貸し農園『シェア畑』おすすめポイント。家庭菜園3年生が語る!

スポンサーリンク

田舎でのんびり家庭菜園を楽しみつつ、趣味のDIYで生計たてております。

こんにちは、いちぼです。

 

家庭菜園をはじめて早3年。

めちゃくちゃ綺麗な畑になってきてうれしー!

始めた当初からどんどん経験を積んで、手掛けた畑と出来た野菜の完成度が上がってくると何とも言えない喜びがあるんです。

 

そんなことで日ごろからもっともっといろんな人に家庭菜園を楽しんで欲しい~!

って思っていましたところ、先日私が大好きなカンブリア宮殿で見つけちゃいました!

シェア畑を運営してる

『アグリメディアさん』

 

シェア畑は耕作放棄地になった土地と家庭菜園愛好者の方の架け橋になってる会社なんです。

実は私の畑も、もともと田んぼの持ち主さんから借りてます。

もう後継ぎがいなくて困られてたところに、架け橋になってくれた近所のおじさんがいまして、そこを借りて家庭菜園を楽しめるようになりました。

いわばそのおじさんと同じことをしてくれてるのがアグリメディアさんなんですね。

 

ってことでわたくし、家庭菜園をこの機会に是非広めたくアグリメディアさんの運営する

『シェア畑』

について、どどーんと分析してみましたよ!

  • これから家庭菜園をやってみたい。
  • シェア畑っていうシステム聞いたけど、どんなのか不安。。

って人は参考にしてみてね!

 

貸し農園『シェア畑』の魅力とおすすめポイント【総論】

まずはまとめてみました。

  • 現場サポートあり
  • 手ぶらOK
  • 共同利用可能
  • 水あり
  • トイレあり
  • 休憩スペースあり

 

ほんとマジで家庭菜園してるおいらからしたらいたせりつくせり。

しかも家庭菜園で絶対欲しいものが揃ってる!

詳しく解説していきます!

 

貸し農園『シェア畑』の魅力とおすすめポイント①【現場サポート】

わたし家庭菜園3年生。

今ではこんなに綺麗な畑になって喜んでますが、

ここまでくるには非常に時間がかかったのです。

できた理由は、我が母が家庭菜園愛好者だったから。

手取り足取り教えてもらったんですよね。

家庭菜園メンターです。

 

畝の作り方から、キュウリの網のネットの付け方、マルチの使い方、土の作り方、野菜の間引きに害虫対策。

ひととおり収穫までこなせば、ある程度の基礎はできるようになるんだけど、結構学ぶべき所多いんです。

さらに野菜によって追肥の時期だったり、植え付け時期がずれてるので意外と勉強するところが沢山あります。

 

私にとって母が現場サポーターだったように、シェア畑にも頼りになるサポーターの方が付いてくれてます。

これは家庭菜園初心者の人にはめちゃくちゃ心強い味方。

週に4~6回、栽培経験豊富な菜園アドバイザーが在中してくれてるし、 分からない事は何でも聞いてください!

また月に一回程度、実演付き講習会も開催してくれてるから、迷わず家庭菜園を楽しむことが出来ます。

引用

 

 

貸し農園『シェア畑』の魅力とおすすめポイント【手ぶらOK】

実はこれめっちゃありがたくて、畑するには結構な道具がいるんですよ。

備中鍬に支柱にネットにショベルにバケツ。マルチにマルチ止めまで。

これいちいち作業する時に持っていくのめちゃくちゃめんどくさい!

しかも一回ですべての道具を運びきれないから何回も往復しなくちゃいけない。

だけどシェア畑ならこれらの道具を全て基本料金でレンタルできます。

 

 

それに道具は重いし、お金の面でも重い(笑)

わたしは1から買い揃えたけど、結構なお金かかります。

買うはいいけど、さらに悩むのが保管場所。

大きな菜園用道具は置くとこもめちゃくちゃ困る。

シェア畑はそんな農具をすべて基本料金の中で無料で貸してくれます。

有り難すぎ!

 

さらにさらに、これだけでは終わらないとんでもない仕組みがこれ。

当農園では種や苗、肥料が全て揃っています。

病害虫に強い丈夫な苗を選んでいますので、初心者の方でも種選びや肥料選びで失敗しません。

神サービス。(笑)

肥料や苗までサービスって。

苗も買うとそれなりにするんですよ。

堆肥も買いに行くと重いし、かさばるし、運ぶの大変。

これはうちが使ってる堆肥。

結構大きいでしょ。

 

そんな悩みを解決してくれるシェア畑の無料農具・資材レンタル。

かゆい所まで手が届く、べりーベリーグッドなサービスです!

 

貸し農園『シェア畑』の魅力とおすすめポイント【共同利用可能】

家庭菜園してると一番のネックになるのが、

『時間管理』

シェア畑のサイトでも紹介してるように、やっぱ最低限1週間に1回は作業が必要です。

だけど共同利用にして仲間同士で管理しあえば、2週間に1回とかにもできるし、収穫も仲間で楽しめる。

うちも収穫の時に、親戚呼んでおいも堀り。

子供たちもめっちゃ楽しそう!

仲間でつくった野菜でバーベキューすれば盛り上がること間違いなしです。

さらにお財布にもやさしく費用もシェアでOK!

シェア畑をさらにシェア。

このサービスを使えば、無理なく野菜作りを楽しめます!

 

貸し農園『シェア畑』の魅力とおすすめポイント【水・トイレ・休憩スペース】

じつはこれ貸し農園の弱点。

うちも畑に子供たちを連れてくと急に、

『おしっこ!』

とか言い出すんですよ。

これが笑いごとで済まされないんです。

トイレなんてものは、畑にはもちろんございません。

だから家まで連れていってさせなくちゃいけない。

※うちはたまたま家の隣だけど、家から遠い人はoz。。です。

 

それと水も深刻。

うちの周りで借りてる近所の人は、畑まで家から水運んでる。

水は大変よ。

超重いから。

 

さらに畑作業も、1時間したら体力消耗。

お茶飲んで適宜休憩を挟まないと、夏場なんて倒れちゃう。

なんて畑運営に関するそんな悩みを、シャア畑は全て解消してくれてる。

 

 

注意
借りるシェア畑の場所によってサービス内容がかわるので借りる前は要確認

 

ただ土地を貸してくれるだけじゃない。

畑運営が楽しく出来るアイデアとインフラをきちんと整備してくれてます。

 

貸し農園『シェア畑』の魅力とおすすめポイント【注意ポイント】

ココからは貸し農園『シェア畑』を借りる際の注意ポイント。

①費用

シェア畑は主に都市部で運営してます。

おいらが住んでるような田舎は普通に庭でも出来るからね。

なので賃料が当然発生します。

注意は借りる場所で賃料が変わること。

ちなみに千葉県流山おおたかの森 久兵衛体験ファームで見て見ると、
  • 入会金10,000円
  • 3㎡:5,926円
  • 10㎡:7,593円〜

という感じ。

シェア畑は無料見学が出来るので、まずはこれを使って畑の雰囲気や続けられるかをチェックするべしです。

 

貸し農園『シェア畑』の魅力とおすすめポイント【まとめ】

以上まとめると、

  • 現場サポートあり
  • 手ぶらOK
  • 共同利用可能
  • 水あり
  • トイレあり
  • 休憩スペースあり
  • 無料見学あり

 

作った野菜をインスタでアップしたり

 

ツイッターで報告したり、


美味しく食べたり!

 

お金は多少かかるけど、

  • 友達とのコミュニケーション、
  • 子供たちとのコミュニケーション、
  • 夫婦のコミュニケーション、
  • 地球とのコミュニケーション

 

を得ることが出来る畑は最高ですよ!

 

都会の真ん中でつくる無農薬野菜。

是非あなたもシェア畑の無料見学からはじめてみてね。

スポンサーリンク