テレアポ営業の仕事がきついなと思ってるあなたに、、、テレアポしていた私、今受けてる側の私の感想お伝えします。。。

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんです。

起業したら、こんなにもテレアポ営業を受ける機会がこんなに増えるとは思ってませんでした。

コピー機、インク、防犯カメラ、インターネット、携帯、ホームページ、LED、WEB広告、ガソリンカードなどなど。。。。めちゃくちゃ多いです。。。

こんなにたくさんテレアポ営業に従事されてる方って多いんだあらためて認識してる次第です。

テレアポ営業ってきつくないですか?来る日も来る日も電話・電話・電話。かけては断れ、断れ、断れ。。時に怒られたり、はなしの途中でも切られたり。。

私もサラリーマン時代はやってましたよ!(笑)だからこそアドバイスできる!とおもい筆を取った次第です。

テレアポ営業する日々に悩んでいるあなた、ぜひ読んでみて下さい。

テレアポ営業の仕事がきついなと思ってるあなたに、、、していた私、受けてる私からの感想。。

【その仕事、辞めたほうがいいよ。。。】

サラリーマン時代は結構テレアポやりました。新人のころ、住宅総合展示場に来場したお客様の名簿が大量にまわってきて、片っ端から来場者にテレアポ営業するのです。

一日30件とか決めてやってましたが、モチベーションが続きません。だって断られ続けるんですもん(笑) それにめっちゃ迷惑がられるし。。。

くたびれて、外回りに飛び込み営業やポスティングして、それにも疲れ、思い直して再度取り組むんですが、やっぱりモチベーションが続かないんです。

一度だけ契約が取れたこともあります。。。

が、それでもやっぱり人から拒否されることは辛いのです。

だからテレアポされてる方の気持ちも痛いほどわかります。そんな営業を一日中するなんて、どんな人でも嫌になります。入社早々すでに『うつ』状態。。。

わたし普通にお客様に電話でアポイント取るだけでも緊張しますもん。この時間だったら大丈夫かな。。とか、なに話そうか綿密に事前にチェックしたりとか。。。疲れます。。。

でね、知って欲しいんです。そんなテレアポ仕事に従事してない人でも全然やっていけてる人はいっぱいいるってこと!

私が住んでる片田舎で、農地を借りてパートさんを雇いながら農業をを営んでる人。

ITスキルを使ってパソコン一台で地方飛び回りながら仕事してる人。

地元密着の不動産店を展開して、ひっきりなしにお客さんのほうから声を掛けられ、集客に困ってない人。

家庭教師で引く手あまたの人。

この片田舎に移り住んで、カフェを経営してる人。

そういう方の共通点は、いままで仕事をしながら、何かしらのスキルを積み上げていってる人がほとんどなんですよ!

● あなたの今従事しているそのテレアポ営業で何かスキルは向上しますか?

● あなたの今従事しているそのテレアポ営業で毎日何かがいい方向に改善される可能性ありますか?

私なら速攻転職して、小さい会社でも、給与が低くても人に必要とされるスキルを身に着けられる職場に転職します。

それも難しいならバイトしながら勉強します。それのほうがはるかに心が軽いです。特に独り身の方ならこの選択肢は行動に移しやすいです。

家庭がある方なら、家族の理解を得て生活費の安い地方に移り住み、生活を切り詰めながらでもスキル・知識習得に充てる時間を設けます。

さもないと一生安い賃金で働かされる運命です。退職後もシルバーさんで草刈りに従事しなくてはならないでしょう。

電話のスキルなんてなんの役にも立ちませんよ。だってこれから電話文化はLINE・MAIL・FACEBOOK(Massenger)の台頭で、衰退の一歩しか道がありません。

間違いないです。

あなたが今、目先の営業成績・お金・やっと就職できた職場にしがみついてると感じているなら速攻辞めてしまいましょう。

➡したい仕事が見つからない人へ!超簡単な見つけ方。業種別【転職サイト】でいろんな働き方を仕入れるべし!

【まとめ】

テレアポ受けてる私からの感想。。。すみません、、、やっぱり迷惑です(笑)

大方の意見だと思います。そんなのわかってるわ!って突っ込れてると思います。

経験済みなので心中お察ししますが、電話自体が嫌いだし、さらにそれがセールスだと申し訳ないんですがげんなりします。

あと、マニュアルがあるんでしょうけどやたら時間を引っ張ろうとする手法にも憤りを感じます。

 

人生は長いです。

ノルマや、目先のお金に突き動かされるモチベーションなんてつまんないし、長続きしません。

超安い給与でも、まずはスキルを身に着ける。

たとえばプログラミングを使って、アプリを開発するなど。。

これからならプログラミングの知識やWEBデザインは相当需要がたかいでしょう。

IT関連だけにかかわらず、宅建・司法書士・社会保険労務士などの国家資格や英語力でもいいでしょう。

人から求められるスキルアップをしておけば、どこの会社にも転職できるし、マネタイズして独立も考えられます。

10年先に笑っていられる環境に今、身を置く努力をしましょう。

そうでないと一生苦痛から逃れることができません。。

 

 

 

 

スポンサードリンク