会社に依存しない生き方をするために、勤めながら蓄える3つの必要な力

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんです。

うちの弟が昨年転勤で東南アジアに行きました。会社の規定で単身赴任です。

弟には小5の一人娘がいます。

多感な時期だし、かわいい時期だし一緒に過ごしたいだろうに。。。。

(もともとは大阪に住んでましたが、北陸に転勤しました。弟はそこから東南アジアに行くよう社命がでました。)

一度目の転勤で北陸に行き、そこでの生活も5年を超えてましたので、残された妻子は今も日本のどこに定住するか悩んでます。

会社ってひどいですよね。個人の人生なんて全く考えてくれません。

そんな会社はさっさと見限って、会社に依存しない生き方を探っていきましょう。

一生に一度しかない人生です!

スポンサーリンク

会社に依存しないで、自分自身の人生をプロデュースするなら、サラリーマン時代に3つの力を養っておきましょう

 

①『能力(スキル)』

自分で人生を切り開くためにはどこの会社にいても、もしくは起業しても生活できるスキルを身につけなくてはなりません。

だから自分に投資できる時間を確保することが先決。

それには投資時間が多く取れる会社に就職することです。

例えば不動産会社に入社して【宅建士】の免許をとる!

建築会社に入って【建築士】の免許を取る!

たとえば、WEB関係の仕事に就職してプログラミングの知識・実社会での経験を磨く。

 

もしくは給与は少ないけど勤務時間の短い、残業がない職場について、自分の投資時間を確保できる職場につくこと等々。

皆さんの今の職場はどうですか?

今の会社でしか通用しないスキルを得る場になってませんか?

私は建築メーカーに入社して、宅建士&2級建築士&インテリアコーディネーターを取って独立しました。

今は【中古 ✕ リノベーション】の販売を軸にフリーランスとしての活動をしてます。

あなたの会社は一般社会で通用する『スキル』を身に着けることが出来ますか?

できない職場だったらその会社は見直したほうがいいでしょう。

 

②『発信力』

会社に勤めながら、ブログをしましょう

なぜなら、これからの人生を自分でコントロールする上で、『発信力』は必要不可欠だからです。

いくらいいスキルやコンテンツをもってても『発信力』がないと、認知されずマネタイズできません。

会社での出世を考えたときも、発信力は決して外せません。

つまり『発信力』というのは『営業力』なんです。

そこで発信力の一番のオススメは『ブログ』

ブログなら世間の反応を得られ、マーケティングスキルや広告などのライティングスキルなども得られます。

発信力を学ぶ一歩です。

また『発信力』を育て、影響力を大きくすることで、協力してほしいという個人や企業も現れ、いい情報が入ってくるようになります。

別に副業禁止の会社でも、儲けなければできます(できれば儲けたほうがより勉強になりますが)

自分のスキルを磨きながら、『発信力=営業力』を蓄えておきましょう。

スポンサーリンク

 

③『行動力』

将来まだ何をしたいってないんだよね。。。って人も多いと思います。

とりあえず今の職場は満足してないけど、慣れた仕事だし。。

って方いませんか?が、これは超赤信号

なぜなら会社依存度が高く、自分の脳みそで考えて行動してないからです。

だからまだ何をしていいかわからない人は、とりあえず転職しましょう。

転職のいいところは、いろんな職業を見れ、触れ、体験できること。いい会社がどんなところかわかること。行動力が身につくこと。

自分の脳みそで考える習慣を身に着けることなどいろいろあります。

いちぼさんは20年ちかく同じ会社に勤めていましたが、その間会社が嫌になって何度もいろんな会社の面接を受けました。

けど転職に踏み切れませんでした。

それは単に度胸がなかったことと、勤めてた会社のネームバリューがそこそこあったから。

でもそれ以上にひどいのは、自分で考えて行動するっていうことを放棄してたんですよね。

会社に運命を委ねてました。

いつも転職考えた時、自分が行きたい方向性を考えず、今の職場と次の職場どっちのほうが居心地や待遇がいいかな?なんて考えて結論出してました。

これではいつまでたっても会社への『依存症』はぬけませんし、行ってみないとわからない事の結論を出そうとするので動くこともできません。

とりあえず今の職場が、①スキルや②のチカラを伸ばせない職場なら、自分がやりたいことを見つけるために、転職を繰り返して『行動力』を身に着けることが大事。

新しい職場に行けば、またそこで次の方向性を自分考え模索します。

まとめ

うちの弟は海外から帰ってきてから先のことはまだわからない状態です。

だから残された妻子はどこに住んでいいのかも決めれません。

しかも一番一緒にいてあげたい子供との時間も失ってしまいました。

ほぼ5年くらいはかえってこれません。

この間は家を建てたばっかりの人が転勤させられて、一日も住むことなく単身赴任させられてました。

こういう人事に、人生の糧になるところってあるんでしょうか?

全く理解不能です。

 

限られた人生を自分らしく有意義に過ごすには、今から行動を変えるしかありません。

きっと今の自分は変えれます。40歳を超えてもできる!

会社に依存せず自分の生きたい人生を判断基準にするために、

①能力(スキル)

②発信力(営業力)

③行動力

勤めながら蓄えていきましょう!

 

 

スポンサーリンク