禍根を残す境界杭

スポンサードリンク

01c335b47d8a1371c01326eb643f43bbd5796c84a2

 

 

 

先日ある知り合いから土地の売買で仲介に入ってほしいと依頼がありました。仲介に入るってことは仲介料がもらえるってことなんだけどやっぱり美味しい話はありませんね~話の内容はこんなかんじ。。。

今度ある土地を仲介するんだけど買主さん側の仲介に入ってもらえないかなぁという相談。。。ただし仲介料は10万円しかもらえないんだけど。。。
売主側の仲介は今回話を持ってきた知り合いが受け持ち、買主側の仲介に私が入ってほしいとのことでした。仲介というのがややこしいので少し説明すると、、、、

不動産を売りたい方がいるとします。売りたいけど一般の方は販売チャネルがないのでなかなかうれませんよね。そこで不動産屋さんAに依頼して販売開始となります。もし買いたい人が見つかったら仲介業者である不動産屋さんAは売主さん、買主さんから仲介手数料として報酬をいただきます。これを業界では両手どりといいます。もう一つのケースが不動産屋さんAではなく不動産屋さんBが買いたい人を連れてくるというのもありなんです。それでうまくマッチングするとAは売主から、Bは買主から仲介手数料をいただきます。これを業界では『分かれ』とか『片手』とか言います。要は折半ということです。でもどうして両手報酬得れるのにわざわざ儲けが減る手数料分かれにして私に仲介に入ってほしいというのでしょうか??

じつは今回の物件には境界杭が飛んでなくなってしまってるので近隣の方たちと示し合わせて境界を確定してほしいということだったんです。こんなの見たことありますか??

26ffb1af9243992c50f1634a4e55d170_s

 

01c38123e0709cceec385b3d046d449410399536c3

 

これが杭です。ケースバイケースなんですが売主が境界杭を明示するのが一般的であり従来求められる姿です。今回はこの境界杭が4隅全てなくなってました。杭を打つには土地家屋調査士に依頼しなければならず結構な費用負担になるんです。。なので今回売主さんは費用出したくない。土地家屋調査士には依頼せず仲介に入る私に近隣と立会いして決めてほしいというのです。

要は仲介というより『境界明示費用』ですね。その土地は団地で両隣も裏も全て家が建っててブロックも積んであるし、そんなに難しくないよ、とその知り合いはいうんですが。。。。

それだったら自分ですればいいじゃん!
それだったら自分ですればいいじゃん!

2回も心の中で叫んでしまいました。それってめんどくさいことと、責任をこちらに押し付けてるのとちゃうの!という思いが離れず丁重にお断りしました。この土地は国土調査も済んでおり資格を持った調査士さんに頼めばきっちり後の憂いを残すことなく境界杭の位置を復元できます。※国土調査についてはながくなるので今回触れません。。。

かりに私がご近所さんと立ち会って明示し、のちのち『こんなのおかしいでーー』ってなる可能性を含んだ取引をするわけにはまいりません。『杭は悔いを残さずに』という言葉まであるくらいご近所でもめる原因なんです。なので私的には両手報酬もらっても将来に禍根を残す仕事はしたくありません。もめたら世の中で一番大事な
『時間』を失うことになりますから。。。

その後その知り合いから連絡があり、違う不動産屋Cさんが売主・買主両方から報酬をもらう条件で引き受けされたそうです。ようは今回の取引を全て任されたそうです。(どうやって境界杭を明示するかはわかりませんが。。。)

今回、ご近所さんとの立会いだけでも結構手間がかかる仕事の上、後に憂いを残す仕事を頼んできたこと、不動産屋さんCには両手報酬になっていて私には10万円の片手の話だったこと(全部渡すんだったら私の時も始めからそういう話でないとおかしい)等など含めて、今後のこの方とのお付き合いは少し距離を置きたいと思ったお話でした。

※自営業してるといろんな人がお声掛けをくださいます。(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク