不動産業開業の手引き  魅力編

スポンサードリンク

魅力不動産

 

 

 

ライフスタイルをDIY自分が歩みたい人生をセルフリノベーション!
LIFESTYLE DIYER いちぼです。
今日は不動産業の魅力についてお伝えするよ

 

不動産業とは(はじめに)

不動産業とは不動産を売って利益を得たり、売りたい人と買いたい人、貸したい人借りたい人を引き合わせ、その仲介料としておもに報酬を得るのが不動産業です。その中でも宅地や建物を取り扱う場合は宅地建物取引士の免許が必要となりますがこの件はおいおい話します。

 

不動産業の魅力

1 魅力の高単価。
2 学歴がいらない宅建業
3 大企業に負けない
4 在庫がない
5 仕入れもいらない。

1、魅力の高単価!

不動産業魅力はなんといっても単価の高さにあります。

私が最近(平成28年12月現在)取引した案件で1000万ほどの土地の仲介をしました。この一回の取引の報酬額は約85万円ほどになります。普段の営業活動もありますが、売りたい方の土地の情報をインターネットに載せ、買いたい人が現れ、あいだを取り持っただけです。知り合いの不動産屋さんは3000万円の建物を仲介をし、一回の取引で200万円ほどの報酬を手にしています。

この報酬単価って高額ですよね。

そんなに多くの取引があるわけではありませんが、商売をされるエリアや取り扱う物件が高額物件を取り扱うようになると非常に魅力的な報酬がたった一回の取引で得られます。一回の報酬でそれだけの単価を得れる商売は非常に少ないです。

最小限の努力で最大限の利益を生み出せる可能性があるのです。薄利多売となる販売単価が低い場合はそうは行きませんよね。ただしそうそう高額物件の取引があるわけではありません。低い物件でも同じ仕事量で報酬が低くなるデメリットもあります。

2、学歴が要らない宅建業

不動産業は冒頭にもお伝えしたとおり、不動産の売買や仲介をする場合営業許可を取らねばなりません。また不動産の中でも宅地や建物の取引を行なう場合は
『宅地建物取引士』

の資格が必要となります。逆に言うと山を売ったり駐車場の貸借の仲介をするのは宅地や建物ではないので宅地建物取引士の資格は要りません。ですがなんといっても需要が多いのは宅地や建物です。不動産業をするには宅地建物取引士の資格は必須です。その宅地建物取引士の受験資格ですがじつは学歴が要りません。大学の卒業資格も高校卒業の資格も要りません。これまでの合格最年少の方は

12才、小学生の男の子
です。

また資格試験の難易度も五つ星のうち平均的な三つ星程度の内容です。医師や弁護士のように高い学歴と超難関の合格率をくぐらないと成れない資格ではありません。そして営業手腕によって医師や弁護士よりも沢山の報酬を手にする事ができます。

誰もが挑戦できる低いハードルなのです。

 


3、大企業に負けない不動産業

不動産業って結構個人商店さんよくみまかけますよね。スーパーや家電製品、薬品などの商品は、莫大な開発コストや人件費が必要です。個人商店さんは大量仕入れも難しいので価格競争でも苦戦します。となると大きい資本力が必要です。ところが不動産業は商品は情報です。

この章のキモなんですが、不動産業の売り物は土地や建物ではありません。家や土地を売りたい買いたい言う人の情報がお金に変わるのです。なので大企業のような資本の大きさではない所で勝負ができるのです。生まれ育った地元の縁や、インターネットなどで情報を拡散させる力が強い方は大手に負けない取引をしています。不動産業をしてると言うと知り合いの方がちょくちょく意見を聞きに来ます。そんな相談を受けていると売って欲しい、買いたいなんて話が出てくるものです。また不動産は購入して終わりではなく長いお付き合いになるので、友人や子供さんなどの知縁、血縁の方を紹介してくれます。個人でも十分戦える土台があります。

 

4、在庫が要らない

これも不動産業の大きなメリットの一つです。不動産業のメイン収入は仲介業です。仲介業はお金のかかる仕入れが要りません。売れるまでの維持費を負担するのは売主さんです。だからストックするための倉庫や仕入れの運転資金も要りません。その分リスクが少なくて済みます。ただし売るための広告代などの販促費は必要です。

5、仕入れも要らない。 

じつは不動産業は仕入れがなくても商売ができます。普通、ものを販売しようと思うと商品を製造したり、仕入が必要ですよね。不動産はそれが要らないんです。と言うのも不動産仲介は特殊で他社が仕入れた土地や建物も売れるんです。不動産業者は売りたいと言う物件の情報を入手すると不動産業者だけが閲覧できるネットワークにその物件を登録しなければなりません。するとその情報を見た不動産業者が自由にその物件を販売する事ができるのです。家や土地を探している人さえ見つければそれで商売ができます。これって凄いですよね。他の商売ではあまり考えられません。

どうですか。

少し努力すればとても楽しい仕事なんですよ。世間的には不動産屋さんと言うとブローカーなんて呼ばれてましたが今はそんな事はありません。特に業者さんもゼロではありませんが笑そんなのはどこでもありますし、付き合いしなかったらいいだけです。
まとめました!

1、高単価で夢がある。

2、誰でも参入し易い。

3、大企業と渡り合える。

4、仕入れがいらない

5、在庫がない。

※在庫とはリスクを背負う在庫の事

まだまだほかにも魅力はあるんですが
とりあえず大きな5つの魅力をお伝えしました。

是非これからの進路を考えるヒントになれば幸いです。

では次回。。。

スポンサードリンク