卒業する息子へ。中学校で人生を充実させるために行動してほしい、3つの『贈る言葉』

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんです。

昨日は息子の卒業式でした!月日が経つのは早い!自分よりおっきなランドセルを背負ってた時から早6年。。。もう3年もすれば高校受験なんて信じられません。

息子の人生はまだ遥かに長き旅なんですが、一つの節目として中学生活に備えて、息子に伝えたい言葉を考えてみました。

。。。。。。。。。。。。。。

んーーーー。

考えたんですが、結構難しい!何を伝えたらいいのか。

教室の雑巾をぎゅーーーーと絞るようにひねくり出した、卒業して中学生になる息子へ3つの『贈る言葉』

好きな事を見つけて没頭しろ!

イチボさんは今もロック大好き中年です。有名どころだと、ガンズや、ボンジョヴィにエアロスミスにデフレバード、レッチリ。少し新しいところだと、ニルヴァーナやパールジャム、BUSH、THIRD EYE BLIND、フーファイターズ。(全然あたらしくない)にオフスプリングやイーグルス。BABY MATAL。

大音量でガンガン再生!近所に迷惑がられるロック大好き中学生でした。そんなルーツもあって中学時代とっても『エレキギター』がしたかったんです。でも当時のエレキは安くても4万円くらいしてました。

中学生の私には全然手に届かなかった。。。

親にも買ってほしいと頼んだことがあったけど、『そんなん続かんやろ』の一言。押し入れの暗闇の奥から取り出したよくわからない、ボロボロのフォークギターを渡される。。。。

結局社会人になってから習いに行きましたよ。。(笑)

ギターって弦を張るところから、チューニングして音程あわすところ。。。弾く前からつまづきそうなところ、わんさかくんなんです。。。

パソコン知らない超初心者がワードプレス使ってブログやホームページつくるのと同じくらいハードルが高い。。。

ある意味これはやらなかった自分の言い訳にしかすぎないんだけど、その後悔もあって息子には中学に入ったら『早く好きなこと見つけて、ご飯食べるのも忘れるくらいそれに没頭してほしい』んです。

いちぼさんはもし中学生に戻れるのならそうしたい。親のすねをかじれる間に、いろんな経験を通じて自分がしたいことを探し、それに没頭する。

何か一つ、突出したものを積み上げるきっかけになる中学生活にして欲しいんです。

自分がなりたい・やりたいものは早く見つけて、その道のプロに早くなれること。好きなことで名を馳せることが出来れば、自分発信でコンテンツを作り上げることが出来るし、何か突出したものがあればなんだって食っていけます。

それができれば勉強は二の次でいい。

中学に入ると『いい会社人』になるための教育が始まっちゃうので、その道だけ外して生きるよう

『好きなことを見つけて没頭してくれ!』

挑戦して失敗しまくれ

昨日の式では卒業生の子たちが一人ずつ、将来の夢とそれに向かって進むために中学校でどういう生活を送りたいかを発表する場がありました。

プログラマーになりたいので中学校では『数学』を頑張って勉強したい!

通訳になりたいので英語の勉強をがんばる! 音楽が好きだから中学校ではブラスバンド部を作りたい!

世界の強豪を打ち負かすプロサーファーになりたい! IT企業の社長になる!

めっちゃ大きくて、ワクワクする夢がありますよね!

皆さんは小学校の時どんな『夢』もってました?

うちの子供は『みんなに笑ってもらえるような『漫画家』になりたい』って発表してました。

そんなみんなの発表を聞いて、絶対かなえてほしい!バックアップしたい!って心の底からおもいました。

自分を思い返すと、いちぼさんは、中学時代、なんにも挑戦したことがありませんでした。

ただ高校に入るためだけに学校に通い、人なりに勉強し、親から勧められた野球部でクラブ活動をし(途中で退部しちゃったけど)、空いた暇な時間は友達の家で、だべってるだけ。。。

思い返すと、ほんと無駄に時間を食いつぶす毎日。。。

皆さんの中学時代はどうでしたか? 私はやりたいことを見つける努力もしてませんでした。。。( ;∀;)

だからとっても大事な青春時代を、私みたいなしょうもないことに使って欲しくないんですよね。

漫画が好きなら、読むだけじゃなく描かなくちゃいけないし、描いたらインターネットに投稿するとか、出版社に出してみるとか、賞に応募するとかっていう『挑戦』をしてほしい。

そして人に評価されることでたくさんの『失敗』を繰り返してほしいんです。

結局世の中は、『自分で創り上げたものを世の中に出す人』と、『創らない(創るけど)・出さない人』に分かれます。

そして世の中にどんどん発信し、評価をもらう挑戦をした人が、世間での『自分価値』を上げ、充実した人生を歩むことが出来ます。間違いありません。

大人になれば生活がかかるため、挑戦にリスクが伴います。だからリスクがちっちゃい中学からいろんな

『挑戦と失敗を繰り返す訓練をしてください!』

スポンサーリンク


夢を大志を持ち続けろ!

卒業式で子供たちの『夢』の発表を聞かせてもらいました。

みんなとっても大きくて、ワクワクする夢ばかりでした。

でもいつからだろう。。。。

誰もが持っていた夢が、いつしか擦り切れて穴の開いたポケットからすり抜けるように、消えてなくなっている。。。

こんなツィートがあります。


これが『親の夢』なんですーーーー! すごいギャップ(笑)

小学生の子供で公務員になりたい!って夢を語ってくれた子、63人中1人だけしかいなかったぜ!(といってもその子も海上自衛隊に入りたいって内容)

なんでこうも子供の想いとちがうの??? 3位の『会社員』って何??? 夢は何処へーーーーーーーっ!

大人になったら~♪忘れちゃうのかな~♪そんな時には~思い出してみよ~♪

(ドラえもんの主題歌より)

親がこれだと子供は公務員目指すよね。会社員目指すよね。いちぼさんは少なくとも息子にはその目標に向かって中学生活を歩んでほしくありません。だって超つまらなそうだもん!

皆さんの小学校で抱いてた夢はかなってますか?

受験勉強が始まると、とっても豊かな感性が擦り切れてなくなってしまう。。そんな時には息子よ、君の大好きなドラえもんの歌を聞いて思い出して、

『夢を持ち続けてくれ!』

 

伝えたいことは結局、『今の自分に伝えたいことだった!(驚愕)』

息子に伝えたいことは結局『自分がせずに後悔してる事』ってことに、最後書きながら気づいたわけです。(笑)

だから自分があきらめずに『夢』をもって挑戦し続けて『背中』を見せる。

させるんじゃなくて、自分が見本を見せてその方法をつたえること。。。

 

結局息子に伝えたいことは、今の自分に伝えたいことだったんだ。。。 ( ;∀;)

スポンサードリンク