会社は不公平!出来る人ほど多い仕事量。ストレスからの脱出方法!

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんです。

 

会社に公平な仕事量と評価を求めて、まじめに毎日通勤してる人いませんかー?

そんなの

via GIFMAGAZINE

DIO様も忠告している。。。

だって20年もサラリーマンやってきたおいらが言うんだから間違いない!

でもね。

 

まだそんな夢から目が覚めないあなたも、その理由と会社の不公平な評価から脱出する方法さえ知れば、人生なんてすぐ大逆転しちゃう。

知らなかったらそのまま人生終わっちゃうので、3分ほどお付き合いよろしくだよ!

 

会社は不公平なんて何も感じてないその理由。人は楽を追い求め続ける動物

みんな仕事を早く終わらして帰りたいんだー。

みんな17時ごろに終わらせて、飲みに行ったり、子供と遊んだり、恋人とのアフター5に勤しみたいんだ~~。

上司・先輩はなんとか週休3日くらいにならないか虎視眈々と狙っている!

ハンター狙いすぎだーーー(笑)

だけどおいらもそうだったさ!

みんなもそうだろ?

 

だから上司はその夢を実現させるために、文句を言わず、確実に自分の思ってる事を汲み取ってくれてソツなくこなす部下に仕事を任すんだよー

それが上司、先輩、そして『人』ってもんなのさー。

だから仕事デキるひとは仕事量が増えるのは当然。

まじめにやってるあなた、しんどいでしょ?

仕事で上司に他人と比較され辛い思いをしてる人に伝えたい2つの事。

2017.03.05

 

あなたの会社やバイト先にこんな人いない?

能力がなくて、言うこともあんまり聞かないから、仕事はあまり回されず、逆に楽して自由な感じで働いてる人。

そんな人見てたら、こっちがまじめに遅くまで仕事してるの悲しくならない?

しかもそれが先輩だったりしたら、うちらよりも給与や時給が高いと来たもんだ。

目も当てられない( ;∀;)

会社は人を育てようなんてサラサラ思ってないよ。

めんどくさいからね。

仕事がデキる人に頼むし、デキる人を中途採用で雇うのが一番ベストって思ってる会社ばかりなのさ。

みんな楽して稼ぎたいんだー。

 

会社で仕事の不公平は当然。理由は未来の苦しみより目先の利益。

会社で働く本来の目的  意義をみんな忘れちゃっててね。。。

本当はみんな厳しいなかでも、楽しく、そして本音で意見をぶつけ合い、会社を通じていい社会をつくるのが働く目的。

その結果たくさん社会に貢献出来たところに、ご褒美としてお金が回って来るんだけど、結局は自分の利益しか考えない個々の集まりにしか過ぎないんだ。

 

カルロスゴーンさんなんかみてよ。

チーガーウー!

このひとは、ミスタービーン!

そうそうこっち!こっち!(笑)

日産からの収入だけで10億円ももらってるんだよ。

別に3億くらいでも十分やっていけるんじゃないの?

この収入とはべつでルノーからの収入もあるんだよ。

 

社員に還元しないまでも、開発費にもっとお金注げば、未来はもっと明るくなるんじゃないの?

世界のトヨタ、豊田社長でも収入3億くらいって話だし。。。

自分が勤めてる会社のトップや役員が、ごっそりもって帰ってるって思うだけでモチベーション下がっちゃわない (・・?

結局、組織の繁栄より自分の懐があったまることが先決だよ。

 

会社はこう思ってる。

営業成績をガンガン伸ばして、会社にこうしてくれ、ああしてくれって意見をぶつけるヤツは基本的にうざい。

だって上司の仕事が増えちゃうもん。

文句なくそこそこ成績さえ上げてくれてればそれでいいんだよ。

そんなにガラッと変えたくない。

会社や上司の地位が危機的状況に陥らなければね。

 

新入社員が入っても、先輩方の本音は、あまり仕事教えたくないんだよ。

自分の成績を抜いてほしくないんだよ。

居心地悪くなっちゃうからね。

ホントは会社にイノベーション起こしたり、後輩に仕事を教えることは自己成長・会社の成功につながるんだけど、みんな目の前に仕事に追われてて精いっぱい。

人の事をかまってる時間はない、目先の利益が最優先。

会社が成長するビジョンなんて持ち合わせていないのさ。

スポンサーリンク


 

あなたが仕事に不公平を求めず歩むべき道!

自分は変えれても、会社を変える事は出来ない。

仕事量も不公平も変わらない。

仮に変えることが出来たとしても、変えるための地位にたどり着くまで時間がかかりすぎる。

人生は一度きりだもん。

 

時間は一番貴重な有限の資源。

おいらが会社辞めた理由は自分でやったほうが早いと思ったんだよね。

だから

こんな不公平なままでいいのか。。。

と、くすぶっているあなたには、こう考えてほしいんだ。

今ある環境を使い倒せ!

『環境・会社はこっちが使ってナンボ

だってね。

 

会社の不公平からの脱出方法は、環境に振り回されずに生きる選択肢を選ぶこと。

このあいだも大阪に移住した知り合いが、久しぶりに地元三重にかえってきた。

で、その人こんなこと言う。

『やっぱこっちは不便だから住めないって』

こんな人は完全に環境に振り回されてるひとだよね。

アーレーーーー!

だってこんなにネット社会が浸透して、クリック一つで買い物できる時代に、今更便利さを追求するなんて全く無意味だよ。

今住んでる環境が、自分の成長に絶対必要なんだ!

ってならわかるけど、結局『都会に住む』っていう言葉に酔いしれて、稼いだお金をその地域に落としてるだけ。

要は『大阪』『都会』の蜘蛛の巣に引っかかって、美味いように利用され、税金を吸い上げられてるだけなのさ。

 

あなたはどう?

環境に振り回されてない?

環境が自分を変えてくれると思ってない?

悪いけど、社会・会社はあなたの事なんてなにも考えてないよ。

人はそう簡単に変わらない。

だから会社も変わらない。

仕事量は増える一方

不公平も変わらない。

でもあなたはそれに振り回されず、不公平な環境でも使い倒すほうにまわること!

 

● 勤めながら、ひとりでも食べていける・いろんな会社を渡り歩いていけるスキルを身に付けるために、知識・経験を会社からとことん吸い上げる。

● 次のステップアップのために虎視眈々とレベルアップを図る。人脈を広げる。資金を稼ぐ。

例えばIT関連の仕事やおいらが従事してる不動業の仕事に従事して、会社が儲かってるビジネスモデルをパクる!

※資産運用やネットで稼ぐ方法等など。

 

しばらくのストレスは我慢して、知識・経験をがっつり吸い上げて、転職する。

勤めてる会社が今後まだ活かせそうなら、人脈を形成して、会社を続けても離れてもいい関係を築いておく。

それが会社の不公平な評価や仕事量を気にせず働く『モチベーション』になる。

だから今の仕事が将来不公平な立場から逃れられないような仕事の積み重ねしかないなら、さっさと転職して居場所を変えるべき。

いつまでたっても不公平っていう闇から抜け出せないよ。

 

この記事にいろんな働き方サイトを載せてるから参考にしてみて。

したい仕事の見つからない!いろんな業種別転職サイトで見つける方法。

2017.07.06

 

【不公平な会社・仕事のまとめ】

日本の教育システムがそんなんだから仕方ない。

楽して稼ぐために、高学歴でいい会社に入る。

って暗示をかけられてる。

 

うちの周りの親が子供を塾に入れる目的はみんなそうだよ。

公務員とか薬剤師とかってね。

でもそれじゃ、会社に入っても辛い仕事を我慢して、『早く定時にならないかな』『土日の休日早く来ないかな』ってサイクルからは抜け出せない。

そして高学歴で入った人は、努力して入った地位を守るために必死。

だから不公平なんて屁とも思ってない。

ホントはそんな人生、全然楽じゃないんだよ。

わかるよね。

 

 

だからあなたは会社に公平な評価なんて求めたらだめだよ!

そんなの無駄。

あなたのために会社が変わるなんてあり得ないし、待ってられない。

会社はそんなところなんだ、ってことを知ったうえで、こっちが使い倒さなくちゃ!

もう吸い上げるところなくなっちゃった!

って感じたら、素早く転職してよりレベルが高い自己成長できる環境を探すんだよ!

過ぎ去っていく時間はあなたの人生であり命。

好きな事出来ず命削る毎日なんてあり得ないからね。

 

転職は『いい会社』を選ぶと失敗する!選び方3つのポイント

2017.09.10

 

最後まとめると

  • 会社は不公平な集団であり、それは変わらないということ。
  • 勤めながら、ひとりでも食べていける・いろんな会社を渡り歩いていけるスキルを身に付けるために、知識・経験を会社からとことん吸い上げる。
  • 次のステップアップのために虎視眈々とレベルアップを図る。人脈を広げる。資金を稼ぐ。

 

これさえわかっていれば、あなたが会社の不公平や評価に惑わされることはない。

そしてその環境を使い倒す側にまわること!

それが自由に生きる最短の術。

一度きりの人生を謳歌するんだ。(^^)v

 

未経験でも大丈夫!不動産業界おすすめ転職サイト・エージェント。

2018.05.31

評価基準が外だと辛い。まわりの評価を気にしないで楽に生きるために。

2018.01.07

残業多い会社は無能!残業断れない会社は転職すべし!

2017.06.05

会社に依存しない方法。勤めながら蓄える3つの必要な力。

2017.03.31

スポンサーリンク