未経験でも大丈夫!不動産業界に強い転職サイト・エージェント。

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

おいらが起業して約6年目。

本当に建築・不動産業界にいて良かった!

約20年のハウスメーカーでの経験もあって、今も自信を持ってそう言える自分がいるんだ。

※理由は最後のまとめでお伝えしてます。

そんな経験を踏まえて、これから不動産業界に就職や転職を考えてる若い人たちに、その理由とおいらよりも断然ショートカットで希望の会社を探せるおすすめ転職エージェントをみんなに紹介するぞ。

 

【1】現役不動産業界人がおすすめする転職エージェント!

業界最大級の求人数 DODA

豊富な求人数、エージェントの手厚いサポートが魅力。

求人数が多いこともあって取り扱っている不動産の仕事も多数あり。

応募書類の書き方から面接の心構えまでプロのキャリアアドバイザーがあなたの強み・弱みを分析してアドバイスしてくれる。

不動産の業種も豊富に揃ってるから、目移りするかもしれないけどしっかりキャリアアドバイザーにサポートしてもらって自分に合った仕事をみつけてね。

 

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

転職サポート:★★★★☆

 

DODAエージェントサービスの登録はこちら。

 

非公開案件も多し!マイナビエージェント

都市部の仕事に強いマイナビエージェント。特に関東の仕事に強い転職サイト。

求人案件は若干少な目だけど、非公開案件も多く持ってる。

都市部中心に探してる人は濃い情報があると思うので、エージェントに相談して募集案件を精査してもらおう。

 

おすすめ度:★★★☆☆

求人数:★★★☆☆

転職サポート:★★★★☆

 

 

顧客満足度NO.1 リクルートエージェント

大手リクルートさんが運営する転職エージェント。

顧客満足度80%と高く、転職支援サービスに申し込みすれば面接力向上セミナーも無料で参加できる。

名の通ったエージェントで安心度も高い。

 

おすすめ度:★★★★☆

求人数:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆

 

転職決定人数部門第一位 ワークポート

ワークポートグループさんは、株式会社リクルートキャリアが主催する

第18回 2017年度上半期リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて、

201 7年11月7日に『転職決定人数部門 第1位』を受賞した転職エージェント。

(集計期間2017/4~2017/9 第15回(2015年下半期)から4回連続の1位受賞)

 

もともとIT関連が主戦場だったけど、2014年から総合転職エージェントに幅を広げた【総合人材紹介会社】だよ。

不動産業界の案件はまだ大手に比べて少ないかもしれないけど、転職コンシェルジュと呼ばれるプロの転職集団を擁して、情報の提供、書類の添削、面接対策、年収交渉、円満退職まで、完全サポートしてくれてるから安心だよね。

一度覗いてみるといいよ!

おすすめ度:★★★★☆

求人数:★★★☆☆

転職サポート:★★★★★

 

強み診断ツールを使った転職サイト リクナビネクスト

上記と同じくリクルート社さんが展開している転職サイト。

こちらはエージェントのようにキャリアアドバイザーのようなシステムじゃないけど、

 

①リクナビNEXTだけの限定求人が約85%

②スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

③グッドポイント診断で、自分の強みを分析!

 

 

というようなメリットがある。

エージェントタイプよりもう少し気軽に探したいって方にはおすすめ。

おすすめ度:★★★★☆

求人数:★★★★☆

転職サポート:★★☆☆☆

 

 

【まとめ】未経験でも大丈夫!不動産業界おすすめ転職エージェント!

おいらが考える未来の不動産業界。

労働力軽減スキル ★★★★★

商品化スキル ★★★★☆

専門性スキル ★★★☆☆

将来性スキル ★★★★☆

これから人口が減って家があまってくる状態なのに、不動産なんてあるかよ!

って突っ込まれてるあなた!

その答えは半分あってて、半分間違ってる。

 

おいらが考えるこれから伸びる業種って言うのは

『自分自身で売れる商品をつくれるかどうかに、関われる仕事』

あなたの収入を増やしてくれる商品をつくれるスキルが身に付く業界なんだよね。

 

つまりおいらがなぜ不動産業界をおすすめなのかというと、

『不労所得を得られる商品をつくるスキルをもたらす可能性がある職業だから』

なんだ。

 

普通ならこれからは高齢者の人口が増えて、介護や医療が伸びる業種ってことはわかってる。

だけどそれは労働力の提供であって、不動産程商品化できる業種じゃないんだよね。

ここがキモ。

 

  • 不動産の知識があれば、中古住宅を購入して借家事業も展開できる。
  • おいらみたいに中古住宅をリノベーションして販売することもできる。
  • シェアオフィスやシェアハウスの運営だって出来る。
  • 土地を駐車場として利用して所得を得ることもできる。
  • 自分で売り物件・賃貸物件などの商品をつくってまわすことが出来る。

 

※おいらは土地を所有してないので、地主さんの土地の草刈りなどの管理を任せてもらって駐車場として転貸してる。

 

そこにあなたなりの差別化は必要だけれど、自分で商品をつくって売れるようになると、あなたの人生の選択肢を増やすことが出来る!

そう、不動産業界はあなた自身が伸びる可能性がある伸びシロ業界。

しかも不動産業界はIT関係と違って未経験でも大丈夫なところが多い。

だから不動産業界で労働時間の対価でお金を稼がなくてもいいスキルを学ぶのが大事。

その商品をつくることが出来るスキルを学べる会社を選ぶ重要性はこの記事でも書いたよ。

転職は『いい会社』を選ぶと失敗する!選び方3つのポイント

2017.09.10

 

不動産はこれから余ってくる時代だからこそ身近なものになって、それを活かすスキルを持ってると人生のアドバンテージになるんだ!

ただし決して楽して稼げるわけじゃないよ。

就職しても自分の商品つくるには勉強は必要だからね。

まずは不動産の知識を蓄えて自己研鑽!

そこが楽しいと思える人は是非登録してみてね!

 

不動産業界に就職・転職考えてる人は、この記事も読んで参考にしてみてね。

不動産業で賃貸管理&賃貸仲介業の求人はおすすめできない理由。

2018.03.06

転職するのに良い不動産会社の選び方!

2017.12.24

スポンサーリンク