住宅展示場アドバイザーは仕事内容は?働く場所としておすすめなの?

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

約18年のハウスメーカーでのサラリーマン生活を通じてわかったことがある。

それはお金じゃなく、精神的余裕が必要って事。

 

はっきり言って営業はノルマがあるからきつい。

ハウスメーカーで働く場合のねらい目は

『住宅展示場アドバイザー』

『設計』

『積算』

『総務・事務』

『インテリアコーディネーター』

『工事監督』

 

今回は

『住宅展示場アドバイザー』

に絞って、この仕事に興味を持ってる人のために、どんな事をしてるか紹介するね。

 

住宅展示場アドバイザーの仕事① 接客・案内

アドバイザーのメインの仕事のひとつが接客。

展示場で待機して、お客様が来たら展示場を案内する仕事です。

最終目的は取ったアンケートを営業マンに渡してあげること。

契約見込み客の情報収集ですね。

はっきり言って全然難しくありません。

何度か経験したら誰でも出来ますし、家の事もパンフレットとか営業マンの先輩たちが教えてくれるので全く問題なしです。

 

基本は営業マンが接客します。

来場者は見込み客であり、契約してくれるかもしれないお客様だから営業マンは展示場にへばりついて(笑)いいお客さんに出会えるようにしてます。

接客は営業マンが何らかの理由で出払ってる時か、待機してる人数以上にお客様が来展してる時かのどちらかです。

 

接客が上手だとお客様が心開いてアンケートに詳しく情報を書き込んでくれるので、接客技術の見せ所ではあります。

良い情報は営業マンが飛んで、泣いて喜びますので(笑)

 

住宅展示場アドバイザーの仕事② プレゼン作成

営業マンがお客さんと打ち合わせするための資料をつくります。

営業マンはお客さんと打ち合わせして、プランを作成します。

手書きプランをパソコンで綺麗にまとめるんですね。

 

ハウスメーカー独自のプレゼンソフトがあるのでそこに間取りを打ち込むと綺麗に製図してくれて、パースや立面図まで出来上がります。

あと提案する家に使われてる外壁・瓦やキッチン・洗面・浴室・トイレなどの仕様書(これも雛形あり)をつくります。

これが一番のメインの仕事になるかな。

 

大体営業マンの打ち合せは土日になることが多いので月曜日に依頼を受けて週末までに作成するってかんじです。

(営業マンの人数でこなす量もかわります)

 

住宅展示場アドバイザーの仕事③ 掃除

言わずもがな掃除ですね。

展示場は夢を売ってるので綺麗に保っておかないといけません。

ここ怠ってしまってて、埃が積もってたりするとほんとにお客様が引いて行きます。

地味ですが重要です。

掃除嫌いにはきついかもですね。

 

住宅展示場アドバイザーの仕事④ 接客補助

接客補助の仕事はお茶出し、あと子供の世話。

これがアドバイザーの仕事で一番大変ですね。

 

住宅を購入する方はやっぱり20代30代の夫婦が多いです。

子供が出来てアパートだと手狭だからっていう理由が多いです。

そんな方の場合、打ち合わせで子供さん連れになるんですね。

 

打ち合せ中は子供が暇になるので、DVD見せてあげたり、おもちゃで遊んであげたりして接客補助をします。

子供が嫌いだとかなり苦痛かもしれません。

憎たらしい子供もいますから(笑)

 

冗談はともかく子育て終えた女性の方ならハードルは低いかもしれません。

 

住宅展示場アドバイザーの仕事⑤ 辛いところ。休み

イベントなども開催されるので、住宅展示場のメインは土日。

お客様でにぎわいます。

なので基本休みは平日です。

 

小さいお子さんがいる主婦や、独身でも付き合ってる男性の方の休みが土日だと辛いですね。

ハウスメーカーの休みは基本火曜日か水曜日か木曜日。

仕事内容自体は正直楽ですが、ココが一番のネックかもしれません。

 

住宅展示場アドバイザーの仕事⑥ 大変な所

一日中展示場にこもりきり。

外に出ることは基本ありません。

出る時は展示場周辺の掃除くらいですかね。

 

嫌な上司がいたら辛い。

配属された展示場に嫌な先輩上司がいるときつい!

会社ならほかにもたくさんの社員さんがいますし、他の女性スタッフの人もいるのでいろいろ話せて気晴らしが出来ます。

だけど営業マンは基本男ばかり。

1展示場に配属される営業マンは5名前後。

(転勤はあるのでメンバーが時折変わりますが)

四六時中そのメンバーと一緒なので性格が合わない人たちだと苦痛を伴いますね。

 

住宅展示場アドバイザーの仕事 【まとめ】

以上まとめると

  • 接客・案内
  • プレゼン作成
  • 掃除
  • 接客補助
  • 休みが平日
  • 嫌な上司先輩がいたら苦痛。

 

基本住宅アドバイザーの仕事は気楽です。

プラスすまいに関わる仕事なので、これから自分が家を建てたいときにもいろいろ見れて役立ちますし、インテリアなんかもおしゃれにしてあるので見てるだけでたのしいです。

勉強すればインテリアコーディネーターの資格も取れます。

反面、正社員の口は難しくなってます。

アドバイザーの仕事を狙うなら、まずは派遣で行くのがいいでしょう。

時給も1300円~1400円てところもあります。

 

仕事内容の割にはかなり時給はいいです。

登録しておいてアドバイザーの仕事が来たら声をかけてもらうようにしておくのがおすすめです。

そこから正社員の口もあったりするので。

リクナビ派遣

さんなら大手なので全国津々浦々募集中なので、登録も1分くらいでできちゃいますから、おすすめですよ。

 

今回は展示場アドバイザーの仕事について紹介しました。

家の仕事は面白いので興味ある人はチャレンジしてみてくださいね!

 

女性の転職は不動産業がおすすめだと思う理由。

2018.06.18

未経験でも大丈夫!不動産業界に強い転職サイト・エージェント。

2018.05.31

派遣が悪い?正社員偉い?こだわる必要感じると人生損な理由。

2017.07.20

スポンサーリンク