不動産屋さん開業にはいくらいるねん?

スポンサードリンク

いつもご覧ください有難うございます。
LIFESTYLE DIYERのいちぼです。

 

明日は土地仲介の決済。決済は不動産業の一番緊張する業務だ。気を引きしめて臨みたい。
さて不動産屋をしてみたい!不動産投資をしてみたい!なんて方、結構多いかもしれない。これらをするにはやっぱり普段からの不動産の知識が必要。手っ取り早いのは自分で開業すること。では開業するには何が必要でどのくらいかかるのか。。

不動産屋さんを開業するにはこのくらいの資金が最低必要です。

実際営業するとなると資金を最低500万円くらいは用意しておきたい。かかる費用はこんな感じ。
≒200万円が不動産協会への入会金営業保証金でかかる。あとあと説明するがこれは絶対に必要な経費。あと事務所借りたり、備品をそろえたりで≒50万円、残り250万円は営業当初の売り上げ補てんの為の予備(家賃や販売促進、売り上げが上がらなかった時の生活費の補てんなど)。

 

私は全然お金が足りず、恥ずかしいが親に借りた。正直まだ返せていない。親も帰ってくることは期待していないと思うが、何倍にもして返したいといつも思っている。ちなみに私が用意したのは100万円。親からは100万借りた。要は協会への入会金だけだ。事務所はまたまた親の会社に不動産業を入れてもらった。父親が一人で人材派遣業を切り盛りしている。従業員の人がひとりいたがやめたので手伝いながらのスタートだった。 父の会社を手伝いながら出来たのでその辺は助かった。(超低空飛行の生活だったが。。)

 

開業資金はとても重要。商売を広げるにはどうしても投資資金がいる。不動産であればチラシ代や時には物件を買って再販するなど打って出ないと育たない。それを借り入れでするか、自己資金でするか。できることならリスクを出来るだけ小さくするのが商売の鉄則。またあらためて不動産を開業したい人のためにそのあたりの段取りを発信していこうとおもう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク