不動産投資の始め方。不動産業界勤務が最短ルートである理由【徹底解説】

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

 

今年は不動産の物件を4件購入。

そのうち一件は投資案件で現在賃貸中。

もう一件は来年投資物件として決済予定。

他2件はこれからリノベして販売予定。

 

これらの経験ができるのも全て不動産業界に勤めてるメリットが大なんだよね。

今回はおいら自身の経験をもとに、

 

  • これから不動産投資をしたいという超初心者の人

 

に向けた、不動産業界に勤めるメリットについて書いた記事だよ。

 

不動産投資するなら、不動産業界に足を踏み入れよ。

不動産投資をしたい人が、この業界に入ると得られるメリットはめちゃくちゃあって、


少なくともこれくらいあるよ。

その中でも一番オススメする理由はこれ。

 

不動産業界の商品は賃貸物件(建物)だから目利き力を養うべし!


不動産投資を始めるにあたり、逆説的にいうと商品になる家をたくさん見て目利き力を付けること。

これに尽きる。

 

不動産投資は出口戦略が一番大事で、10年、20年経った時に購入物件がどれくらいで売れるかを考えなくちゃいけない。

今300万で家を買っても、20年後100万でしか売れなかったら差額の200万も家賃収入から稼がなくちゃいけない事になる。

だからいかに目利きしていい物件を購入するかがキモ。

 

そのために不動産業界に入って、多くの物件を見る機会を作る!

 

日中は畑違いの職場で、空いた時間に不動産勉強の人より、一日の多くを不動産のことにつぎ込んでる人とでは、成長速度が違うのは当たり前だよね。

パティシエになりたい人が、魚屋さんに勤めるなんて無いんだから。

しかもお金もらえならがら学べるんだから、いうこと無し。

 

不動産業界ってブラックでしょ?

なんて言う人もいるけど、そこで一生働くのが目的じゃないからね。

たとえブラックであっても知識を経験さえ得られれば、サクッと別の会社に転職すればいいだけ。

とにかく経験という財産得るのが目標。

不動産に触れる機会を多く持つんだ!

 

不動産業界に勤めていれば、当然に不動産投資に必要な経験を多く積める。

不動産を売るのが仕事だから、人より多くの売買契約に携わることができて当たり前。

だから相場、必要な経費や購入の流れ、客付方法などの流れがわかる。

それにイレギュラーなケース、(再建築不可の物件や、境界確認、瑕疵担保などの不動産取引でよく揉めるポイント)なんかもお金もらいながら学ぶことができる。

あなたが不動産投資を始めることが目的だから、業務の全てが勉強になる。

 

  • 契約書や重説の雛形
  • 調査ポイント
  • 交渉力
  • ネットワーク

 

あなたが不動産投資で成功したあかつきには、会社を去る日がやってくる。

その時に必要なノウハウ、書式、資料を会社から毎日コツコツパクらせてもらうべし。

 

不動産業界に勤めているといい物件が手に入る!

おいらが今年手に入れた物件は売主さんから預かった物件。

一年ほど売りに出していたけど、なかなか反応がなかった。

売主さんもグッと値段を落としてくれたから、うちで購入することにしたんだ。

※写真はリノベした時のもの。

綺麗にリノベしたので1ヶ月かからずサクッと入居者決まりました。

 

不動産業界に勤めていたならそういう物件にきっと出会える。

さらに司法書士とのつながりが出来ると、任意売却物件の情報も入ってきて、安く物件を買う機会にも恵まれる。

さっきも言ったけど、不動産投資は川上でいかにいい物件を安く変えるかがキモ。

売主さんと直接話できるし、内情を知って指値が出来るから交渉もしやすい。

いい物件に出会えればあなたが購入する。

いうことないんじゃないでしょうか。

 

不動産投資を始めると、圧倒的に知り会いたい人。それは信用できる業者さん

不動産投資を始めると、必ず建物の修復が必要。

その時に信頼のおける業者さんを見つけるのって、ひと苦労なんだよね。

  • 大工さん
  • 屋根屋さん
  • 設備屋さん(水道業者)
  • クロスやさん
  • 電気屋さん
  • 外構屋さん
  • 左官屋さん
  • サッシ屋さん
  • ガス屋さん

 

それも業界にいれば、自ずと業者さんとのパイプを作っておくことができる。

会社ぐるみでお付き合いしてるリォーム業者がいるはずだし、気に入らない業者さんなら仕事中に新規開拓してもいい。

 

業者さんでなく、

  • 司法書士
  • 税理士
  • 土地家屋調査士

 

との連携も必要。

とにかく不動産業界に勤めながら、長くお付き合いできる良い業者さんを見つけておくことは超大事だからポイントとして抑えておこう。

 

不動産業界にいれば宅建士の勉強もできる!

不動産投資するなら、是非ともオススメしたいのが宅建士の資格。

宅建士の資格がないと困るのは、宅地建物取引の際に義務付けられている

重要事項説明書

の説明ができないから。

要は一人で契約を完結することができないんだよね。

そうなると得られる経験値も必然的に低くなる。

 

さらに将来不動産投資家として活動していく際、宅建士の資格を持っていれば法人が作りやすい。

おいらのように不動産会社を立ち上げることが出来るし、お店を持つことで不動産の情報も川上で手に入れることが出来る。

物件を安く仕入れることが出来る方法だから、法人を作るメリットは大きいし、さらに節税にもなる(ここでは詳しく説明しないけど、売却の時有利)

宅建士の資格を持つメリットはこの記事にも書いたから参考にして。

宅建士のメリット、デメリットは?資格で人生優位にするべし。

2018.07.12

 

不動産投資の始め方。不動産業界勤務が最短ルートである理由【徹底解説】

以上をまとめると、

 

  • 建物(商品)の目利き力が養える。
  • 相場がわかる。
  • かかる経費がわかる。
  • 情報を風上で仕入れることが出来る。
  • 業者さんとのパイプを作ることが出来る。
  • 宅建士の資格勉強ができる。

 

 

 

USJを立て直し屈指のマーケッターとして名高い森岡毅さんの名著にも書かれてたけど、いかにリソースを不動産投資にぶっ込むかがキモ。

だからこそ不動産投資で成功するには不動産業界に勤めるのが一番手取り早い。

 


少しづつの積み重ねを投資活動に充てる。

そうすればあなたも毎月副収入で月10万円くらいの収入は得ることができるようになるよ。

 

どうせ会社で消耗するなら、

未来につなげられる時間の使い方

を腹に据えて行動してみてね。

 

不動産業界に勤めてみたい方はこれらの記事をどうぞ。

就活成功に導く!こっそり教える転職サイトを使い倒す方法!

2018.09.20

未経験で不動産業界に入るための方法と工夫。

2018.06.01

未経験でも大丈夫!建築・不動産業界に強い転職サイト・エージェント。

2018.05.31

転職するのに良い不動産会社の選び方!

2017.12.24

スポンサーリンク