【口コミ】『ファミリーロッジ旅籠屋』家族5人5万円の旅を大満喫!

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんです。

息子の小学校卒業旅行に行ってまいりました!

息子は『藤子F不二雄』先生の大ファンです。先日は川崎の藤子F不二雄ミュージアムに行ってまいりましたが、今回は藤子F不二雄先生の生まれ故郷で開催されている、『藤子F不二雄 ふるさとギャラリー』に行ってきました。

、今回は私たちの旅をいつも支えてくれています、『ファミリーロッジ 旅籠屋』さんについて語らせていただきます。

今回の旅でもおせわになりました、簡単にいうと格安の宿泊施設なんですが、その一言では片づけられない、いつも私たちの旅をとても快適で身近なものにしてくれる最高のパートナーです。

旅行はいつも行きたいと思ってる。行きたいけど、家族全員だと予算が厳しいんだよ。。。って困ってられる方は『必見!』です!

 

旅をDIYしよう!私の旅を助けてくれる『ファミリーロッジ 旅籠屋』の口コミに貢献したい!

【はじめに】

まずはファミリーロッジ 旅籠屋さんのコンセプトと知ったきっかけから

マイカー旅行者のための素泊まりのミニホテル「ファミリーロッジ旅籠屋」は、アメリカンスタイルのシンプルなロードサイドホテルです。

1号店オープンから21年、「こんな宿を待っていた」という声に支えられ、ご利用者は延べ300万人以上、約60店舗に増えました。全店直営です。

お手本はアメリカの『モーテル MOTEL』日本で「モーテル」というとカップル専用のラブホテルを連想してしまいますが、本来は、主に車で旅する人が、 誰でも気楽に利用できる、素泊まりのロードサイドホテルのこと。

ほとんど何のサービスもないかわりに、とても自由で、驚くほど安く泊まれる庶民の宿なのです。

旅籠屋さんホームページより抜粋

創業は1994年。設立からすでに21年。みなさんご存知でしたか?

旅籠屋さんとの出会いは、さかのぼること4年前の2013年。地元商工会議所さんが企画する『創業塾』に参加した際に、旅籠屋の甲斐真社長の講演をお聞きしたことがきっかけです。

甲斐社長の旅(冒頭でのコンセプト参照)と社会貢献への想い(特に東日本大震災での経験を踏まえた施設の施設改修のお話しなど)がとても印象に残った素敵講演で『絶対泊りに行きたい!』って思ってました。

恐らくその講演を聞かなかったら、今でも旅籠屋さんを利用していたどうかはわかりません。情報が入ってこなかったし、知ったとしても泊りに行くのって躊躇していたかもしれません。人って用心深いですからね。

あれから3度ほど施設を利用させてもらいました。これからもお世話になります。

そんな私の旅に対する想いと、皆さんの【ファミリーロッジ 旅籠屋】さんに対する警戒心(笑)を今日はバリアフリーにしたいと思います!

スポンサーリンク

【旅籠屋おすすめの理由】

①格安の宿泊料金!

後ほど今回の私たち家族の旅行内容も紹介させていただきますが、私たち家族 夫婦・小6・3歳・2歳の計5人の一泊の宿泊料金はなんと、なんとたったの

10,800円なり~~!

 

こちらパンフレットの料金表です。詳しくは旅籠屋さんの 料金サイト⇒こちら からご覧ください。

安すぎるーーー(笑)

うちは赤く囲った部分がかかった金額です。合計税込み10,800円これ一室の価格ですよ!一人じゃないですからね。

素泊まりですが、一般的に大人一人の宿泊代は素泊まりでも5,000円以上はするでしょう。普通のホテルなら大人一人一泊12,000円くらいはしますよね。

それと大人一人からも泊まることが出来ます。ビジネスで使用されてる方もよく見かけます。

これだけ安いと得られるメリット大きい!

例えば地元のちょっと高級な美味しい食事を食べに行けます。別にホテルや旅館で決められた料理を食べる必要なんてありません。食べたい料理も自分でカスタマイズ!

行き先の観光地や遊びに使う予算もたくさん捻出できます!安いので普段の旅行よりも一泊多く泊まることもできます。

さらにもう一度訪ねてみたい!と思ったときもこの金額なら躊躇せず行くことができますよ!

私たちの最近の旅行は、一日目は移動と行きたい目的地の近くに泊まって宿泊のみ。2日目にそこから観光地やスポットを見学して、お昼過ぎには岐路につくって感じです。

宿泊費が格安なので、宿泊費のもとを取ろうという計画にはなりません。いっぱいいっぱい詰めちゃうととても疲れちゃいますから。。。

旅を自分たちで豪華にDIYできちゃうのです!

②朝食無料!

朝食はパン食べ放題・オレンジジュース飲み放題・コーヒー・紅茶・ホットティーも飲み放題です。

とってもうれしいーー。朝の7時から自分の部屋にパンを焼いて食べます。決して豪華なわけではありませんが、旅先だと普段と違った気分で朝食を味わえます。

こちらが朝食のパン。おすすめはクロワッサンです。焼きたてクロワッサンで、ほんとに美味しい!

人気があるみたいで補充はしてくれるのですが、すぐになくなってしまうので、行かれた方はまずクロワッサンを手に取ってください!

オレンジジュースもおそらく100%果汁。美味しいです。コーヒーはデロンギが煎れてくれます(笑)

③コーヒー・紅茶・ホットティーは朝だけでなく、いつでも飲み放題!

チェックインしたらまずはちょっとくつろぎたくなりますよね。

旅籠屋さんではコーヒー・紅茶・ホットティーがレトルトですが無料です。

ポットが常備されていますので、いつでも飲めます。

④Wⅰ-Fⅰ無料。

わたくしいまだにSIMにしていないので、とってもありがたいです。

旅先ではグーグルマップもよく使うので、制限かかっちゃうとほんと困ります。

動作環境もサクサク快適です。

⑤現地のいろんな情報を置いてくれています。

フロントには現地の観光スポットに関する情報を置いてくれています。

 

行った先で時間が余ったりしたらここで情報収集することが出来ます。

⑥自動販売機・コインランドリー設置(有料)

長く旅行をされる方、連泊される方なら重宝しますよね。

自動販売機
コインランドリー

 

私たちも今回の旅で、娘が一日目から服をかなりよごしちゃったので助かりました。着替えは荷物がかさばるので、とてもうれしい施設です。

⑦バスタオル、タオル、歯ブラシ、ドライヤー、冷蔵庫、ボディソープ・シャンプーもすべて揃ってます。

歯ブラシ
タオル・バスタオル
石鹸関係
冷蔵庫

ドアイヤー

外で買い置きしたジュースやビールなんかも冷やしておけますので、『お部屋で一杯』なんてのも乙ですね。

⑧どこも作りが同じなので、クォリティーに対する不安がない!

旅籠屋さんのつくりはどこの店舗も同じ。だから設備に対する心配はありません。

クォリティーもしっかり高いですので、よほど宿泊先のサービスをお望みの方以外なら、何の不自由もありません。

だから安心して予約ができますので、気軽に旅を楽しむことが出来ます。

⑨遮音性能が高い!

隣の部屋が壁一枚なので、子供たちが騒いだ時に音がとても心配でした。

うちは三人の大怪獣ががいるので(笑)。隣の部屋にいたわけではないので実際のところはわからないんですが、ほんとに外の音がほとんど聞こえない!というか全く聞こえてこない!

上も、横も!ドアもおそらく防音になってます。自分たち以外に宿泊してる人いるのかな?ってくらい外の音が聞こえません。

その日だけもしかしたら、静かな人ばかりかもしれませんし、ほんとに誰も泊まってないかもって思いましたが、自分以外の車も停まってます。

これはどこの旅籠屋さんに行ってもいつも思うことなんです。きっと遮音効果の高い施工をされているんだと思います。※パンフレットにもそう記載されていました。

朝食の時に、他の宿泊客と顔を合わせて初めて、『あ、他にもやっぱりほかにもいらっしゃたんだ。。。』って思うくらい静かです。

⑩施設が清潔で綺麗。

まだ創業20年だからかもしれませんが、今まで行ったところはどこも清潔で綺麗です。部屋だけでなくフロント廊下もすべて掃除されていてきれいなんです。

写真は廊下とフロントです。新聞もおいてくれていますので、ゆったり朝食を食べながらくつろげて、とっても気持ちいい朝を迎えることが出来ます。旅を楽しむことが出来るプラスアルファの要素ですね!

⑪フロントとのやり取りがほとんどいらない!

料金は前払い。その時に宿泊者の名前を書いて、後はチェックアウトの時に鍵を指定の場所に投函して終わり。

あっけないくらいの旅籠屋での一日が終わります(笑)それくらいとてもサービスがシンプルで、その分料金に反映されていると思います。

これで十分!

余計なサービスで料金が高くなるくらいなら、そんなサービスは必要ありません。

シンプルイズベスト!

スポンサーリンク

【私たちの旅の費用と旅籠屋さんの施設をお伝えしますね。】

私達家族が住んでいるのは三重県。今回は富山まで≒5時間を超えるドライブとなりました。(休憩含む)

①かかった費用はこんな感じ

①ガソリン代 往復 ≒10,000円
②高速代   往復 ≒12,000円
③宿泊代(家族全員)一泊 10,800円
④一日目昼食 お弁当
⑤クロスランドタワー おやべ 入館料 1,150円
⑥1日目晩御飯プラスお風呂代(湯来楽) ≒6,500円
⑦藤子F不二雄ふるさとギャラリー入館料 1,200円
⑧昼食代 3,600円
 ⑨その他ジュースなど雑費 ≒5,000円
TOTAL ≒50,250円

全て家族 (大人2人 小学6年生 幼児 3歳 2歳) 分の合計。




わぉ!

安くないですか!

家族5人一泊旅行!めっちゃシンプルでいい感じ!私たちの家族は子供が小さいので,イベントにあまりお金がかからないのもありますが、こう見るとやはり宿泊代がかなり効いてますね!

一泊5万円くらいで旅行ができるなら、年に数回計画を立てれそうです。

②それでは旅籠屋さんの施設をご案内します。

まずは外観。
フロントです。
ここでチェックインです。
室内。とてもきれい
コーヒー飲み放題
デロンギさんです。
朝食のパン
オレンジジュースも飲み放題
紅茶とお茶もあります。
浴室・トイレは別空間
ウォシュレット付き
施設案内
仕事ができるデスク
くつろいでるねー

 

できればお父さんには有給を使ってもらって、平日に行きましょう!どこも空いてて、時間を有効に使えますよ!

スポンサーリンク

【これまでに旅籠屋さんで私が失敗した経験談をお伝えしておきますね】

ここからは、旅籠屋さんを利用するときに注意しておきたいこと。

①フロントが空いているのは23時まで。朝は7時から

これ何を気を付けないといけないかというと、歯ブラシ(無料)・洗濯するなら、洗剤・柔軟剤(有料)はフロントにもらいに行かないとないんです。

以前私が利用させてもらったとき、23時を過ぎていて歯ブラシをもらえず、一日歯を磨かず寝ました。笑

ちょっと気持ち悪いので、着いたら必ず歯ブラシ・コインランドリーを使うなら洗剤・柔軟剤をもらっておきましょう。

②子供用の歯ブラシ、歯磨き粉はありません。

実はこれは旅籠屋さんに改善してほしいところなんです。できれば子供用があると助かりますね!

一泊くらいならいいんですが、連泊される方は注意してくださいね。

③おそらくベープマットを置いてくれているが、夏場は蚊に気を付けましょう。

夏の旅行の際、一度刺されまくりました。(笑)

夜中に耳元でぶーーーーーんってなりっぱなしで寝れません。かゆすぎて。

パッと照明をつけると、壁に張り付いていたのでバチンとやっつけましたが、簡単にいうとアパートの作りと一緒なので窓を開けると普通の外です。

車に殺虫剤を置いて持参しとくといいでしょう。(かなりレアケースだけど)

ベープマットが部屋に置いてくれていると気づいたのが刺されまくったその日の朝。。。。

夏場使用するなら先にチェックして電源つけておくといいでしょう。

【最後に】

いつもホテルや旅館のおもてなしに頼ってばっかりだとつまんない!といちぼさんはいつも思ってます。

ファミリーロッジ旅籠屋さんなら渋滞を避け、前夜にチェックインして旅を楽しむことも可能です。

日帰り温泉ができるところを探したり、地元で名物料理店を訪ね歩いたり、もう一泊増やしたりなんてこともできます。時間に余裕がうまれたら、訪ね歩きながらさらに行き先を追加したりなんてのも可能です。

自分の人生のように、旅もDIYする!

そうこれが超自分らしいライフスタイルを築く 『LIFESTYLE DIYER』 の旅の楽しみ方です!

 

 

 

スポンサードリンク