住宅ローンを完済して自分なりのメリットを考えてみた!

スポンサーリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼです!

やったねーーー!

住宅ローン完済できました!嬉しいです。すがすがしい!45歳でローンを終えました!

って言っても築40年超えの超中古家なんですけどね(苦笑)

今回住宅ローンを完済してみて、これから自分にとって得られるメリットについて考えをまとめてみました!

 

住宅ローンを完済して自分なりのメリットを考えてみた!

 

①心にゆとりがでる。

どなたもそうだと思いますが、生活費の中で住居費に占める割合は非常に高いですよね。

それがなくなり、今後の生活で、一気に余計なお金の心配をする必要がなくなりました。

家族5人ですが、アルバイトでも贅沢しなければ過ごしていけそうです。

ゆとりが出ると、じっくりブログの時間も費やせますので、とてもうれしいですね。

100%賄えるわけではありませんが、家庭菜園もして食料も調達できますし、できるだけ『今』の生活にとらわれず、未来の自分が歩みたい生活を描きながら、日々の時間を過ごそうとかんがえています。

 

②家を資産として活用できるようになった。

じつは①で話をしたようなことを言っておきながら、もう一方で、再度借金して住居移転を計画中です。(笑)

なぜかというと、いまの住居は狭いから。。。。子供が大きくなってきて手狭になってきたんです。

そこで考えてるのは、今の住居を賃貸に出して移り住む計画です。少しでも今の住居に『資産』として働いてもらって、最終的には売却してもいいかなと思ってます。

わたし、住居は家族がコミュニケーションをとる『やすらぎの場』であると同時に、『投資資産』と考えています。

正直なところ、結婚した当初からこの考え方で『家』を資産活用していれば、もっと早く完済出来てました。

気づくのが少し遅かったのですが、これからもっともっと資産を増やしていきたいと考えています。

スポンサーリンク

③新たに借り入れが出来るようになった!

住宅ローンがあると、ほかに借金することが難しくなります。

今回完済することで、今の家が資産となって、新たに借金しやすくなりました。

先ほどもお伝えしましたが今度購入する家はちょっと田舎で、大きな古民家と考えてます。

もちろん、次の住まいも『資産』として活用したいからです。

私が住んでる周辺の田舎の家は、庭が200坪超えてるのなんて当たり前。農家さんの家が多いので倉庫なんかも大体ついてます。

そこで私が好きなDIYのワークショップをしたり、手に余るくらい広い庭には野菜畑や、ブルーベリーを植えてお客様を呼べるような農園も作ってみたいと考えてます。お客様の駐車場にも困らないし、家もとてもおおきい!

夢が膨らんで、ワクワクしながら毎日物件を探しています。

また借金するの?せっかく無借金になったのにと思われるかもしれません。ですが『金持ち父さん、貧乏父さん』でも話が出た通り『いい借金』なら、私はリスクを取っていいと考えてます。

最後に。。。まだまだ発展途上ですが、これから家を考えてる人にお伝えしたいこと

これから結婚して住居が必要な方にお伝えしたいことがあります。

家(不動産)は、家族の憩いの場であると同時に『資産』です。

わたしサラリーマン時代、たくさん新築の家を建てさせてもらいました。建てていただいたほとんどのお客様が、住居を『終の棲家』として考えられていました。

ですがライフスタイルは早ければ3年もすれば変わります。

わかりやすいところだと、子供の成長、旅立ち、出産、転勤、転職。中には家を建築中に離婚した夫婦までいます。

だからまずは新築を考えず、格安の『中古住宅』を購入して、投資資産の役割を担う家をを持つことを経験してみましょう。

将来家を資産としてどう運用するかを考えながら、住居としてつかうのです。

私は新築は一切考えてませんでした。3000万円もの借金をを35年払い続ける生活は足枷が重すぎて、つぶしが効きません。

都心ではおそらく厳しいですが、郊外の5万人から15万人くらいの地域であれば1000万もしない安い中古物件が見つかるはずです。

ちょっと人気がないところでも、子供が小学校に入学するまでくらいには返済できる計画を立てておけば後が楽です。

自動車よりちょっと高いくらいです。

返済できればこっちのもんです。あとは煮るなり焼くなり好きに使えます(笑)

結婚したら賃貸ではなく『中古』。新築ではなく『中古』。

家は『資産』。不動産は『資産』。その『資産』を運用するか、負の資産とするか。

まちがいなく不動産は不労所得を得られる『資産』です!

(^^)v

スポンサーリンク