住宅営業の仕事内容を1週間でまとめてみた。就職希望の人必見。

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

ハウスメーカーにつとめて18年。

その中でいろんな部署につきましたが、住宅営業に携わってた時が一番長かった私。

今回は

  • 住宅業界に勤めてみたい!
  • でもどんな仕事内容してるの?
  • 住宅営業マンの1日が知りたい!

 

って人に贈る記事にしましたよ。

未経験でも大丈夫!建築・不動産業界に強い転職サイト・エージェント。

2018.05.31

 

プロローグ

先に話しておくと住宅営業マンの仕事の目的は

受注

です。

これを達成するために、下記の3本柱の業務を1週間のスケジュールに入れていきます。

  • 見込み客発掘
  • 追客活動
  • 契約後のフォロー

 

では本編で詳しくどんな仕事をしているか紹介します。

 

住宅営業マンの1日。どんな仕事内容? 月曜日

朝一会議。

※会議は会社によって回数やする日が違うと思います。

先週1週間の進捗状況を報告。

追客してるお客様。

今月契約見込みのお客様。

いま追客出来るお客さんがいない場合は、今週はどう営業活動するかなどを報告。

 

成績が芳しくないと、とても居づらい空間です。

見込み客がたくさんいると日曜日にサザエさん病にはなりません。

1週間で一番胃が痛い1日です。

 

土日打ち合わせしたお客様の資料まとめ。

追客するお客様がいる場合。

土日に打ち合わせした内容で資料を作成します。

私が勤務していたハウスメーカーは間取りも営業マンが作成していました。

なのでお客様の予算、間取りの希望を把握してプランや仕様を決めて、内勤に見積もりやプレゼンの作成依頼をします。

次の土日の打ち合わせまでに資料を作成しなくちゃいけないので、月曜日・遅くとも火曜日には内勤者に依頼を掛けないと間に合いません。

他にも営業マンが依頼を掛けてますし、中4日は見てあげないと、今日言って明日というわけにはいきません。

 

ただ、その辺がわかってない営業マンもいて、そういう人は内勤者に嫌われます(笑)

内勤者にも心遣いが必要です。

 

追客出来る見込み客がいない場合

展示場で張り付いてるか、見込み客のランクアップ資料(住まいづくりのポイント)なんかを作って、手持ち名簿に配り歩いてました。

 

住宅営業マンの1日。どんな仕事内容? 火曜日

基本休み

月曜日でまとめれなかった依頼書作成等で休日出勤。

基本建築・不動産業界は、火・水・木のいずれかうち、2日が休みになっています。

私が勤めてた会社は火曜・水曜日が定休でした。

 

住宅営業マンの1日。どんな仕事内容? 水曜日

基本休み。

水曜日は必ず休むようにしてました。

仕事の事は忘れ、妻と出歩きます。

平日休みが最高でしたが、共働きの方は休みが合わず辛いかもしれません。

 

未経験でも大丈夫!建築・不動産業界に強い転職サイト・エージェント。

2018.05.31

 

住宅営業マンの1日。どんな仕事内容? 木曜日

基本展示場で張り付いてます。

たまに平日に来るお客さんがホット客だったりします。

出来るだけ展示場に貼り付いて見込み客を見つけるのが、営業マンの仕事です。

 

補足

20年前は飛び込み訪問なんてしてましたが、今時それで家を建ててくれる人なんていません。

そんなことする暇があったら、フェイスブックやブログでこれから家を建てる人の役に立つ発信をしておいたほうがいいです。

そして展示場に来展してくれたお客様にそのサイトをあいさつ代わりに登録してもらうのがベスト。

そうすればいつか家を建てる時期が来たらまた声をかけてくれる可能性が高いです。

出来る営業マンは一度接客したお客様が再度会いに来展してくれることが多かったです。

次につなげる営業活動を普段継続させるのが大事です。

 

住宅営業マンの1日。どんな仕事内容? 金曜日

出てきた資料のまとめ

内勤に依頼を掛けていた資料のまとめです。

いくらで見積もりを提示するか?

今建築中の案内できる現場はないか?

等々、

土日打ち合わせの資料を展示場で張り付きながら作成します。

展示場にお客様がいらっしゃたら中断して、すぐに案内に出動します。

 

イベント設営

土日にイベントをすることが多いです。

なのでそれに合わせて、展示場の飾りつけや、お客様のお家をお借りしての現場見学会の設営などに赴くこともあります。

よほど大きなイベントがない限り、前日の金曜日にやってしまうことが多いですね。

 

住宅営業マンの1日。どんな仕事内容? 土曜日

土日は営業マンの書き入れ時です。

展示場に来展してくれるお客様も多いですし、商談中のお客様もほとんどが土日に打ち合わせが入ります。

見込み客が多いときは1日4件の打ち合わせが入ったこともありました。

(10時、13時、16時、19時。こんなことは今の時代まずないと思います)

 

さらに、既に契約をすましたお客様の内装・仕様打ち合わせなんかも入ってきます。

その他、地鎮祭・上棟式・引き渡し等のイベントが入ります。

 

住宅営業マンの1日。どんな仕事内容? 日曜日

日曜日もほぼ土曜日と同じ内容です。

基本は展示場での接客をメインとします。

ここで次の会議で突かれることがないように(笑)見込み客の発掘を行います。

 

曜日関係なく随時携わる仕事。

見込み客発掘活動。

手持ち名簿まわり。

OB客訪問して紹介キャンペーンの案内。

展示場センター名簿への電話訪問などのアプローチ。

※うちの展示場には来展はなかったけど、総合受付で入手した名簿が配られます。そこからの見込み客発掘作業。

 

追客活動

追客中のお客様の現場案内。(契約いただくための商談アイテム)

融資の取りまとめ(契約前の事前のローン確認)

土地情報入手(土地から探している人のために、不動産店さんをまわって物件収集)

建築地の法的制限などの調査。

契約書の作成。

追客活動の内容打ち込み。

 

契約したお客様

現場の進捗状況報告や、工事途中の現場案内。

補助金などの申請業務。

税金調査。

契約後の仕様変更にともなう追加変更などの精算業務。

土地の決済。

等かなり多岐にわたります。

 

まとめ

住宅営業マンの1週間、いかがだったでしょうか?

ハウスメーカーによって仕事の役割分担が違うので、若干の違いはあるかと思いますが、基本住宅営業の最終目的は受注です。

これ以外ありません。

冒頭でも話しましたが、最終目標を達成するためのメインの3本柱が

 

  • 見込み客発掘
  • 追客活動
  • 契約後のフォロー

 

になります。

そしてこの目的を達するための行動を1週間に落とし込むことになります。

 

正直契約が取れない時もあります。

見込み客がなかなか見つからない時もあります。

そんな時は苦しいですが、日夜サラリーマンという立場にあぐらをかかず、やるべきことをしっかりしてれば成績はおのずと付いてきます。

頑張ればお客様に一生喜ばれますし、紹介もくれますし、たくさんの受注を取れれば収入もアップします。

あと住宅に携わってると、税や家のことなど実生活でも役に立つことが満載なので、突き詰めると面白い職業です。

独立も可能です。(わたしがそうです)

責任も伴いますがやりがいはかなりありますので、興味ある方はぜひチャレンジしてみてくださいませ!

(^^)v

 

未経験でも大丈夫!建築・不動産業界に強い転職サイト・エージェント。

2018.05.31

スポンサーリンク