起業で成功したいなら。このポイントは外せない。下請けはサラリーマンよりきついよ!

スポンサードリンク

40代から歩みたいライフスタイルを
セルフリノベーション!

LifestyleDIYer
いちぼさんだよ。

最近は起業したい人多いよね。

かくいうおいらもそうだんだけど、起業してるから言えるアドバイスがあるよ。

おいらの経験から、起業するならこれだけは押さえておいてよ!って内容をシェアするよ!

起業で成功したいなら。このポイントは外せない。下請け起業はサラリーマンよりきついよ!

下請け起業なら辞めたほうがいいよ。

はっきり言うよ。下請けで終わる仕事ならサラリーマンと変わらない。いやそれ以下だわ。

おいらは仕事の関係上、建築業者さんとの付き合いが多いんだけど、下請けで仕事してる人は基本感覚がサラリーマンと変わらない。

理由は元請けに仕事をもらって生活してるから。

だからお金を儲けようとすると、『たくさんの仕事をもらう・受注してくる』ってことしか考えられない。

これだと時間の切り売り。起業してるのに、自分で時間をつくれない。単価を決めれない。

起業したら自分で決めたいものが『すべて元請けの手中』になっちゃう

これだったら、会社員で社会保険付いてるほうがよっぽどマシ。

元請けからの発注に頼る仕事は仕事ではなく『作業』なんだよ。

スポンサーリンク

ビジネスはいつも『風上』に立つことを意識する。

起業するってことはいつも『風上』いわゆる頂点で、エンドユーザーと接していないと采配が振るえない。時給が上がらない。

名前
なんでお前にそんなんわかんねん!

ぎゃっ!な、なに、お前さんは誰?

。。。。

。。

誰だーーー(・・?

気持ち悪い顔してるな。。。わかった、じゃ言うぜよ。

それは仕事の価値を上げれないから。

例えば凄く腕の立つ大工さんで引く手惹くて数多(あまた)だったとしても自分が動ける作業時間は決まってるよね。

しかもお客さんとお金の話をするのは元請けだから、仕事の単価も決めれないと来てる。

その上、経理関係の事務など全ての仕事をこなさなくちゃならないんだよ。

分業制のサラリーマンより時間の融通が利かないんだ。逆に大工さんに発注する元請さんはどうだろう?

自分で家の間取りやデザインを決め、販売価格やお客さんから受ける金額も自分で決められる。

低い単価かもしれないし、めちゃ高単価かもしれない。

でもそれが自分の価値。自分で決められる価値なんだ。

自分で決められる価値ほど、素晴らしいものはない!

だって時給100万円だって目指すことが出来る。

むずかしいよ。難しいけどそれさえできればひと月一時間の労働で飯食っていける。

起業するひとは、そこにメリットを感じないとやらないほうがいい!

っていちぼさんは考えてるよ。

まとめ

ビジネスは1番風上にいなきゃいけないし、そこを目指さなくちゃいけない。だから

● 起業したら下請けで甘んじない。てっぺんを目指そう!

そういう意味でも自分で自分の価値を決められるブロガーはとても大きな可能性を秘めたポテンシャルの高い職業ぜよ!

しかもブログはお客さんのスケジュールに合わせることなく、自分のペースで仕事が出来る。

こんな締め切りのない仕事はほかに探してもないぜ。

名前
そこんとこよろしく!

ぎゃっ!また出た!

関連記事

 

 

スポンサードリンク