不動産業で賃貸管理&賃貸仲介業の求人はおすすめできない理由。

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

不動産の仕事をはじめて早5年。

基本は「中古 ✕ リノベーション」の再販を軸に仕事をしてるけど、普通に売買や賃貸物件の仲介も仕事として頑張ってるよ。

そんな業務を通じて、自分が一番嫌な仕事が賃貸の仲介or管理。

おいらは正直この仕事は捨ててる。

その理由をみんなにシェアするよ!

スポンサーリンク

不動産業で働きたい人に。賃貸管理業の求人はおすすめできない理由。

自分のペースで仕事が出来ない。

みんな聞いて。

仕事で今日の予定をしっかり組んでたのに、いきなり朝からクレームが入って走り回らなくちゃいけない状態。

想像しただけでもゾッとしない?

そう、賃貸管理で一番嫌なのは

『時間をコントロールできないこと』

賃貸管理って言うのは大家さんから家賃の3%とか5%くらいを毎月いただいて、入居者からのクレームの窓口や、アパートの掃除、器具の故障なんかについて対応する仕事。

管理することで空室が出た時は、メインでその部屋の空室募集が出来たり、一定の管理収入が入ってくるのがメリット。

なんだけど、おいらはそんなことより入居者からの突然のクレームとかで、自分の時間を割かれるのが一番嫌。

世の中にはかなりめんどくさい人・めんどくさい事が多いんだよ。

例えば、

● 決められた駐車スペースに車を置かない。

● 騒音を発する。又はやたら音に敏感で逆にうるさい人。

● 火事を起こす人

● ゴミだらけで汚い人

● 洗濯機の排水をあふれさせて、1Fの人の部屋を水浸しにする人。

● 給湯器の凍結や故障。

● 鍵をなくして部屋に入れない人。

● 身寄りのない一人暮らし方が亡くなったりする事。

● 勝手に出ていく人。

● 家賃滞納する人。

● 水漏れ、排水のつまり。

などなどなどなどなどなど。

聞いただけでゾッとするでしょ!

 

めんどくさい!の一言。

管理する部屋が多くなればなるほど、そんなことで呼び出されることが多くなる。

いくら一定収入のお金をもらえたとしても、絶対にしたくない仕事。

特にひとりで仕事してたら、旅行も安心して行けない。

そういう会社に入ったら上のような人たちと大家さんの間に入って解決していかなくちゃいけない。

やる価値ある?

 

スポンサーリンク

 

薄利多売

賃貸仲介のダメな所は、

『薄利多売』

つまり、

『たくさんの人に合って営業しなくちゃいけないこと』

時間を多く取られちゃうんだよね。

 

7万円の部屋を仲介して入ってくるお金が家賃ひと月分、7万5600円(税込み)

1000万円の土地を仲介したら、両手で77万7600円(税込み)

 

ってことは売買と比べると賃貸なら約11件案内しなくちゃいけないってことになる。

しかも一回の案内ではほとんど決まらないし、他の不動産屋さんにも見に行ってるから競合に負けるとさらにその差は開く。

やばいでしょ(笑)

不動産の仲介料は宅建業法で決まってるからこれ以上は上げられない。

 

この間も野村不動産で個人所有の住宅を賃貸する業務を担当していた50代の社員の人が、過労で自ら命を絶ってしまったというニュースが流れてた。

一か月の残業は180時間超えてたらしんだよ。

一日6時間の残業。

たまんないよね。

与えられた人生は一度きり。

生産性を上げてもっと自分の時間を大切に使わなくちゃダメだよ。

 

 

スキルが上がらない

結局賃貸仲介・管理業ってバックオフィス的な仕事なんだよね。

だからいくらこの手のスキルを上げても全然生産性が上がらないし、宅建士の資格は欲しいけど実態は大したことない。

どんな仕事も創造力を働かす仕事でないと給与は上がらない。

賃貸仲介も管理業もどっちかって言うと雑務。

創造性は一切なし。

さらにする理由ないでしょ。

 

するなら大家業。

賃貸業に従事するならこっち。

大家業。

おいらはまだ大家業は手を染めてないけど、いずれはしたいなって思ってる。

だけど、だけど、したとしても管理はしない。

管理会社にお金がかかっても頼んじゃう。

それくらい管理に時間を取られるのはイヤ!

 

おすすめは駐車場の管理業務

余談だけどおすすめは駐車場の管理。

これならほとんど手がかからない。おいらも少し管理してて、1万円にも満たないけど不労所得を得てます。

 

まとめ。

賃貸仲介・賃貸管理をおすすめできない理由をまとめると、

 

賃貸管理は対応業務なので、自分で時間が組み立てられない。

時にめんどくさい人と付き合わなくちゃいけない。

賃貸仲介は薄利多売で時間の切り売り。

将来生産性を上げるスキルが身に付かない。

 

不動産業界で働きたいなら、こんなことも考えてから行動してみてね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク