宅建士のメリット、デメリットは?資格で人生優位にするべし。

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

前回の記事でも書いたんだけど、

今不動産投資の計画を実行中!(H30.7現在)

不動産投資を始めるよ!今するべき理由を考察してみた。

2018.07.09

 

わたくし今、不動産・リノベーション・保険でご飯を食べてますが、やっぱり不動産については

『宅建士』

の資格がバリバリ活きております。

私がサラリーマン時代に取得した『宅建士資格』をどう活用しているか。

そのメリット・デメリットも含めてその魅力を分析してみました。

 

これから宅建士の資格を取りたいと思ってる人。

取って不動産業界で活躍したいと思ってる人

は参考にしてみて下さい。

 

宅建士資格を取得して得たメリット① 給与が上がった【サラリーマン時代】

 

会社にもよりますが、私が勤めていた会社では『資格手当』で月1万円付けてくれました。

※後日不景気のあおりでなくなっちゃいましたが。。。ガォ。

 

勤める会社によって違いはありますが、『資格手当』を付けて給与に反映してくれる会社は少なくありません。

資格を持ってるだけで月一万円も付けてくれたら御の字ですよね。

周りの人とも差をつけれるのでちょっと鼻高くなるんですよ(笑)

周りの見る目、評価も変わるってことです。

 

宅建士資格を取得して得たメリット② 実務経験が付いた【サラリーマン時代】

勉強して資格を取るとそれだけ知識がつくって事です。

当たり前なんだけど、社会人なってから自分に自己投資する人って少ないんですよね。

 

資格取って実務経験を費やしていくと、当然のごとく自然にその知識を使って稼ぐ力が付いてくる。

世間で通用する力が身に付くんです。

人よりも詳しい知識があるってことはこれから生きてく上で相当の武器になります。

人は困ったときその知識を持ってる人に相談にいきます。

当たり前ですよね。

そしてそれがあなたなら、それがお金に変わります。

たとえば、

 

  • 相続した土地・建物を処分したい。
  • 処分したい不動産の査定をしてほしい。
  • 家を建てたいから、土地を探してほしい。
  • 中古住宅を探してる。
  • 結婚したから賃貸物件を探してる。

などなど。

 

取得した知識・資格・経験ははきっとあなたを助けてくれる!

助かってる私が言うんだから間違いない!(笑)

 

宅建士資格を取得して得たメリット③ 転職活動が有利に働いた【サラリーマン時代】

わたし前職時代、今だから言えるけど結構転職活動繰り返してました。

その時履歴書に

『宅建士』

資格が書けると相当メリットなんですよね。

 

資格を取るために自分が業務の傍ら計画的に勉強時間を確保したこととか、目標設定してやり遂げる力がある!

とか履歴書に書けると、会社側から見ればかなり魅力的に感じるもの。

だから私は書類選考では一度も落ちたことなかったです。

面接で落ちたことはありましたけどね。(笑)

でも転職でかなり有利になることは確かです。

宅建士取りたい人はこの記事がおすすめです。

おすすめ宅建士講座【現役不動産屋さんが分析】

2018.12.07

 

宅建士資格を取得して得たメリット④ 独立できてお金が稼げた【起業時代】

結局転職はせずに起業したわけなんだけど、その時も今もかなり『宅建士』の資格には助けれてます。

これがないと宅建営業許可もらえませんからね。

 

宅地とか建物販売したり、仲介する時は絶対に必要な資格なんです。

宅地建物取引業を営む場合は、

『専任の宅建士』

を在中させなくちゃいけない。

いわゆる社員ですね。

もし持ってなかったら、宅建士の資格を持ってる人を雇わないといけないことになる。

 

そんなの費用が掛かってしょうがないよね。

私は資格を取ったおかげでお店を開店させることが出来たし、そこから商売になって収入を得ることが出来てます。

なかなか独立っていうとハードル高いかもしんないけど、宅建士は国からのお墨付きをもらった独占業務が出来る仕事だから、美味しい部分があるんですよ。

2,000万円の1回の仲介取引で、税込み最高140万ほどの報酬が手に入れることも可能。※最近そんな取引がありました。

 

都会に行けば会社の運転費用もかかるけど、もっと値が張る取引なら高額の仲介手数料になります。

しかも家には引っ越しやリフォームなど付随するものがたくさんあるから、不動産以外でもキャッシュポイントがたくさんつくれます。

私はお客様の土地を駐車場運営として使わせてもらってて、毎月ちょっとしたお小遣いを稼げてます。

 

 

宅建士資格を取得して得たメリット⑤ 自分の商品をつくれた【起業時代】

宅建士の資格を持ってると、家の売買のハードルがさがります。

なので私は中古住宅を買い取ってリノベーションして再販したり、今は中古住宅を購入・リノベーションして賃貸に出す事業に取り組んでます。

すなわちこれは商品を仕入れて、加工して販売に出すという自分なりのオリジナル商品。

 

不動産仲介業は在庫がいらなくて、利益率もとても高い良い稼ぎになるんですが、自分だけのオリジナル商品をつくるビジネスモデルが一番利益率が高くて、お客様も選べる殿様商売。

それが『宅建士』の免許を持つことで可能になるわけです!

これからも宅建士の資格を持ってどんどん自分の商品を売り出していく予定ですよ!

 

宅建士資格を取得して得たメリット⑥ 情報が入りやすくなる。

わたしは宅建士の資格をもって不動産仲介業の会社を立ち上げました。

会社をしてると売って欲しい人からも声がかかります。

不動産業界の横のつながりも出来ます。

 

家を売って欲しい人から声がかかると、自分でその物件を購入することもできます。

仕入れをしてることが同業者さんに知れ渡れば、世間に出る前のお得な情報もくれる不動産業者さんが現れます。

そうすることで私は安くで購入で来た不動産を投資物件に変えたり、リノベーションして販売して利益を得ています。

宅建士の資格があるからこそ、魅力ある情報が手に入ってます。

 

宅建士資格を取得して得たデメリット① 取得に時間がかかる。

 

宅建士の資格を取得するには、しっかり勉強が必要。

異業種で働きながらだと一生懸命4時間、5時間やって約10カ月くらい。

不動産業界で勤めてたり、学生で時間が有り余ってる人で最短でも、半年くらいはまじめに勉強時間が必要になってくるんじゃないかな。

それなりの時間と参考書や講義を受ける場合は受講料がかかってくるから、ある程度投資が必要になってきます。

でも当然ですよね。

一生ものの国家資格を手に入れることが出来るんですから。

しかも宅地建物の売買・仲介の独占業務を取り扱うことが出来る資格です。

投資する価値大ですよね。

今は私が取得した時代とは違って、WIFIさえあればいつでもどこでも授業を受けることが出来る便利な講義があるし、費用も一般的な資格学校よりも格段に安く受けることが出来ます。

 

宅建士取りたい人はこの記事がおすすめです。

おすすめ宅建士講座【現役不動産屋さんが分析】

2018.12.07

 

私は独学でやったから一年半くらい毎日6時間くらいしてやっと取りましたから。

先輩なんて10万以上資格講座に往復2時間かけて通ってましたよ。

※落ちてましたけどね。だって通学時間すら勿体ないですから(笑)

今はほんとにいい時代ですね。

 

宅建士資格を取得して得たデメリット② 取得しても自分にあう資格がわからない。

これは致命的!(笑)

いくら宅建士の資格を持っても、やっぱり肌に合う合わないはあるんですよね。

宅建士の仕事は法律的な知識・建築の知識もさることながら、対人スキルも必要になってくる。

って言うのも不動産仲介は人と人との間を取り持つ仕事。

 

ものすごく高い対人関係のスキルが必要なわけじゃないけど、問題なくスムーズに契約を取りまとめるためにはそれなりの対人スキルは必要になります。

そこの部分がまったく肌に合わないと、いくら宅建士の資格を取得しても、猫に小判、宝の持ち腐れで終わります。

やってみなくちゃわからないけど、よっぽと自分に合わないな、って思う人は無理に勉強するのはやめましょう。

時間(人生)の無駄ですから。

 

宅建士資格を取得して得たデメリット③ 仕事が多くまわってくる。

ハウスメーカーでのサラリーマン時代。

宅建士の免許を持ってるがばかりに、先輩・上司・後輩の建売住宅や土地の契約書や重要事項説明書の作成を頼まれたり、契約時の重要事項説明書の説明をさせられるなどの(重要事項説明書の説明は宅建士の免許を持ってないと出来ない)仕事を振られました。

要は周りの人が宅建士の資格がないと出来ない仕事関連をまわされるんですね。

その分する仕事が多くなる。

 

いくら資格手当をもらってるとはいえ、やっぱ人の仕事は面倒くさいんです。

でも後輩に頼まれたら断れないですよね(笑)

その時は実務経験を積む修行期間として割り切って仕事受けましょう。

きっとそれはあなたの人生を助けてくれる知識・経験になります。

 

宅建士資格を取得して得たメリット・デメリット まとめ

以上をまとめると

【メリット】

  • 資格手当がある会社なら給与が上がる!
  • 人より人生の糧になる実務経験が付く!
  • 転職活動で履歴書にドカンと書けて有利に働く!
  • 独立できてお金が稼げる!
  • 自分の商品をつくることが出来る!

 

【デメリット】

  • 取得に時間がかかる。
  • 取得しても自分にあう仕事かどうかわからない(不動産業未経験のひと)
  • 会社勤めの人は、仕事が多くまわってくる可能性がある。

 

40過ぎたおっさんが6年目のフリーランス人生を迎えることが出来るのもひとえに

『宅建士』

の資格を持ってるからにほかなりません。

ほんとにサラリーマン時代、さぼって時間を作って取得した甲斐があります(笑)

 

でも取れてほんと良かったんですよ。

しかも同期の中では一番早く取りました。

先輩よりも早く取りました(笑)

だからそれだけ会社にも評価されました。

早く取ればとるほど良い評価は積み重ねられるんですよね。

 

しかも持ってない人より出来る仕事の幅が多くなります。

その結果、まわりよりたくさんの経験知識を積むことが出来ます。

その知識経験を頼りにする人の役に立って、あなたはより高いステージで高い報酬を得ることができるんですよ。

 

それはもう自然の摂理。

悩んでる場合じゃないんです。

今すぐその美味しい立場に立てるように行動起こす。

だって人生は一度きり。

人生の中でメインステージに立てる時間が多いほど幸せな人生を送ることが出来るんですから。

早く動く、そして人生の選択肢の幅を増やし、先行者利益を勝ち取りましょう。

 

宅建士の資格でのんびり田舎ライフを満喫中のわたしがおすすめする宅建講座の記事はこちら。

おすすめ宅建士講座【現役不動産屋さんが分析】

2018.12.07

スポンサーリンク