仕事で辛い、報われない努力からの脱出方法。

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんです。

私、ほぼ90%家で仕事しています。事務所はありますが、全然行ってません。

(宅建業を営む場合は事務所設置が条件なんです。お上に決められてます。)

それはともかく、家にいるとセールスのひとが結構くるんですよね。いわゆる飛び込み訪問。。

新聞、宗教に牛乳、外壁塗装などなど。。。この前は証券会社の方が『この地域の担当になりましたので、ご挨拶させてください』って。。。

勝手にうちのエリアの担当になって、ぶしつけに訪問してきて、さらに玄関先まで出てきて挨拶させてくれって。。。

丁重にかえっていただきました(笑)。中にはピンポン鳴らして名前だけ名乗って何も言わず、ずーーーっと玄関先で出てくるのを待ってる輩もいます。

さらに起業すると、日々いろんな会社から勧誘の電話訪問の嵐!

証券会社はもちろん、携帯・LED・インク・ホームページ・広告会社・・・・などなど。最近は巧妙で、番号で着信拒否されないように携帯電話からかけてきます。お客さんを装ってるんですね。

皆さんはどうですか?。

自分に合わない、毎日が辛いなぁて思いながら仕事をしていたり、今の仕事をやってて報われるのかなぁて思ってませんか。

そんなあなたは黄色点滅信号ですよ。

鬱になる前に、仕事に対する間違った認識を蹴散らして、楽しく・そして報われる努力にシフトして行きましょう。

仕事で辛い・報われない努力からの脱出。。

【Ⅰ疑問を感じずこのような仕事についている原因】

①親の教育。

残念なんだけど、これは一番大きい要素。親の仕事の概念が、『辛い仕事を我慢した先に楽しいことが待ってる』っていうところから抜け出せていないから。。

親自体がいままでそれ(サラリーマン)以外の経験していないので、アドバイスしようがありません。

親がようやく引っ張り出してきたアドバイスも、『サラリーマンは大変だから、公務員になれ!』なんていった教育が多いんじゃないでしょうか。

いちぼさんの親はいまだに『学歴』が生活を豊かにすると考えてます。高学歴を手に入れ大手に就職する。大手の企業なら潰れにくくて、福利厚生が充実しているからだそうです。

会社からいろいろ嫌な仕事をさせられても、『名前も通った会社なんだし、会社員だったら、我慢してれば生活が保障されるんだから』っていうのが口癖でした。。

前職時代、じつはいろいろ転職を考えました。何度か面接に行って受かった時は、いつも親に相談してました。ですが結局大手メーカーのブランド力と安定性を説かれ、約20年の月日をサラリーマンとして費やしました。

親は子にとって大切なメンターです。ですが残念ながらビジネスに関して親がいつも正しい意見を持っているとは限りません。

私が親なら、電話訪問や飛び込み訪問が『我慢しなくちゃいけない努力』とは決して考えられません。

うちの子が社会人になって、TELアポ営業や、訪問販売に明け暮れていたら即刻辞めるよう言います。

皆さんはどうですか?

仕事は休日や定年後の生活を充実させるために『我慢』しなくちゃいけないものと考えてませんか。

それはほんとにあなたの考えですか?今まで受けてきた『お金』『ビジネス』に対する教育のせいじゃないですか?

もしそうだとしたら、即刻そんな鎖は断ち切りましょう。

 

②会社の方針・上司の教育

冒頭で紹介したうちに飛び込み訪問にきた証券会社のひとは、おそらく新入社員の子です。4月だったし、テレビドアホン越しにみても明らかに若々しい感じでしたので。

じつは3日後くらいに、また来ました。再訪問です!しかもその時は後ろに上司が立ってましたよ!

ひぇーーー!やっぱりこれは会社や上司の仕事の考え方なんですね。そりぁそうだ。誰が訪問販売なんてしたがるものか。。。

じつはいちぼさんも、前職時代は訪問販売も経験してます。だけど今どき、だれが突然やってきた人から『家』なんて買うでしょうか(笑)※前職ハウスメーカーに勤めてました。

結果は目に見えて明らか。一件も売れたためしなんてありません。

何でこんなことしたかって? 

研修でもそうしろと教わったし、上司にも言われたんですよ。やったほうがいいって。そんな私の活動を見て、上司は誰も止めませんでしたよ。

頑張ってるな、新人はこうでないとみたいな意識が蔓延してましたら。。

新人だったころの私はその仕事方法に、微塵の疑いも持ちませんでしたよ。

親にこの話をした時は、『お父さんも若いころはよく訪問販売したもんだー。そういう苦労を重ねて、立派な社会人になるんだぞ!』って言われましたよ(笑)

ま、そういう嫌な経験が今の自分を作ってると思ってはいますけどね。

残念なんですが、親も上司も苦行を伴う修行が一番の近道で、それが『仕事』だと思ってます。。。

 

スポンサーリンク


【Ⅱ 辛くて報われない努力から脱出するために】

まず結論を言うと、辛い・報われない努力だなって感じるのは、今取り組んでいる仕事が、プロになる積み重ねの要素が薄すぎるからです。

世間の人は常々困った自分を助けてほしいと考えてます。だから本当のスキルを持っていて、自分を導いてくれる人を捜し求めてます。

ここにたどり付けるプロセスがある仕事に就くことが、辛くても報われる努力になります。

すなわち、こちらが求めずとも人々があなたの力を必要とする力が付くからです。

だから上記を達成するために、このようなことを心がけてください。

①正社員にこだわらない、既成概念を捨てること。

超重要。既成概念からの脱却です。仕事に対する既成概念はほかにもあって、『中学卒業したら絶対高校に入学』って既成概念もそうです。高校が合わなかったら辞めて、大検受けて大学行けばいいだけです。

大学卒業したら新卒で正社員の職に就く!なんてのも既成概念。別にバイトや派遣でいいですよ。余った時間をしっかり自分のスキルを磨ける時間に費やせれば。

それのほうが気軽にスキルを学べます。その時すでに、つらーーい社会人生活を送ってしまってたら、そんなうんこな会社はすぐ辞めて、バイトしながら会社に頼らないスキルを身に付けたほうがいいです。

道は1本じゃない。いろんな抜け道や逃げ道が用意されてます。視野を目一杯ひろげましょう。

 

②その仕事にプロになる積み重ねのプロセスがあるか?

今勤めている職場は将来、世間に通用するスキルを得られる仕事かどうかを見極めることです。

具体的に証券会社の例でいうと、そこに勤めることで投資のプロとなり、成功者になれるか。

自分が投資のプロとして成功者になれば、そのノウハウを知りたい人が集まってきます。成れないようならやめたほうがいい。ただの物売りでおわります。

他にもいろんなセールスがありますが、勧誘をして何のスキルがついてが付くのか、将来その仕事をすることで、マネタイズできる経験・スキルを積めるのか。

セールスに限らず、工場で勤めたり、接客業をしてる方も、将来その道で人に何か教えられるスキルを身に付けられる仕事かを判断材料に仕事を選ぶべきです。

 

③これからを考えるなら。。

スキル得られる仕事を探すこと、もしくはスキルアップできる時間を確保できる仕事を探すことです。

私は一時期、親の派遣会社を手伝っていました。そこでいろんな職場を見て、常々感じていたことなんですが、積み重ねできる仕事についていない人が多すぎます。

うちは田舎なので、工場への派遣がほぼ100%だったんですが、現場を見て『この仕事じゃただの歯車の一部にすぎないわ』としか思えませんでした。

ほかにも決められたマニュアル通りに動く飲食チェーン店の店長さんとか、ゴルフ場のスタッフとか。。。

見渡せばそんな職業ばっかりですね。

 

だから、料理人や大工、WEBデザイナー。とにかく安い給与でも会社でお金をもらいながら『スキル』を身に付けられるところに就職することです。

どこでも通用する『スキル』さえ身に付けば、いい条件に転職も可能です。そのスキルを使ってマネタイズする方法を考えれば、すぐに独立できますし、お金になります。

いまの時代ならパソコン一台で仕事ができる、IT・プログラマー・エンジニア系がいいですよね。

ギーグリーさんの転職サイトを見てますと、普通の方より格段に年収・環境・待遇がいいですよね。

>>>GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

どこでも私みたいなITコマッタさんがたくさんいるので、マネタイズもしやすいでしょう。

 

未経験の方でも、インターノウスさんなら19歳から30歳までの人限定ですが、職歴・学歴は一切問わず、正社員プログラマーとして働きたい人に、無料プログラミング研修から就活までを一貫してサポートしてもらえます。

いままで喫茶店で働いていたITど素人の方が、プログラマーカレッジを通じて見事就職を勝ち取って事例も掲載されています。

>>>詳しくはコチラ

・モノ作りやインターネットが好きな人

・正社員就職をしたいけど上手くいかなかった人

・手に職をつけて安定的に働きたい人

・将来的にフリーランスとして働きたい人

・話すのが苦手

っていう人は面談も無料なので是非。

インターノウス >>> 【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

 

自分の仕事を振り返った時、いつも『このままでいいのかな』って考えたり、スキルが積み重ねられる仕事でなかったり、将来は独立して自分の好きな仕事をやっていきたいということなら、

1分1秒でも早く動きましょう。

 

 

【最後に】

くどいですが、辛い・報われない努力だなって感じるのは、今取り組んでいる仕事が、こういうプロになる積み重ねの要素が薄すぎるからです。

世間の人は常々困った自分を助けてほしいと考えてます。だから本当のスキルを持っていて、自分を導いてくれる人を捜し求めてます。

ここにたどり付けるプロセスがある仕事に就くことが、辛くても報われる努力になるわけです。

 

時間というリソースは一日『24』以上増やせません。だから1分1秒をめっちゃ大切に使うこと。

私は20代、30代にお伝えしたことを考えず時間を使っちゃったのでかなり遠回りしちゃいました。

だから自分の子供にはそんな時間の使い方をしてほしくないし、私のブログを見てくださってる方々にも僭越ながら、少しでも毎日を目一杯楽しく過ごしてほしい!って想いで書きました。

『一度きりの人生』

我慢したって、その先に楽しい生活が待ってる補償なんて何にもありません。大事なのは『今』。

一歩進んで、一緒に楽しみましょう!(^^)v

スポンサードリンク

スポンサードリンク