでみるといいよ。

 

お昼ごはん

お昼ご飯は地元で人気のお店を探していきましたよ。

昭和の雰囲気を残す夫婦で切り盛りされてるお食事処。

奥さんが調理、旦那さんがホール。

とっても気さくないい感じのお店だったよ。

ご飯も美味しかった!

予算は一人1000円~1500円程度。

ゴチソウサマデシターー!

おなか一杯!

龍野公園~ヒガシマル 薄口龍野醤油資料館~ごはん あの頃 までにルートはこちら。

それじゃ心もおなかも満たして帰りますか!(^^)v

 

旅行費用

最後にこの度でかかった費用を発表するよ。

【一日目】

ガソリン代3日間 約6,000円

高速代3日間  約10,000円

食事代(昼・晩) 約6,000円

お風呂代 1,550円

鳥取砂丘(駐車場)500円

鳥取砂丘(ラクダ)5,000円

鳥取砂丘(ロープウェイ)750円

打吹公園   無料

【2日目】

姫路セントラルパーク 13,900円(駐車料込)

お昼代 2,740円

お風呂代 1,970円

食事代 4,580円

姫路城(駐車場台) 550円

姫路城(入場料)  無料

【3日目】

龍野公園(駐車場台) 500円

龍野公園入園代 無料

ヒガシマル 醤油資料館 30円

昼食代 約5,000円

旅籠屋さん 2泊 19,440円

 

3日間TOTAL

88,750円

一日当たり 約28,600円なりーーー(^^)v

このうち交通費が約16,000円。

3日間の旅だったけど、行き先考えて1泊ならもっと安く、気軽に足伸ばせるよ。

 

まとめ

楽しい日々はすぐに過ぎちゃうけど、普段の生活も旅を楽しむように過ごしたい。

遊ぶために仕事をしない。

仕事するために遊ぶ。

遊びが仕事になる。

そんな旅をたくさん経験して、子供たちにも楽しく人生をDIYしてほしい。

これからもそんな旅を作って行きたいよ!

みんなの旅の参考になるととっても嬉しい!

これからもどんどん気軽な旅を切り開いてくから期待しててね!

(^^)v

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク