人気のA5システム手帳、オススメはブレイリオ!口コミレビュー!

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

さぁ今年もはや10月。。

そろそろ新しい年の手帳も本屋さんでお目見えしてるよね。

いろんな手帳があって、どんなの買ったらいいか悩む人多いと思うんだけど、今回はおいらが愛用してる、

ブレイリオSPAD by BR R&J についてカスタマーレビューしたいと思うよ!

とっても使いやすいから、検討候補に是非!

人気のA5システム手帳、オススメはブレイリオ!口コミレビュー!

①まずは株式会社ブレイリオの歴史から

ブレイリオの製品は、創業1910年、四代に渡り受け継がれる伝統技術を継承する匠によって生み出されます。

引用ブレイリオHP

創業は1997年とまだ歴史は浅いんだけど、卓越した技術がないとなかなか取り扱いが出来ない革コードバン(※農耕用馬の臀部から採れる皮革で希少価値があり、革の中では最高級品。アメリカの超高級靴ブランド『オールデン』が取り扱ってることでも有名)の製品を中心に取り扱いを開始されたブランドで、今はブライドルレザー(こちらも超高級品)とあわせて商品展開されて日本メーカーだよ。

②おいらが愛用している のおすすめポイント

スマホが普及した今時に!って言われるかもしんないけど、お客様との打ち合わせや、日常のちょっとした必需品をこのシステム手帳に全て保管してるんだよ。

 

Ⓐ材質

気になる材質なんだけど、使い込むごとに、特徴の美しい艶が現れるフルベジタブルタンニン(植物)鞣しを施した、染料仕上げの貴重なベビーカーフがつかわれてる。(生後6か月以内の仔牛)

※カーフとは生後6ヶ月以内の仔牛の革のこと。

人間の肌が大人より子供の方がキメ細かいのと同じで、カーフは成牛革に比べ非常にキメが滑らかで美しく、キズも少ないです。

また牛革全般の特性として組織が密で体の部位による差が少ないという点からも皮革の最高素材とされています。

引用:牛革の種類と説明

染色後の仕上げ段階で、バタ振り作業を行い、柔らかな手触りと緩やかな「シボ」を加えることで、キズに強くて、より手にフィットしやすい状態が再現されてるんだ。

 

長く愛用することで、仕事のパートナーとして唯一無二の存在となり得る一品に仕上がってる。

手に取ると肌触れてるような、滑らかさがとても魅力。

Ⓑサイズ

おいらのオススメはA5版。

本体サイズ:幅18.5cm×高23.5cm×厚3cm

こればかりはみんなの好みがあるけど、このサイズが見やすいし、いろんなものを収納できて、おいらは一番つかいやすい!

前まで使ってたダヴィンチのシステム手帳も大好きだったんだけど、スリムタイプで少し小ぶりだった。

スリムタイプのほうが好きな方はコッチも超おすすめだよ!


リング系は19mm(収納可能リフィル枚数約180枚程度。(ダイアリーリフィル見開き1週間仕様の1年間分枚数は約60枚))

 

ペンを差しても、リフィルと被ることなく、また表面からも見えない位置に収まるサイズになってる。

ブレイリオのほうがたくさんリフィルを入れることが出来たからこちらにスイッチしたんだ。

 

Ⓒ仕上がり

コバ面は何度も磨き上げられた、美しく丁寧な塗り仕上げがされているよ。

コバというのは、革製品の端っこ切断部の切れ端・切り口・小口部分のこと

縫製もきれいだね

収納部は背面ポケットがつくられてて、とっさに使ったちょっとしたメモや領主書などの収納が出来るようになってる。

 

前に使ってたダヴィンチはカードポケット等、もっと細かいポケットが付いてて、それはそれで良かったんだけど、そこ部分だけ膨らんでしまうから、

で紹介したように、100均でスリムカードケースリフィルをつくれば、ノーーープロブレム!でスッキリ納まる!

20枚以上のカードをいれても、こんなに薄く納まるんだ。

だからリフィルとして手帳に挟んでおいても手帳がパンパンに膨らむことはないよ!

どう!

これならみんなのお財布も、醜く膨らんだりしないし、一石二鳥だよ!

Ⓓ色展開

4カラー展開中。

おいらが持ってるのは

①ブラックオレンジ

※写真は今まで掲載のものを参照してね。

他に

②チョコオレンジ

③ブラック

④ブラックワイン

みんなよく似てるけど(笑)お好きなカラー選んでね。

(正直、もう少しほかの色展開もあるといいなぁ。って思ってる(笑))

Ⓔ価格

● ブレイリオ(SPAD by BR)A5サイズ(実勢価格 14,300円前後 H29.10現在)

このクォリティーでこの金額は安い!

価格は14,300前後するんだけど、大切につかえば最低でも10年は使える質の高さ。

10年使えば、年間1,430円。

20年使えば、年間 715円

30年使えば、年間たったの477円

一生ものと思って使えばこんなに安上がりなものはないよ!

リフィルはさっきも紹介したけど、この記事

 

で安く抑えれば毎年手帳を買い替える必要もないし、(このくらいの大きさの手帳買おうと思うと1,000円以上はするからね)逆に下手に毎年手帳買うより安くつくよ。

まとめ

おいらはこの手帳をいつも持ち歩いてる。

仕事で打ち合わせのメモに使ったり、随時必要な収入印紙や少しだけ名刺、切手、メンバーズカードなど、ギューーーーっと濃縮100%オレンジジュースのごとく、スマホには入らないものを、コンパクトに収めてる!

だからモノもなくさないし、とても重宝してるんだ。

普通の手帳なら、こんなにたくさんのもの、しまえないからね。

それと使い込むほどに味わい深くなるエイジング手帳だから、育て甲斐がある!

早く手に取って、一生もののパートナーとして使えるよう、是非検討してみて!

 

 

スポンサーリンク