不動産投資に必要なものとマインド【夢見ることが大切】

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

 

この度2件目の不動産投資古戸建物件を購入しました。

DIYは大変ですが、1件目は無事入居者さんが付いて、毎月定期的に家賃収入を得ることが出来てます。

まだまだ初心者なんですが、不動産投資をするのに必要な知識や経験・マインドなんかについて得た知見をシェアします。

 

これから不動産投資を始めてみたい

 

って人は参考にしてみてください。

 

不動産投資に必要なものとマインド 総則

必要なのは行動力だけなんですが、もう少し噛み砕くとこんな内容。

詳しく解説していきますが、本題の前に最初に伝えたいことがあります。

それは不動産投資に夢を持つこと。

色々な行動力が必要ですが、うまく回ればあなたがしたい好きな時間が確保されます。

最後の章で詳しくお話ししますので最後まで読んでみてください。

 

不動産投資に必要なものとマインド① リスクを取る

投資であり事業なのでリスクがあります。

  • 客付けがうまく行かない。
  • 家賃設定が思うようにいかない➡利回りが悪い
  • 建物が欠陥で修復に思った以上の修復がかかる。
  • 退去する。
  • 家賃不払い

 

などなど他にも数えたらいろいろあるでしょう。

だけどあえて言うと事業に失敗は付き物で、一件目はお金払って失敗しに行くくらいの気構えが必要。

賃貸物件は自分の商品で、市場のニーズにマッチするかは実際に販売するまで結果は未知数です。

すぐに入居者が付くかわかりません。

ですが行動して失敗経験も積むことでさらに研鑽され、当たり前ですが次につながります。

100万、200万くらいは失敗してもしょうがない。

だけど必ず成功させてみせる!

くらいのリスク取る思いがないと不動産投資はできないです。

 

不動産投資に必要なものとマインド② 毎日の中に行動時間を取る

  • 物件を探す。
  • 内見する。
  • DIYする など。

 

日々の生活の中にこの作業を取り込まなくてはいけません。

朝一番で新しい物件が出てないかサイトをチェックしたり、休みの日は不動産屋さんまわって顔見知りになったり、気になる物件があったら内見しに行ったり。

重い腰を上げないといけないわけです。

しかもそこには競争があって、掘り出し物は他の人に取られちゃう可能性もあります。

 

1件の投資物件を仕入れるのに最低10件は内見しに行くことでしょう。

それだけの時間と労力を投資します。

 

時間取得の方法としては

  • ネットサーフィンしない。
  • テレビ見ない。
  • お酒飲まない。
  • 残業しない。
  • 休日出勤しない。
  • 有給取る。
  • 不動産の業界に勤めて、会社を不動産投資を勉強する学校にする。

ですね。

 

うちも子供が3人いて、帰ってきたら遊んでであげたりお風呂いれたり、新しい時間をつくるのはシンドイです。

しかもお酒も飲めないし、好きなことができないからつまんないかもしれません笑

が、22時に寝て朝5時におきれば2~3時間くらいは自分の時間を確保することができます。

そうやってこのブログも書いてまして、不動産の情報も得る時間を確保してます。

 

不動産投資に必要なものとマインド③勉強必須

少ない経験を補うには勉強しかありません。

不動産投資で成功した先人の本や、ブログをたくさん読んで、自分なりの運営方法をシュミレーションします。

一番自分の性格に近い成功者を見つけて、穴があくほどその人の行動を真似することもありです。

私は行ったことないですが、セミナーなんかに参加して、経験者の方の仕事を無償で手伝ってみるのもいいと思います。

私は本職が不動産業なので毎日どっぷりつかってますが、同じように不動産業界に就職したり転職するのもありです。

さすれば仕事も不動産投資の勉強になります。

 

補足※不動産業界に就職する。この方法が一番のおすすめです。

毎日8時間以上を実務から勉強し、知見を得れます。

さらにお金までもらえます。(笑)


詳しくは

不動産投資の始め方。不動産業界勤務が最短ルートである理由【徹底解説】

2018.12.30

 

とにかくお金払ってでもいいから経験を積むこと。

個人的にはセミナーで高額なお金を払うくらいなら、物件一個買って回してみるのが一番いいですね。

 

不動産投資に必要なものとマインド④ PDCAまわして試行(思考)錯誤

考えることを面倒くさいと思う人は、不動産投資には向いてないですね。

不動産投資をしても、物件を手放さないといけなく人もいます。

考えることを放棄し主体性を持って事業として取り組んでいないからだと思います。

 

  • どうすれば客付けできる魅力のある物件にできるか。
  • どうすれば借主さんに満足いただけ、長く住まいしてもらえるか。
  • どう営業すれば早く客付けできるか。

 

当たり前ですが、管理会社に修繕・原状回復・客付けなどの方法を全て丸投げで思考放棄では、儲かる利回りにはなりません。

不動産投資は元請け事業なので、自分の頭で考えてPDCAまわすこと。

 

  • 入居者さんにお中元やお歳暮渡す。
  • 困りごとがあれば聞く。
  • クレームは早急に対応する。

 

など常に先回りする思考が大事です。

 

あと投資行動しない人の特徴は、確約されない儲け話以外にはリソースを割かない人です。

業者さんなんかは結構多いんですが、

  • 働いたらその分の時給は欲しい。
  • 稼ぎが見えない労働に時間を投資したくない。

 

目先のお金に走る人は、考えることを放棄してしまってるのでいつまでも労働力の切り売りでしか稼げません。

普段の自分の行動を照らし合わせてみるのもありです。

 

不動産投資に必要なものとマインド⑤ 夢を見ることが大事。

しんどいことばっかり書きましが、不動産投資には夢があります。

冒頭でお話ししましたが、行動の原動力はやっぱり楽しい未来を想像すること。

私の場合、2件目の物件が仕上がり客付けできると毎月10万ほどの家賃収入を得られる計算になります。

借入をしてるのでまるまるのキャッシュフローが出来上がるまでは約5年ほどかかりますが、毎月10万円を稼ぐ時間を浮かすことが出来るようになれば、どれだけの時間を自分のやりたいことに充てることが出来るでしょうか。

 

時給1,000円なら、100時間。

8時間労働として約12日の節約可能です。

 

不動産投資の凄いところは、労働時間をあまり掛けなくとも長期的に家賃収入を得られることです。

1件目の物件を売り物にするまでにはDIYで約1ヶ月ほどの期間を費やしました。

今は6万弱ほどの収入が入ってます。

退去のリスクはありますが、毎月6万弱稼ぐ時間は何も費やしてません。

 

2件3件とどんどん自分の時間ができてさらに事業を拡大すれば、好きな時間に好きな場所で過ごすことも出来そうですよね。

夏には北海道で過ごして、冬は暖かい沖縄で春を待つ。

こういう自分の欲望や夢にフォーカスすることが大切。

私は人生をそんな未来にしたいので、楽しく不動産投資に没頭出来て行動エネルギーに変換してます。

夢があなたの行動力を押す原動力になるはずです。

 

不動産投資に必要なものとマインド まとめ

以上まとめると

  • リスク取る
  • 行動おこす、その時間をつくる
  • 勉強する
  • 思考張り巡らす
  • 夢にフォーカスする。

 

不動産投資をするには日常生活に新しい行動をとり込まなくてはいけないですね。

かつアウトプット。

 

結局私が言うまでもなく、先人達が答えを出してくれていまして近道はないと言うのがマインドセットの結論です。

今日もどんどん自分の経験値を上げる行動にリソース回してください。

ということで、最後に私が参考にした他の本も紹介しておきます笑

 

 

地方でゆるく生きる!超現実的手段【不動産投資とブログ活用】

2019.01.02

不動産投資の始め方。不動産業界勤務が最短ルートである理由【徹底解説】

2018.12.30

不動産投資したいなら、就職すべきおすすめ会社。

2018.11.25

不動産投資の簡単な始め方。まずは地方で自分の家を買うこと。

2018.10.27

スポンサーリンク