部屋の壁紙をペンキでDIYしてコーヒーが美味しい空間にしてみたよ!(作業編)

スポンサードリンク

歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!
LifestyleDIYer
いちぼです。

さてさて前回準備いていただいた塗装材料
『部屋の壁紙をペンキでDIYしてコーヒーが美味しい空間にしてみたよ!(道具準備編)』
を使って今回は実際にペイントしてみますよ!

私が経験した手順と失敗談から成功事例までしっかりお伝えしてまいしますので参考にしてくださいませ!!

ちなみにこちらが完成品!

やったね!

部屋の壁紙をペンキでDIYしてコーヒーが美味しい空間にしてみたよ!(作業編)

 

時間の確保

まずはこれ(笑)
皆さんペンキ塗るのにどのくらい時間がかかるか心配ですよね。。。塗るのに3日もかかってたんじゃそれだけでげっそり。。(笑)特にちっちゃい子供たちがいると手の付けようがありません。。

ちなみにわたしが今回塗った面積は≒7㎡ほど。アクセントウォールに仕上げたので面積はちっちゃいんですが、部屋のインパクトを変えるには効果抜群です!!

おっと時間の話でしたよね(笑)
今回かかった時間は≒夫婦二人で≒3時間程度でした!ちなみに当時、うちにはちっちゃい女怪獣(推定年齢2歳と1歳)がおりましたので、あさ3時に起きて(笑)夫婦でヌリヌリ、楽しい時間を過ごしましたーーー(^^♪

家具の移動と養生

作業にかかる前にしなくちゃならないのが家具関係の移動と養生です。今回うちは家具がほぼなかったのでここに時間はほとんどかからなかったけど、いろいろ置いてあると時間かかっちゃうのでそのあたりは臨機応変に時間を見込んでおいてくださいね。

それとどのDIYでもそうなんですが、成功の秘訣は計画とこの養生。計画と養生さえしっかりしておけば間違いなく成功します。

それでは早速養生に取り掛かります。


コンセントのカバーを外して(ここでマイナスドライバー必要です)しっかり養生テープとマスカーを貼っていきます。

作業中ペンキが床に落ちると目も当てられないのでしっかり貼り付けときます。

私もうっかり落としちゃいました。


気を付けたいのは養生テープはしっかりはみ出さないように貼り付けること。浮いてるとペンキがまわりこんで、はみ出してしまいます。あと壁紙の間で塗るところと塗らないところの境目がある時はジョイントコークを使ってください!


出典:イマジンウォールペイントさん

壁紙に凸凹があるのでしっかり養生テープがつかないんです。ところどころ浮いた状態になるので、その場合はジョイントコークを打って、その上にペンキを塗るようにします。

これが必要なのはあくまでも壁紙の途中で仕切りたい場合。

写真を参考にしてくださいね。


それと冒頭でもお伝えしましたが、養生でほぼ90%仕上がったも同然です。養生をしっかりしてるとあとは塗るだけ。塗るのは超簡単な作業です。

穴が開いてる部分はジョイントコークで埋めておきましょう。

塗料がきれいにのるよう、塗る前にしっかり拭いてきれいにしてあげてください。

ペイント

今回のメインイベントーーー!!

まずつまづくのは塗料缶のフタ!

こんな小さなところ?!と思うかもしれませんが初めての方には硬いんです。特に新品は。マイナスドライバーでこじ開ける方が多いんですがすぐに缶が変形します。

ここでこれを使います。

一気に開けず、少しづつ回り込ましながら、ちょっとづつ浮かすように開けてください。※写真は違う現場のものです。

ふたが空いたら次はバケットに流し込みます。がここでも初心者はつまづきます。下のように注ぎ口にテープを貼る方法も紹介されていますが、これは全然使えません。私も真似しましたが、テープの下に塗料がまわりこんで逆に使いにくくなりました。

なので前回紹介したようにお玉を使って塗料をバケットに注ぎます。少し時間がかかりますがきれいに入れれますし、残りの塗料の缶もきれいな状態で使えます。使い切る場合は必要ありません。

※写真は違う現場のものです。

注ぎ込んだらいざペイント!!

まずは一気に塗らずマスキングテープを貼った養生部分のキワから刷毛を使って塗ります。※写真は別現場

当時初心者の私達はいきり立って(笑)ど真ん中から塗ってしまいましたーー。

焦ってはいけません(笑)

特に大きな失敗ではないんですが、端のローラーでは塗りにくいところを、刷毛で先に始めたほうが作業の効率がいいのです。ローラーを先にして刷毛を後にするとローラーで塗り残したところを刷毛で塗る作業になるので刷毛で塗る部分が多くなってしまい作業効率が悪くなります。

要はローラーで塗るほうが早いのでローラーで塗る部分を多くしたほうがいいのです。

経験は財産です!

※仕上がりは特に変わりません。

ともかく塗りが始まったら一心不乱に塗っていってください!

塗る時、当時はこれを持ってなかったので脚立で高いところを塗ってました。

2回目以降はこの伸縮棒を使って塗りました。こっちのほうが断然仕事がはかどります!

柄があったほうが両手で力が入れやすいし、脚立もいりません。ばしょを取らず作業できるので一本買っときましょう!※写真は別現場

 

さぁ完成です!

 


怪獣が起きてきました(笑)

 

とってもいい感じ。。。

家族が幸せになる瞬間。

美味しいコーヒー煎れたくなりました。

 

まとめ

しつこいんですがDIYは準備と計画、養生で90%仕上がりが決まります。あまり時間をかけすぎても前に進みませんが、ある程度シュミレーションしておけば作業は各段にはかどります。

今回ペイントについて準備編から作業編までまとめましたので参考にしてもらえたら作業効率は上がるとおもいます。

最初は多少の失敗もあると思うけど、その経験が財産!

ちょっとした日々の暮らしを変えたい方はぜひ一度チャレンジしてみてくださいーー!

 

さぁ今日も素敵な一日を
リビングから始めましょう。(^^)v

 

ブログランキングに参加中ちう!
ぽちっといただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いします(^^)v


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

2 件のコメント

    • 読んでくださって有難うございます。
      これからも楽しい記事を更新していきます。
      どうぞお楽しみにしてください。

      引き続きよろしくお願いしますーー(^^)v