仕事で上司に他人と比較され辛いと思ってる人へ伝えたい2つの事。

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

さてさていちぼさんはハウスメーカーでの営業時代、よくある成績グラフを貼られ、いつも上司や同僚、部下と比較され続けてきたんだ。

家を契約するごとに棟数と売上金額が自分のグラフに付け足され、キャンペーンなどあると、別のグラフが用意され、のマークを足される。

そのキャンペーンに見事入賞すると、家族を連れて入賞旅行なんかに連れて行ってくれるわけ。

要はニンジンをぶら下げられてるの。

ヒヒーーン。。。(笑)

このグラフ、嫌味なくらい他部署にも目立つように貼られてるから、成績がいいときは肩で風を切って社内を堂々と歩けるんだけど、逆にグラフが真っ白だと、あいつは給料泥棒だと言わんばかりの視線にさらされるのです。(´・ω・`)

 

他人と比較することで、競争心を仰いでるんだね。

確かに世の中競争なのは真向から否定はしないよ。

いちぼさんも、そのグラフで奮起したこともあるよ。

でもいくら成績を上げても一年たつとまた真っ白のグラフに逆戻り。。。

 

みんなも会社でいると、そんな競走馬のような扱いをされる辛い経験をしてると思うんだ。

だけどおいら自身もそんな経験をしてきたうえで、今の立場になってわかったことがある!

それは、他人と自分を比較することほど愚かなことはなかったんだ。なと

起業してからつくづくそれを感じてる。

だからもしみんなが、そんな『つらいな』って状況に陥っているときは、一旦立ち止まって、こんなこと考えながら冷静にかつ、客観的に自分を見つめ直して見てほしいんだ。

仕事で上司に他人と比較され辛いと思ってる人へ伝えたい2つの事。

①戦ってるフィールドはアウェイじゃない。

比較されているフィールドは自分の得意としてる分野? 

あなたは上司から自分の不得意なフィールドで比較されて、評価されてない?

おいらの前職ではとっても男前で声が大きく、いわゆる人をグイグイ引っ張るとても成績のいい先輩がいた。

いつもその先輩のグラフには追いつくことが出来ず、力のなさにとても歯がゆい思いがあったんだよね。

必死に追いつこうと、奥手な自分の性格を先輩のような性格に変えてブレイクスルーしよう、、、

なんて思って、大きな声で話すように心がけたり、自分の性格とは違う別人格を作って営業してたよ。

だけど当然、地の性格じゃないのですぐにメッキが剥がれちゃってね。

営業としても他メーカーの競合相手に負け続け、全然成績が上がらず辛い時期があったんだ。。。

(当時9か月ほど1件も売れなかった。つまり9か月のあいだ1円も生み出していなかったことになるよね(笑))

でもそれって自分が最も不得意としてるところに飛び込んで、悩んで辛い思いをしてるってことに気付いたんだよね。

おいらは家のデザインが好きだった。

当時も社内で誰にも負けないと自負してた。

でもそんな自分の得意な分野を伸ばそうとせず、売れてる上司を見て姿・形・営業トークを真似したり、立ち振る舞いや、話の受け返しなんかの勉強ばかりしてたんだ。

そりゃ売れないよね。

結局相手のフィールド、自分の得意分野ではないところで戦ってたんだ。

 

話は少しそれるけど、オリンピックで4連覇の偉業を成し遂げた伊調馨選手。

先日テレビで見た話なんだけど、もともとは吉田選手と同じ階級だったそうなんだ。

意外だよね。

過去に一度吉田選手と対戦したことがあったそうなんだけど、その時は負けてしまったって言ってた。

その後、監督から吉田選手と別の階級に変えるように打診され、しぶしぶ一つ階級を上げたらしいんだ。

伊調選手は吉田選手に負けたままなので、そこは心残りだったらしいんだけどね。

だけどこの間の偉業(オリンピック4連覇)は皆さんご存知の通りだよ。

同じく北島康介選手はアテネオリンピック並びに北京オリンピック100m平泳ぎ、200m平泳ぎの金メダリスト。

平泳ぎに特化してるよね。

水泳でもクロールもあればバタフライもある。

背泳ぎもある。

そんな中で自分の一番自分の得意な『平泳ぎ』というフィールドで戦ってたんだ。

 

みんなの上司はそんな長所を見て伸ばそうとしてくれてる?

 『みんなは今戦ってる立ってるところは自分の力が一番発揮できるフィールドになってる?』

 

特にサラリーマンは入社後、自分が行きたい部署に配属されるとは限らないし、営業のひとは売る商品も自分で選べないよね。

家を売るより、車を売るほうが多く売れるかもしれない。

車より企画をたてて営業する広告業のほうが向いてるかもしれない。

気を遣う仕事より、製造の仕事のほうがあってるという人もいるよね。

そんな自分の意図するところではない場所で上司は人と比べて評価する。

そんな上司たちの中に自分が尊敬できる人っている?

いたら頑張れる。

だけど滅多にいないよね。

だから上司に成績が悪いと評価され、自分の能力に落胆することなんておかしいんだ。

いまの仕事で成績が上がらないとか、比較されて辛いとか思ったときは、上司の評価なんて気にせず自分の強みを発掘してみたほうがいいよ。

余談だけど、もし今後仕事の糧として、自分の強みを知っておきたいって人は、リクルートさんが提供してくれてる

➡グッドポイント診断 ってツールを受けて見て。

リクルートさんがいままで何万件という人材紹介の経験から培った、客観的かつ本格的に強みを発掘してくれるツールになってて、診断には約20分から30分ほどの質問に答える必要があるんだけど、

 

親密性(じっくりつきあう)

現実志向 (実現可能性にこだわる)

慎重性 (掘り下げて考える)

冷静沈着 (いつもクール)

自己信頼 (信じた道を突き進む)

俊敏性(スピード第一)

受容力 (広く受け入れる)

バランス (全体を考える)

継続力(決めたらとことん)

社交性 (360°オープン)

挑戦心 (高い目標もクリア)

悠然 (ゆったり構える)

高揚性 (ノリがよい)

感受性(場の雰囲気を感じ取る)

柔軟性 (あれこれトライ)

自立 (常に主体的)

独創性(オリジナリティあふれる)

決断力 (迷わず決める)

 

というカテゴリーの中からあなたの強みを判断して、リクルートさんが就職先をあっせんする際、このデータを使って強みを生かした就職先を紹介してくれるっていうツール。

診断結果はなんと8568通り!

これがあると、履歴書欄にも自分の強みを書くことが出来るし、リクルートエージェント に登録しとけばこの診断を使って強みを活かした仕事を紹介してくれるか楽ちんだよ!(笑)

そして今の部署や職場にしがみつかず、いろんな仕事を経験しながら、自分に一番合ったフィールドをみつけるのがこれからの生き方なんだよ。

人生は一度きりなんだ。

スポンサーリンク

 

②ほかにもゴールはある!

今、上司に評価されず会社で比較された状態の中でトップ集団にいなくても、いずれは追い抜ける立場に変わるかもしれない。

いやきっとそうなる。

要は『ゴールは今じゃない』。ってこと。

ながい人生の中で自分はどこにゴールを置き、どうやってその目的地まで最短ルートで到達することが出来るかを考えるんだ。

おいらは前職では自分の将来像がなかなか見えず、何度も転職を考えたよ。

在職中に面接も何回か受けに行って、受かるたびに一番身近で頼りにしてた社会人の先輩である父親に相談をしに行ってた。

でもいつも父親の口癖が、

『どんな苦しいときも、会社にしがみつけ。代理店といえど、名の通った会社なんだから定年まで我慢すればきっといい日がやってくる』

だったんだ。

団塊の世代の常識だね(笑)

身内の自分がいうのもなんなんだけど、うちの父親はロバートキヨサキ氏でいう、『貧乏父さん』

聞く人間違えてた(笑)

わからない人はこれを読んでみて。

人生のゴールの発想を変える考え方を教えてくれるよ。

 

話をもとに戻すけど、今の時代、上司と同じく親父の考えはまったくナンセンス。。。

父親の言うようにおいらにとって、定年まで我慢して年金をもらえる時をゴールとするならば、会社での比較からは逃れることが出来ない。

だけど初めに入った会社が、自分にとって最高の会社なんてあり得ない。

会社自体も比較してないんだから。

上司も同じ。

いろんな会社を渡り歩いてきたわけじゃない。

知りもしないのにその会社の枠組みだけで人間を評価するなんておかしいよ!

人生はマラソン大会のように決められたレールはない。

180度違う方向にゴールが隠されてることが多いんだ。

だからおしりから2番目でも全く問題ナッシング。

上司の評価なんて気にせず、在職中に人脈を広げ、会社から知識を吸い上げし、安定して入るお給料を自分への投資に回せばいいだけ。

ほかの会社に転職を考えながら働くのも、ベリービューティフル。

大企業がいい会社なんてこともぜんぜーーーーんないし、小さい企業でもいい会社はたくさんあるよ!

大企業でも働き方、かなり問題になってるよね。

ゴールはたくさんあるんだから、ブラック企業のブラック上司にブラック評価されてるようなら、さっさと見切りをつけちゃえばいいのさ。

スポンサーリンク

まとめ

目先の成績の比較なんてほんのわずかな通過点。

会社で比較される数字なんて人生のわずかなでしかないんだ。

その点数は会社や上司に都合がいいもので、自分にとってプラスになるかどうか疑わしいと感じることが大事。

おいらは会社を離れて違うフィールドで戦うことを選択した。

今、人口がどんどん減少している日本の社会で、ハウスメーカーが建てるオーバースペックの建物は、ニーズがかなり減少すると判断したし、会社内の競争もストレスだったしね。

だから比較されて、ウツな状態になったらまず、

 

1、フィールドを変えてみようよ。

2、ゴール設定を変化させようよ。

3、自分の本当の強みを知ってみようよ!

4、自分のいいようにルールを変えていっちゃおうよ!

(^^)v

スポンサーリンク

スポンサーリンク